オーナー査定のために銀行員が訪問?  すべきこと すべきでないこと!!

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要です。というもの多くの場合、アパートオーナーになる時に銀行から資金を借りてオーナー業を行うようになるからです。しかも融資のための審査を通過してお金を借りれるようになっても、その後も資金が必要になる時があるかもしれません。

副業として賃貸住宅経営を行うことのメリット いざという時のセーフティネット

昔から収入の柱は幾つもあったほうが良いといわれています。そうすることによって1つの収入の柱がダメになっても他の収入の柱によって生活が支えられるからです。そしてその収入の柱の1つにアパートマンション経営を勧める方もいます。そして実際のところこの提案もそのとおりだと思います。

住まないほうがよいアパートの特徴 雨漏り 外壁のヒビや膨らみ・・

欠陥住宅という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、アパートでも欠陥の兆候ともいえる事柄があります。それを見極めるならば、住まない方がよいアパートへの入居を避けることができます。例えば雨漏りの状況は天井を見れば、ある程度、察することができますし、外壁を見れば・・

家賃が高い市街地エリアの賃貸住宅経営は地主か法人が多い?

筆者の所有物件のある周辺エリアにおいて賃貸アパートやマンションは多々あります。しかし通勤圏にある市街地のエリアなので、土地価格はとても高いので、一個人が土地を買ってアパートを建てるということは、ほとんど難しいようです。ですからこのエリアの賃貸住宅オーナーはほとんどが、もともとの地主さんで、自分の土地にアパートを建てた

戸建て住宅による賃貸住宅経営のメリットや魅力とは?

賃貸住宅経営といえば、多くの場合、アパートやマンションによる賃貸住宅経営を連想することがあると思います。しかし賃貸住宅はアパートやマンションに限られているわけではありません。というのも戸建て住宅による賃貸もあるからです。もちろん賃貸割合からすると、戸建て住宅はあまり多いわけではありません。

人気の積水ハウスのシャーメゾン 遮音性では賛否両論が 騒音トラブルになったら

賃貸住宅のなかでも人気が高いのは積水ハウスのシャーメゾンです。現在のところシェアでは大東建託の物件に次いで2番手につけているようですが、シャーメゾンの遮音性については賛否両論があるようです。もちろん遮音性が完璧な建物自体はありませんが騒音トラブルになった場合は・・

賃貸住宅暮らしのさいに請求される敷金 更新料とは?

最近は入居のさいに敷金0円を売りにしている物件も多くなってきました。アパート急増により競合物件が多くなり空室率が上昇しているためです。空室が多くなると、アパート経営そのものが成り立たなくなり、なんとしても空室を埋めるために入居のさいの敷居を低くするのです。テナント物件などは、しっかりと敷金が求められることがあります。

アパート経営と個人事業税 どのような場合に課税対象になってしまう

アパート経営を行っていると、経営規模がある程度のものであるならば、個人事業税が課税されます。ではどれぐらいの規模で、また金額の計算方法は・・。原則的に10部屋以上を賃貸している場合は、個人事業税の対象になります。しかし10部屋未満であっても家賃収入の額が大きければ・・

大規模修繕工事 設計監理方式と責任施工方式 どちらを選ぶ?

通常であるならば、アパートマンションの多くが10年~15年の間に大規模修繕工事を行います。そのさいに世帯数の多いマンションの場合は、多くの場合、設計監理方式でこの大規模なプロジェクトを行うことでしょう。この設計監理方式について株式会社あんしん保証のサイトの

エリアが同じでもアパートの入居率で二極化しているなぜ?

最近は筆者の所有マンションのある周辺エリアにおいても、空室が目立つアパートマンションが増えてきたようです。築年数でも20年も超えれば、外見はきれいなマンションでも、その他の魅力があまりなければ敬遠されることも少なくないようです。ところでその一方で築年数がけっこうな年数でもほぼ満室状態を維持しているアパートマンション