ローンは変動金利 固定金利どちらが良い?銀行員は変動金利のほうが・・

超低金利な時代です。銀行によっては変動金利のローンとなると条件次第では0.5%ぐらいで借りることもできます。もちろん固定金利となると、それよりも金利は高くなります。ところで住宅ローンにしてもアパートローンにしてもお金を借りる場合、変動金利のほうが良いか、それとも固定金利のほうが良いか、それは迷うところです。

アパートの立地エリアが重要なのはなぜか 車社会でも地方は苦戦する

車社会になり、多くの家庭で、自家用車が置かれています。ですから、多少辺鄙な場所でも、自家用車があるから大丈夫と考えてしまいがちですが、不動産の視点からすると決して大丈夫ではありません。というのも、仕事先のオフィスなどが都心部などにあると、自家用車で通勤しても駐車するスペースがないからです。

アパートのオーナーにも役立つ土地総合情報システム 不動産ジャパン

最近はネットの普及にともない、種々の情報をネットで調べることができるようになりました。このてんで官公庁もネットをとおして情報発信するようになってきています。例えば土地の路線価を調べたいと思うならば、国税庁のホームページから調べることができます。また国土交通省も土地総合情報システムというホームページを。

アパートの定期借家制度 1年未満の契約が可能になるケース

借地借家法29条によると1年未満の契約というのは無効です。しかし借地借家法40条には一時使用の特例が認められることについて書かれています。例えば自宅の建て替えのためといった一時使用がはっきりとしている場合には1年未満、3カ月でも半年でも契約することができます。

アパートの管理をサブリース会社に任せっきりにすると

最近、賃貸住宅経営において主流になりつつあるサブりース、一括借り上げともいわれますが、この場合は、アパートオーナーはほとんど何もしなくてもやっていくことができます。サブリース会社からの賃貸住宅経営の報告を受けたり、修繕等について協議したりするぐらいかもしれません。

マナーの悪いアパート入居者にどのように対処するか

どうしても見過ごすことができないようなアパート入居者さんの振る舞いに気づいた時はどうすればよいのでしょうか。例えば、騒音を立てる入居者さんがいて他の入居者さんが大変迷惑がっているといった事例の場合です。その場合は管理会社に連絡して対応してもらうのが無難のようです。

マンションの管理人はマンションの裏事情を知っている

物件を選ぶさいには平時には気づかない事柄も、できるだけ知ることは重要です。このてんで管理人のいるアパートやマンションの場合は、管理人だからこそ知り得る事柄を教えてもらうことができます。さらに賃貸住宅において、オーナーさんも住んでいる場合は、オーナーさんが、その集合住宅の事情に通じていることもあります。

アパートもだれも買いたい人がいなくなれば負動産になる

最近では、だれもが買おうとしない不動産を負動産と揶揄されることがあります。そして場合によっては需要が全くない不動産はまさにマイナス価格になってもおかしくありません。つまりは需要がない不動産はお金を払って引き取ってもらう粗大ゴミと同じようなものに成り下がってしまうのです。

アパートの経営の現実 建物が10年超になるとキャッシュが貯まらなくなる

新築のころは、家賃も高く設定しても入居者が決まり、例え退去者がでても、すぐに次の入居者が決まったものです。しかも新築なので、修繕費用がかかることは、ほとんどなく出ていくお金も少なかったことでしょう。ところが残念なことに、このような状態が続くということはありません。