賃貸物件一覧

温暖化によってこれまでにない豪雨被害も賃貸住宅経営には逆風になる

近年は自然災害による被害が増大しています。例えば地震や台風、豪雨被害が頻発しています。数年前に生じた西日本豪雨被害では、被害を受けたアパートも数多くあるようで、このようなケースで修繕費用を補償してくれる保険に加入していなかったアパートオーナーさんは大変な状況にあるようです。ところで気候変動、地球温暖化によって

アパートと消防法 火災報知器が鳴った時の正しい対処法とは?

アパートオーナーと消防とは切っても切れない関係にあります。アパート経営は消防法にしたがって行うよう細心の注意を払わなければなりません。もしも正しくない方法で行ってしまうならば、万が一の事態が生じた場合に、損害賠償を請求される可能性もあります。なのでなにが消防法に・・

入居者募集いつからどのように 人気のシャーメゾンは?

アパート経営を始めるうえで重要な事柄の1つが入居者募集です。多くの場合、完成前から入居者募集を行いますが、いつごろから、そしてどのように行われているのでしょうか。理想とするのは竣工までには、すべてのお部屋の入居者が決まっていることですが、現実的には多くの場合

農地をアパートに転用することは容易ではない 農業委員会や需要の壁が・・

農家の世帯数が減少しているといわれています。わからないこともありません。というのも農業を行っても収入が不安定で、ほとんど収益が上がらない時もあるからです。天候に左右されます。また出荷した農産物は市場価格が高ければ儲けがでますが市場価格が安ければ、赤字になることもあります。

住宅設備の故障リスク 大東建託物件のオーナーには保証がある!!

アパートオーナーにとって住宅設備の故障とそれに伴う修繕費用は頭の痛い事柄です。ところでこうしたリスクをヘッジする保証サービスがあります。大東建託パートナーズが提供しているもので大東ワランティサービスです。多くの設備故障のケースで 保証してもらえ、賃貸住宅オーナーとしては

エレベーターにかかる悩ましい費用 4階以上のマンションならば必須になる?

4階建て以上の鉄筋コンクリート造りのマンションになると、エレベーターを設置することが求めえられてきます。また設置しなければ入居率に影響がでてきます。しかしこのエレベーター、費用がかかる悩ましい設備でもあるのです。初期費用も相当かかりますが、維持管理にも費用が・・

アパートオーナーもエントランスや共有廊下の美化に尽力できる?

最近、筆者の自宅近くに、積水ハウス施行のこじんまりとしたマンションが建ちました。RC造り4階建てだと思いますが、このマンションのオーナーさんかオーナーさんの代理をしている方だと思いますが、毎日のように建物の清掃をしています。まずは建物周りに植えられた植物への適切な水やりを行っていますし、玄関付近もこまめに清掃を行って

お部屋の広さ 国土交通省の最低基準と目指すべき居住スペース

国土交通省は部屋の広さについて、最低居住水準というものを定めています。例えば1人暮らしの場合は16平米。2人暮らしの場合は29平米となっています。実のところ20年ほど前までは、この最低居住水準に達していない世帯が400万世帯ありました。筆者の知人も以前は築古な文化住宅に住んでいましたが、明らかに最低居住水準に達して

小規模企業共済 所得税や住民税の軽減に有用な共済

数年前に亡くなった父からマンション経営を相続してから、気づかされた事柄の1つが、支払う所得税そして住民税が多いというてんでした。父は税金対策ということでは、あまり手を打つ人ではなかったからです。マンション管理会社の大東建託パートナーズも相続税対策でアパートマンション建設を提案しても、いざ家主になると