アパートのオーナーだからといって賃借人の部屋に無断で立ち入ることはできない

最近は、アパートやマンションのオーナーであっても、また物件の管理会社でも、賃借されているお部屋の鍵を所持していないことがあります。しかし賃借されているお部屋の鍵を所持していたとしても、無断で立ち入ることは許されていません。もちろん例外的に許さる状況もあります。

アパートの入居者からの苦情 どのように対処できるか

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、どうしても配慮の欠いた入居者についての苦情がでるものです。特に多いのが騒音についてです。このような場合、どのように対処できるのでしょうか。対処の仕方を間違えると厄介な事柄へと発展してしまうこともあります。

化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕する

アパートにしてもマンションにしても経年とともに、傷や汚れが生じてきます。そしてその傷や汚れがあまりにも目立つようになると、修繕等を行う必要がありますが、費用も安く簡便な修繕の仕方があります。それが化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕するという方法です。

大東建託を批評する記事の落とし穴 すべてが真実とは言えない

どの世界でも批評する人はおり、批評によって改善されるならば、それは悪いことではありません。しかし批評の内容によっては批評先が「悪」との前提で批評しまくり、真実が曲げられてしまっていることもあります。実際のところ賃貸住宅最大手の大東建託の批評記事にもそのような傾向が・・。

ブランド力や好感度も賃貸住宅の入居率に影響がある?

人は好感度のある企業のサービスを利用したいと思うものです。それで賃貸住宅においても、積水ハウス シャーメゾン、大和ハウス工業 d-room、大東建託 DK SELECT、旭化成 へーベルメゾンなどがよく知られており一定の好感度も得られているかもしれません。そのことは入居率にも・・。

無料の家賃 最初の数カ月をそうすることのアパートオーナーのメリット

入居者募集のさいに、最初の1カ月~半年の家賃を無料にすることがあります。そうするならば家賃収入はその期間は入ってきませんが、そうすることのメリットもあります。そのメリットとは、そのことによって空室を埋めることができること、そして物件の家賃を下げることなく家賃を維持することができる・・

マンションを知るうえで重要な重要事項報告書と長期修繕計画書

マンションを知るうえで重要な書類があります。それは重要事項報告書と長期修繕計画書、そして修繕履歴です。特に重要なのが重要事項報告書と長期修繕計画書です。そして修繕履歴からも物件について多くを知ることができます。とくに施工不良問題が取り沙汰されている昨今、修繕履歴を見ることによって・・

アパートのための融資アパートローンの可否は何で決まる?

銀行からアパートローンを借りるためには、銀行の審査を通過する必要があります。多くの場合、まず支店内でのチェックを受けて、支店内チェックが良ければ、本店の融資の部署の審査を受けることになります。そしてこの審査の可否を左右する事柄は幾つかありますが、支店の融資担当者の意気込みや能力も・・

アパート経営 リスクもあるなかで長期安定収入源になるためには

アパート経営は長期安定収入をもたらすと言われています。しかしそれとともに、様々なリスクもあります。最近はサブリースによるアパート経営が主流になりつつありますが、サブリース会社とアパートオーナーとのトラブルも少なくありません。ではどのような場合、長期安定収入のメリットを享受できるのでしょうか。

アパートの経営を行なう前に物件のエリアの市場調査を行うのは重要

アパートの立地はとても重要だと言われています。どんなに素敵なアパートでも立地が悪ければ、入居者もなかなか見つけることができず、家賃も高く設定することはできません。それで前もっての市場調査はとても重要です。例えば人口の増減や、駅前に銀行や証券会社の店舗があるかといったことも・・