k6424528一覧

賃貸住宅供給過剰の時代 生き残るために何が行える?

小売業の巨人アメリカのウォルマートが西友を売却してしばらくが経ちます。ウォルマートや西友もよく知られた名前ですが、西友をもってしても日本での事業は困難との判断からウォルマートは日本の事業から撤退したようです。おそらくは競合スーパーとの、熾烈なシェア争いや、今後は日本の人口が減少し続けることなどから、撤退が適当

オーナー査定のために銀行員が訪問?  すべきこと すべきでないこと!!

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要です。というもの多くの場合、アパートオーナーになる時に銀行から資金を借りてオーナー業を行うようになるからです。しかも融資のための審査を通過してお金を借りれるようになっても、その後も資金が必要になる時があるかもしれません。

アパートやマンションでの入居者間のトラブル どう対処する?

ずっと昔のことですが、筆者の所有物件の2階の入居者が、3階の入居者が時々、何人かの友人を連れて部屋で宴会をし騒がしくしていること、さらにベランダに出て、たばこを吸い、その吸い殻が2階のベランダに落ちてくることがあるとの、苦情をつづった手紙を、そっと家主のポストに投函していったことがありました。手紙の内容からして

住まないほうがよいアパートの特徴 雨漏り 外壁のヒビや膨らみ・・

欠陥住宅という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、アパートでも欠陥の兆候ともいえる事柄があります。それを見極めるならば、住まない方がよいアパートへの入居を避けることができます。例えば雨漏りの状況は天井を見れば、ある程度、察することができますし、外壁を見れば・・

入居率の高いエリア内の地方で賃貸住宅経営をすることの利点 

最近は空室リスクを嫌ってか、ある大手賃貸建設会社は、地方において新築のアパート建築を控えているといわれています。あくまでも入居者需要の多い都心に経営の軸足を置いているようです。確かに地方において深刻なほどに空室の多いアパートマンションがあるのは事実です。また地方においては都心や市街地ほどに家賃を高くすることはできない

レオパレス21の元オーナーが検察庁に捜査を嘆願 建築法違反の件で?

レオパレス21のアパート施工不良問題が収束することなく、賃貸住宅業界に波紋をもたらしましたが、そのようなさなかレオパレス21のオーナーだった方が、東京地検に捜査の嘆願(事実上の告訴)を行ったことがわかりました。しかし建設会社の監督官庁は国土交通省なので・・

新居を選ぶ時に確認すべき事柄 内覧を十分に行うべき理由

賃貸住宅の立地が良いかどうかを判断するうえでチェックすべき事柄があります。それは・よからぬ事務所などが近くにあり怖そうな人たちが行き来しているか。・ガソリンスタンドや強烈な匂いが四六時中する飲食店がすぐ近くにあるだろうか。・治安はどうだろうか。駅から物件までの間を晩でも安心して行き来できるだろうか。

ハゲタカファンドがレオパレス21を狙っていた 現実にそうなる

2019年に発覚した大規模なアパート施工不良問題以降、坂道を転がる続けているレオパレス21。これまでの蓄えからか今は持ちこたえていますが、弱り続けています。そのようななか、外国資本、ハゲタカとも言われていますが、ハゲタカがレオパレス21を狙っているとか言われていましたが、現実にそうなりました。

賃貸住宅経営 ペット飼育可ならば長期入居してくれる入居者がいることも

最近はどうしても高い入居率を維持していくために行える施策にはインターネット無料の物件にすることと、ペット飼育可の物件にすることだと言われています。実際のところ賃貸アパートにおいてペット飼育可物件は意外と多くありません。それとともにシングル世帯の増加とともに、癒しや寂しさ解消のためにペットとともに

人気の積水ハウスのシャーメゾン 遮音性では賛否両論が 騒音トラブルになったら

賃貸住宅のなかでも人気が高いのは積水ハウスのシャーメゾンです。現在のところシェアでは大東建託の物件に次いで2番手につけているようですが、シャーメゾンの遮音性については賛否両論があるようです。もちろん遮音性が完璧な建物自体はありませんが騒音トラブルになった場合は・・