アパート経営と法律一覧

アパート経営には様々な法律が関係してきます。そのような法律に精通することも、アパート経営を行っていくうえで重要な事柄です。とくに管理会社や入居者となんらかのトラブルに直面した時に、法律にそって解決を図ることになりますのでアパートオーナーにとって法を知っていることは重要です。

アパートからの立ち退き要求が正当になるケース 家賃滞納と用法違反

賃借人の立ち退きを要求できるケースですが、具体的なケースとしては、賃借人の家賃滞納と用法違反の場合です。しかし注意しなければならないてんとして、賃借人が家賃滞納か用法違反をすれば自動的に借地借家法の適用外になるというわけではありません。しかるべき手順を賃貸人が踏んでそのようになるのです。

アパートの定期借家制度 1年未満の契約が可能になるケース

借地借家法29条によると1年未満の契約というのは無効です。しかし借地借家法40条には一時使用の特例が認められることについて書かれています。例えば自宅の建て替えのためといった一時使用がはっきりとしている場合には1年未満、3カ月でも半年でも契約することができます。

アパートの賃借人から必要費 有益費を請求されたならば

家主ではなく賃貸住宅の借主が修繕等を行いそのためにかかった費用を「必要費」あるいは「有益費」といいます。これらの費用は直ちに請求することは、もちろんできますし、賃貸契約が完了し明け渡し後、1年以内ならば請求することができるそうです。このような請求にアパートオーナーは・・

アパートの更新料 拘束力は強くないが支払ったほうが良い?

アパートの賃貸契約は多くの場合、2年となっています。それで2年の更新のさいに更新料を請求されることがあります。ところでこの更新料ですが支払いを拒否することができるのでしょうか。またどのような場合に、更新料の支払いを拒否した場合に入居者側が不利になってしまうのでしょうか。

公共の道路の機能維持のための建築物の容積率 金融機関の審査でも重要

建築基準法第52条で定められている容積率ですが、公共の道路の機能維持のための基準です。そして容積率の基準にかなっているかどうかは、金融機関から融資を受けるさいの審査でも調べられることがあり、不適合であるならば、融資を受けられなくなります。