アパートと損害保険


アパート画像

近年はゲリラ豪雨みよる水害被害が多発している。

私のこれまでの経験からして自物件は火災や自然災害で損害を受けたことはありません。

しかし1階テナントが事務所荒らしによってシャッターとガラスを壊されたことはあります。

この時はシャッターとガラスの修繕費用はオーナー負担だったわけですが、こうした事例を補償してくれる損害保険に加入していたので、助かりました。

最近は、ゲリラ豪雨も多発するようになり、アパートマンションも水害による被害に遭うことも少なくないようです。

もし物件が水につかると修繕費用は相当額になるので、今では水害補償もある損害保険に加入することがすすめられています。

実際、大手管理会社の大東建託パートナーズも管理物件が水害補償のある損害保険に加入しているかどうか確認作業を行ったそうです。

他にも火災、水漏れ、ガス爆発など様々なリスク要因があります。

ではそのような問題に対処するためにどうすることができるのでしょうか。

それは損害保険に加入することです。

当たり前といえば当たり前のことですが。

しかし損害保険といっても、様々な種類があり補償対象、補償内容も異なっています。

ですから自分の所有物件にとってベストと思えるものを選択していかなればなりません。

花画像

損害保険によってリスクを幅広くカバーすることができる。

それではどのような損害保険に加入すべきかというてんですが、まずは少なくとも普通の火災保険には加入すべきでしょう。

多くの場合、火災だけでなく消防活動による水濡れ、落雷、爆発等も補償の対象になるはずです。

しかし、さらに様々な特約をつけることができます。

最近はゲリラ豪雨による水害、浸水被害も多発していますので、そのような場合にも補償をつけることは必須のように思われますし、さらに地震保険に加入するのは無難だと思えます。

というのも近年は地震が起きないと思えるような場所でも大きな地震が発生し、建物に被害が生じているからです。

このように損害保険も通常の火災保険だけでなく、特約や地震保険にも加入すると、保険料が高くなっていきますが、しかし万が一大きな被害が発生した時に補償がないために、多くの修繕費用等を支払わざるをえないことを考えると、加入していたほうが安心といえるでしょう。

また支払った保険料は不動産経費として計上でき節税にもなります。

スポンサーリンク