k6424528一覧

賃貸住宅経営 戸建ての賃貸にはアパートにないメリットが

賃貸住宅経営といえば、多くの場合、アパートやマンションによる賃貸住宅経営を連想することがあると思います。しかし賃貸住宅はアパートやマンションに限られているわけではありません。というのも戸建て住宅による賃貸もあるからです。もちろん賃貸割合からすると、戸建て住宅はあまり多いわけではありません。

銀行からの融資が断られノンバンクから借りることのメリット

銀行とは多少形態が異なるものですが、ノンバンクからお金を借りるというてんでは、銀行とさほど違いがありません。大きな違いがあるとすれば、ローン金利が銀行よりもかなり高いというてんでしょう。そして審査が緩めで銀行から借りれなくてもノンバンクからは借りれるということが・・

アパート経営を始める 人気の市街地の地主が断然に有利

私の所有物件のある周辺エリアにおいて賃貸アパートやマンションは多々あります。しかし通勤圏にある市街地のエリアなので、土地価格はとても高いので、一個人が土地を買ってアパートを建てるということは、ほとんど難しいようです。ですからこのエリアの賃貸住宅オーナーはほとんどが、もともとの地主さんで

アパートオーナーが自分の物件の特長について知らないことが多い

最近はサブリースによる賃貸住宅経営が主流になりつつあるので、アパートオーナーさんが部屋付け、つまりは空室に入居者を入れるための努力をすることはほとんどないかもしれません。しかしオーナーが商品のことをあまり知らないというのもちょっと考えものです。またサブリース会社が経営難に・・

アパート経営 家賃を滞納された場合の対処策 管理会社が大手ならば・・

今の時代は、家賃保証会社システムのおかげか、大家が家賃滞納による損失を被ることは昔と比べて少なくなったようです。しかし毎月の家賃、けっこうな額になりますので支払う側には、どうしても支払えないという事態は今でも生じ得ます。では家賃滞納リスクを軽減するうえで大家にできることはあるのでしょうか。

土地の価値は需要で決まる 広大過ぎる土地は低く評価されることも

面大減価という不動産用語がありますが、その意味するところは、一般的に面積の大きな土地は、その地域の標準的な規模の土地に比べて土地の単価は低くなる傾向が見られるという意味です。その理由は、あまりにも広大な土地は、個人で買われることがなく、買い手はほとんどが事業者・・

アパートの評価額を割り出す方法の1つ 収益還元法

アパートオーナーにとってアパートの評価額は重要な関心事です。ところで、建物、とりわけアパートなどの収益物件の評価額を算出するための方法として、収益還元法というものがあります。この収益還元法の計算方法は単純明快ですぐに算出することができますが、問題点もあります。

農地にアパートを建てるためには農業委員会の許可が必要

田舎暮らしをしている場合、多くは居住するための家と田んぼや畑を所有している場合があります。そしてだんだんと年を取り畑仕事がつらくなると、農地として使っていた土地が、放置状態になってしまいます。となるともはや荒れ放題の農地を売却することを検討することになるかもしれませんが・・

積水ハウスや一条工務店 ブランド力はあっても口コミでは・・

最近はインターネットの口コミなどで、提供されているサービスがどのようなものかについ簡単に知ることができるようになりました。なので広告等で、これを買ってみようと思ったものの、買う前に口コミを読んでみて、買うのをやめたということもあるかもしれません。ところで住居についての口コミも多く見ることができます。

アパートやマンションといった集合住宅には管理規約がある

アパートやマンションとなると、集合住宅なので、建物全体をまとめるルールのようなものが必要となります。管理規約や使用細則というものですが、これはマンション生活におけるルールブックのようなものです。例えば、民泊は禁止とか、ペット飼育は許可されていても、飼育の仕方についてルールが定めれれている場合があります。