k6424528一覧

入居者のためのサービスはアパート収支のバランスを考えて行う

どのような場合でもそうですが、顧客を引きつけるためには、サービスにも力を入れなければなりません。サービスが薄ければ顧客離れが生じます。このことはアパートでも同様です。ただしサービスに力を入れ過ぎてアパート経営収支が圧迫されるようだとサービスを見直す必要があるかもしれません。

サブリース会社によって家賃は一方的に決められる オーナーは注視する必要が

家賃は、アパートオーナーにとって重要な事柄ですが、家賃は一括借り上げの場合は、サブリース会社によって、一方的に決められてしまいます。空室が目立つようになるとサブリース会社は家賃を相場家賃よりもかなり下げて空室を埋めようとすることがありますので、アパートオーナーは常に募集家賃を注視する必要があります。

管理会社よりもアパートオーナーのほうが近隣事情に通じている 

賃貸住宅の場合、管理会社が賃貸住宅の家賃や修繕などを決めていきます。しかし募集家賃を決める場合にしてもアパートオーナーの意見を聞くこともなく一方的に決められてしまうことが多くあります。場合によればアパートの近隣エリアの事情にアパートオーナーが通じていることもあり、管理会社よりもアパートオーナーのほうが・・。

大東建託が介護のケアパートナーに注力 今後の主力事業の1つになるか?

新規のアパートやマンションへの金融機関の融資が厳しくなっている今、賃貸住宅建設会社の建設事業の業績はさえない状態が続いています。そのようななか建設事業以外に業界にも手を伸ばすことによって、企業の成長を図る動きも生じています。賃貸住宅最大手の大東建託も介護事業に注力することによって・・。

アパートオーナーがもはや殿様商売ができなくなっていく現実

昔はアパートオーナーといえば、強気の経営を行うことのできた時代もありました。人口がどんどん増加し住宅供給が追いつかない時代です。しかし時代は変わり、今は住宅供給過剰時代です。住むほうが住居を選別できる時代になっています。魅力ないアパートは空室が目立つようになりアパート経営が・・

アパートにしたほうが良いのか それとも駐車場にたほうが良いのか

まとまった土地を所有しているならば、土地を有効活用したいものです。土地を所有しているならば、何の活用をしていなくても固定資産税はかかります。そこでその土地をアパートとして活用するのか、それとも駐車場として活用するのか迷うところですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

アパートのオーナーだからといって賃借人の部屋に無断で立ち入ることはできない

最近は、アパートやマンションのオーナーであっても、また物件の管理会社でも、賃借されているお部屋の鍵を所持していないことがあります。しかし賃借されているお部屋の鍵を所持していたとしても、無断で立ち入ることは許されていません。もちろん例外的に許さる状況もあります。

アパートの入居者からの苦情 どのように対処できるか

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、どうしても配慮の欠いた入居者についての苦情がでるものです。特に多いのが騒音についてです。このような場合、どのように対処できるのでしょうか。対処の仕方を間違えると厄介な事柄へと発展してしまうこともあります。

化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕する

アパートにしてもマンションにしても経年とともに、傷や汚れが生じてきます。そしてその傷や汚れがあまりにも目立つようになると、修繕等を行う必要がありますが、費用も安く簡便な修繕の仕方があります。それが化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕するという方法です。

大東建託を批評する記事の落とし穴 すべてが真実とは言えない

どの世界でも批評する人はおり、批評によって改善されるならば、それは悪いことではありません。しかし批評の内容によっては批評先が「悪」との前提で批評しまくり、真実が曲げられてしまっていることもあります。実際のところ賃貸住宅最大手の大東建託の批評記事にもそのような傾向が・・。