NHKもレオパレス21を批評する番組 ただアパート経営を誤解する人がいるかも


NHKといえば民間の放送局ではなく、公共の放送局です。

それでNHKは、民間の放送局のように広告やCM等は一切扱っていません。

そのNHKですが、そのNHKがレオパレス21の実態を暴くような番組を放送したようです。

その番組とは2020/3/19にBS1で放送された「あなたのアパートは大丈夫?~岐路に立つ投資用不動産ビジネス」という番組です。

レオパレス21を批評する番組としてはテレビ東京の「ガイアの夜明け」がよく知られていますが、NHKも取り上げるとは・・。

そしてNHKの番組のその内容とは賃貸住宅会社の勧誘に乗ってアパート経営に乗り出し、経済的な危機に陥っている人を取り上げたものなんだそうです。

よくあるストリーのような気がしますが、「相続税対策」や「土地活用」という宣伝文句でアパート経営を始めたものの、最初はよくても、だんだんと空室も目立つようになり、家賃も大きく下げられるようになり、アパート経営が赤字になってしまうというものでしょうか。

とりわけ入居者需要が乏しいエリアで、競合物件も幾つもあるとそのような事態に陥ることがあります。

このNHKの番組について取り上げているのは、エキサイトニュースの2020/3/25の「NHKに名指しで告発されたレオパレス、明らかになった“悪質営業”の手口とは?」という記事ですがそれによると

100万円程度の自己資金で2億円近くのアパートを建てたオーナーもいます

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_235202/(アクセス日2020/3/28)

と書かれており、約2億円もよくも借入れたものだと思います。

もちろん当時とは違い今では銀行は貸してくれないでしょう。

今では融資の全期間の収支のシュミレーションをしてたうえで、貸すかどうかを決めるからです。

しかしマンションでも小規模ならば1棟あたり2億円もしないと思うのですが、アパートで2億円もするのでしょうか。

数棟で2億円ということなのかもしれません。

ところで上記の記事には

業者はアパートの建設費を割高に設定して、そこで儲けを確保しており、あとに残るのは入居者のいないアパートとオーナーの借金だけです

とも書かれています。

もちろんそのことは、ある程度は真実だと思いますが、すべてのサブリースのアパートにあてはまるわけではありません。

実際のところ大東建託や積水ハウス、大和ハウス工業のサブリースの賃貸住宅の入居率は95%以上を維持しており、上記の言及があてはまるアパートは少数派といえるでしょう。