k6424528一覧

繰り上げ返済 借金が減って気持ちは楽になるがデメリットも

繰り上げ返済。銀行へのローン残高を減らすために行うことですが、アパートローンでも行うことができます。繰り上げ返済を行うと毎月の銀行への返済額を軽減させることができ、余裕のあるアパート経営を行うことができるようになるというメリットがあります。しかしデメリットもあります。

アパートオーナーにとって重要な土地の価格 基準地価 公示地価・・

アパートオーナーにとって土地の価格は重要な事柄です。というのも多くの事柄が土地の価格によって決まることがあるからです。例えばオーナーにとって負担の重い固定資産税ですが、固定資産税は土地の価格によって決まります。また相続税も土地価格(相続税路線価)によって決まります。

家賃の支払いが困難になっても家賃保証制度や住居確保給付金制度がある

仕事先から思うように給料を得ることができず、家賃の支払いが困難になってしまうことがあります。この場合、家賃保証会社によって物件オーナーへの支払いが行われることになります。また住居確保給付金制度によっても最大9カ月の家賃の支払い分を支給してもらえる制度もあります。

人口減少の時代 分譲マンションや戸建て住宅は冬の時代へ しかし賃貸住宅は?

人口減少時代。今後この影響が大きくあらわれることが懸念されているのは、戸建て住宅市場や分譲マンション市場です。ファミリー層の減少とともに、需要も減退していくことが懸念されています。その一方で予測が分かれるのは賃貸住宅です。世帯数の減少そのものは微減ということで・・

アパートやマンションでペットを飼うことのデメリット

集合住宅のペット飼育の細則のなかには「法で定められた予防注射および登録を厳守し、獣医による健康診断、治療等を受け、常に健康に留意する」というものがある場合があります。この細則に注意を払うならば、ペット飼育にはそれなりの費用や時間がかかってしまうことになります。

アパートの空室が20%超の時代 しかし満室のアパートも少なくない?

少子化時代になり、日本の人口が減少し始めました。今後は減少し続け、いずれは1億人割れになるといわれています。しかも世帯数の増加も2020年でピークになり、それ以降は世帯数も減少していくようです。それで世帯数も減少するということは、やはり全国的にアパート経営は厳しくなっていくということなのでしょうか。

アパートと駐車場 土地活用ではどちらのほうが良いのだろうか

最近は車の大規模駐車場になっていたところが突然に閉鎖して、アパートやマンションを建てるところが増えてきました。実際のところ、月極駐車場経営よりもアパートマンション経営のほうが儲かると判断した地主さんが、そうするのでしょう。では実際のところ駐車場経営よりもアパート経営のほうが優れているのでしょうか。

アパートのリノベーションのためにどれくらいの費用を取り分けたらよいか

最近リノベーションという言葉をよく耳にするようになっていないでしょうか。リノベーション、リフォームと同じようなものだと思われるかもしれません。しかし厳密には、リノベーションとリフォームとは異なります。リフォームが原状回復を行うのに対してリノベーションは性能や価値を高めることを・・

銀行の借り換えによって返済額を軽減 しかし借り換えにどれくらいの費用がかかる

アパート経営を行って数年が経過すると返済実績が積みあがっていますので、以前には断られた金融機関でも今回は応じてくれるかもしれません。つまりは金利の低い金融機関に借り換えをすることができます。ところで借り換えとなると、そのための費用がかかります。どのような費用がかかるのでしょうか。

アパート暮らしでかかる費用は家賃だけでない 管理費や家賃保証費・・

最近はアパートへの入居のさいには家賃保証会社の保証を得ることが求められることが少なくありません。例えば賃貸住宅最大手の大東建託の場合には、原則ですが大東建託の保証会社への加入が求められており、契約時には15000円、そして毎月2%か5%の支払いが毎月求められます。