松下幸之助の街 夙川が住みやすさでトップ


大東建託グループが近年、管理物件の入居者から街の住みごこちの良さについての調査を行ってきました。

首都圏や北海道、名古屋圏などで調査結果が公表され、私の関心がある京阪神地区でも、その調査結果が公表されました。

その調査結果によると関西エリアで最も住みごこちの良い街は、やはりあの街です。

その街とは

夙川です。

この夙川、西宮の西部に位置し、北東側には六甲山系や甲山を眺めることができます。

さらには北側には苦楽園という高級住宅街があり、さらに北東に行くと、関西で最高級の高級住宅街、芦屋市の六麓荘があります。

このような位置からしてもステータスの高さそうな街であるということがわかります。

そして街のまん中には夙川が流れ、川岸は夙川公園となっており、春は桜見客で大賑わいになるのですが、この夙川公園、管理している西宮市もよく管理整備しているのか、とても綺麗な公園です。

それでジョギングや散歩にも良し、森林浴にも良し、川の流れる音に癒されるのも良しという、とても優れた公園なのです。

花画像

住みごこちの良さでは夙川は関西でトップだった。

さらに交通のアクセスも良く、阪急夙川駅は特急の停車駅になっていて大阪梅田には約20分、神戸三宮にも20分程度で行くことができますし、ショッピングが充実している西宮北口駅は夙川駅の次の駅となっています。

さらに阪急夙川駅を南下すると、JRのさくら夙川駅もあります。

このように優れた公園がある緑に恵まれていること、高級住宅街に囲まれたステータスの高さ、交通アクセスの良さ、ショッピング環境も良いことなどが、夙川の住みごこちの良い街にしているものと思われます。

ところで夙川といえばなんといっても

松下幸之助の旧家がある街です。

松下幸之助といえば、現在のパナソニックの創業者で、経営の神様とまで言われた人物です。

その旧家が夙川にあり、今でも松下幸之助の親族にあたると思われる松下家がその屋敷に住んでいます。

実のところ私の母は、某都銀の夙川支店に勤めていた時代があったのですが、松下幸之助の、お手伝いさんのような人が、しょっちゅう銀行を訪れていたそうです。

とにかく松下幸之助の口座には株の配当金が驚くほど入金されていたんだとか、言ってましたが、戦後に急成長した自社株を所有していたと思いますので、配当金もすごかったんだと思います。

それにしても夙川、家賃も高いエリアですが、住む人の心をつかむ魅力がある街のようです。

追記:阪急夙川駅の次は西宮北口、武庫之荘、塚口と関西のなかでも住みたい街ランキング、住みやすい街ランキングで、いつも上位にランクされる駅があります。

また反対方面は芦屋川、岡本、御影・・神戸三宮といった、閑静な住宅街の街を走ります。

このように阪急神戸線は人気のある住宅街を走り抜ける路線として知られています。

また夙川駅からは阪急甲陽線もあり、苦楽園駅、甲陽園駅と阪神地区でも指折りの高級住宅街を走ります。

ちなみに苦楽園駅の西側には関西の高級住宅街で最高峰といわれる六麓荘街があります。

このように夙川は位置的にも恵まれた位置にもあり、住みたい街、住みやすい街として知られているのだと思います。

ちなみのウィキペディアにも

谷崎潤一郎が松子夫人と出会った根津家の邸宅があったことでも知られ、高級住宅街が連続する阪神間の中でも屈指のお屋敷町として有名である。特に駅の北西は豪邸が立ち並び環境が良い。

夙川駅

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/夙川駅(アクセス日2020/6/10)

と阪神間の屈指のお屋敷町と言及されています。