礼金 敷金 更新料とは?価格がマチマチなのはなぜ?

京都には京都ならではの不動産の慣習があることで知られています。その1つに更新料がありますが、京都では家賃の1カ月分の更新料ではなく物件によったら2カ月分の更新料が求められる物件もあるようです。家賃の2カ月分ともなると高過ぎるのではと思いますが、法的にも問題があるかもしれません。しかし家賃1カ月程度の更新料となると

庶民が住むにしてはリスクがあり過ぎるタワーマンション

アパートオーナーとは世界も次元も違うものにタワーマンションがあります。なぜか世間ではタワーマンションに住むことが憧れのようになっています。しかもタワーマンション、モノによればアパート1棟と同じぐらいの価格がする高価なものもあります。私個人としては、どうせ同じ価格ならば、タワーマンションよりもアパートを買います。

大家さんの勝ち組は1割程度?賃貸住宅経営の厳しい現実

あるテレビ番組で、もしも宝くじで〇億円当たったならどうしますかという質問に、ある男性は、そのお金でマンションを建てて家賃収入で生活していきたいと答えました。それを見て思ったことは、この方は、おそらく今の時代、アパートマンションオーナーとしてやっていくのが大変だということを、わかっておられないんだろうなあ

今でも入居者募集で頼りになるのは地元の不動産屋さん?

銀行からアパートローンを借り、高い建設費用をかけてアパートあるいはマンション経営を始めるとなると、次に行うのは入居者の募集です。入居者が集まらなければ、つまりは空室のままではアパート経営は話になりません。ではどのようにして入居者募集を行うと良いのでしょうか。

賃貸住宅経営 家賃が高い都市圏よりも地方のほうが有利な場合がある?

東京や大阪の都心部となると、住みたいと思う人は多く家賃も高く設定できます。しかしその一方で、そのようなエリアでは、賃貸住宅が競合乱立し、入居者の奪い合いのような状況が生じます。例えば積水ハウス、大和ハウス工業、大東建託といった賃貸住宅においてトップシェアを競う大手が、潤沢な資金力をバックに入居斡旋を優位にすすめ、

賃貸住宅経営のメリット 長期安定収入源にもなりインフレにも強い?

アパート事業のメリットとしては固定資産税の軽減などのメリットがよく指摘されています。しかし今回はアパート事業が長期安定収入になることについてとりあげたいと思います。以前にも少し、長期安定収入になることについて書きましたがさらに具体的に書いていきたいと思います。アパート事業の収入についてですが

アパートやマンションでペットを飼育することはかなり大変?

筆者の知り合いで賃貸住宅において猫を飼っている方がおられます。もちろんこの集合住宅はペット飼育が許可されているマンションですが、室内で4匹の猫を飼育しています。ある時、たまたま道端でお会いしたのですが、ちょうど猫の1匹を籠に入れて病院に連れていくところでした。

アパートやマンションで生じているトラブルをどのようにして知ることができる?

大雨が降ったりすると、なんともいえない悪臭が漂うことがあります。おそらくは、下水道が大雨のために溢れて、そのために下水の臭いがしているようです。このようなことは平時には気づくことはありません。それで、物件を選ぶさいには平時には気づかない事柄も、できるだけ知ることは重要です。

賃貸住宅経営 入居者ニーズに合った適正な家賃とは?

アパートオーナーにとって、所有アパートの家賃がどれぐらいが適当なのかを知ることは重要です。というのも心情的には、できるだけ高い家賃にしたいと思ってそうしたとしても、家賃に割高感があれば入居者が決まることはないからです。一方で入居者を決めたいがために家賃をとても安くしたとするならば、入居者を決めることができたとしても

賃貸住宅供給過剰の時代 生き残るために何が行える?

小売業の巨人アメリカのウォルマートが西友を売却してしばらくが経ちます。ウォルマートや西友もよく知られた名前ですが、西友をもってしても日本での事業は困難との判断からウォルマートは日本の事業から撤退したようです。おそらくは競合スーパーとの、熾烈なシェア争いや、今後は日本の人口が減少し続けることなどから、撤退が適当