賃貸住宅に入居のさいに支払う礼金とは?どんな意義があるの?

最近は入居にさいに礼金0円という募集広告をよく目にするようになりました。アパート急増による競合物の増加により、入居の敷居を低くして自物件に入居してもらうためにそうするわけですが、近年では管理戸数全国1位の大東建託グループの物件でも空室回避のためか、礼金0円の物件があります。ところでそもそも礼金とは何なのでしょうか?

日本最大の大家 UR都市機構 昔は大家の味方 今は民業圧迫との批評も

都市再生機構(UR都市機構)は日本で最大の大家ともいわれています。昔は民賃制度によって土地所有者にとって大きな助けになっていましたが、今は廃止され、最大の大家になり土地所有者大家にとってライバルになっています。そして民業圧迫をしているとの批評も聞かれますが・・

集合住宅でのペット飼育 トラブルを防ぐためには?

集合住宅でのペット飼育は多くの物件で認められています。しかしトラブルとなることもあり、飼育可の条件が決められている場合があります。つまりはペット飼育のさいの細則があるということです。例えば細則のなかには「近隣に損害を与えた場合は、状況を改善し被害者に補償する」というものがあります。

日本政策金融公庫とアパートローン 善良な国民であるならば貸してくれる?

アパートローンを借りようとしても、都市銀行や地方銀行からも断られてしまうとします。ノンバンクなどの審査が緩い機関から借りることはできるかもしれませんが、金利が高いのがネックとなります。このような場合、もはや手段がないのでしょうか。実のところはそうではありません。

銀行にとって重要なのは返済するだけのものが十分にあるかどうか?

ある知人が新聞販売店の経営者になろうとしましたが、新聞販売店の経営者になるためには、お店の規模にもよりますが、最低でも数百万円の資金が必要です。しかしこの方、新聞販売店の仕事は長年行ってきており、販売店業務や経営についての「イロハ」はある程度熟知しています。ですから余程の失態

家賃滞納をする入居者に退去してもらうことが容易でないのはあの借家法のため

アパートオーナーが未然にトラブルを防ぐために賃貸契約書を交わすことは重要です。しかし賃貸契約書以上に強い拘束力があるのが借地借家法です。この借地借家法は入居者が賃貸人からの不当とともいえる処遇から守るための法であり、賃貸人であれ賃借人(入居者)も順守しなければなりません。ですから安易に入居者に退去を求めても

積水ハウスや一条工務店 ブランド力はあっても口コミでは・・

最近はインターネットの口コミなどで、提供されているサービスがどのようなものかについ簡単に知ることができるようになりました。なので広告等で、これを買ってみようと思ったものの、買う前に口コミを読んでみて、買うのをやめたということもあるかもしれません。ところで住居についての口コミも多く見ることができます。

アパート経営 資産性の都心部か収益性の地方 どちらを重視?

昔はレオパレス21といえば、都心部でない郊外や市街地において、数多くの物件を施行そして管理を行っていました。しかし最近は、いわゆる都心部でないエリアにおいて新しいレオパレス21の新築アパートを見かけることはありません。レオパレス21の管理のアパートがあっても、それはずっと昔に建てられたものです。

今の時代 評判がよくない賃貸住宅経営 しかしメリットも

「今の時代アパート経営をするな!」といった言葉を聞かれたことがあるかもしれません。実際、今の時代、アパートマンションオーナーになることは、リスキーな側面があるのは事実です。例えば一部のオーナーさんたちは、アパートローンの銀行への返済が滞りアパート経営を辞めざるをえなくなった方もおられます。もっとはっきりというならば

ユニットバスがあり部屋も狭いワンルームは苦戦する

同じ周辺エリアにおいても、あるアパートはほぼ満室状態を維持しているのに、あるアパートの入居率は50%前後といったことが生じることがあります。そうなると満室状態を維持しているアパートは、周辺エリアの相場家賃よりも高い家賃を設定できるかもしれません。一方で、空室だらけのアパートとなると相場家賃よりも下げなければならないで