賃貸物件一覧

信用保証協会付き融資でアパート経営!!手数料は安くないですが・・

アパートオーナーになるためのアパートを建てる時には、資金が必要になります。多くの場合は、銀行からアパートローンをひいて行うわけですが、返済実績がない初期のころは、銀行もなかなか貸してくれないといったことがあります。その時に頼りになるのが、信用保証協会です。信用保証協会は・・

アパートの賃借人から必要費 有益費を請求されたならば

家主ではなく賃貸住宅の借主が修繕等を行いそのためにかかった費用を「必要費」あるいは「有益費」といいます。これらの費用は直ちに請求することは、もちろんできますし、賃貸契約が完了し明け渡し後、1年以内ならば請求することができるそうです。このような請求にアパートオーナーは・・

アパート事業を行って後悔するオーナーがいるのはなぜ

2016年8月の朝日新聞の記事以降、その後の日経新聞、産経新聞にも、アパート経営リスクが強調される記事が掲載されました。記事の内容は、概ねアパート経営について、ほとんど何も知らない地主さんが建設会社の営業を受け、土地活用そして相続税対策のためにアパート経営を行うようにとの勧誘に応じ、その後、様々なリスクに見舞われる

管理会社とオーナーの思惑の違い 営利主義の管理会社に利用されないために

アパートマンションオーナーが管理会社に任せる目的は、煩雑な法的求められている業務を代行してもらうこと、そして建物の資産価値を保つことに他なりません。そのことによって賃貸住宅においては周辺エリアの家賃相場程度に家賃を設定することができますし、区分所有者ならばマンション価格を保ち、売却する場合でも

家賃を滞納し続ける入居者 どのようにして適正に退去してもらえるか

賃借人の立ち退きを要求できるケースですが、具体的なケースとしては、賃借人の家賃滞納と用法違反の場合です。しかし注意しなければならないてんとして、賃借人が家賃滞納か用法違反をすれば自動的に借地借家法の適用外になるというわけではありません。しかるべき手順を賃貸人が踏んでそのようになるのです。重要なポイントとなるのは

サブリース建設会社があくまでも自社所有の賃貸物件を運営しないのはなぜ

昔の不動産賃貸の主流となっていたのは、アパートオーナーが物件の管理を一括借り上げでない仕方で不動産管理会社にお任せして行うという方法で、空室が生じた場合は、空室分の家賃収入が入らなくなるというデメリットがありました。いわば不動産管理会社はアパートオーナーとの間に入って業務を行い、あくまでもアパートオーナーをサポート

家主の修繕義務 どこまで家主が賃貸物件の修繕費用負担が求められるか

以前、賃貸マンションに住んでいた時に、お風呂のガスがつかなくなりました。修繕が必要な状態です。もともと備え付けの給湯設備だったので、不動産管理会社に連絡すると、しばらくして給湯設備の交換工事が行われました。当時、賃借人だった私たちには工事費用の請求はありませんでした。

物件の目立つ傷や汚れを簡便に費用を抑えて修繕する方法 

アパートも完成時はほとんど目立った傷もなく、きれいなのですが、しかし徐々に傷などがついていきます。床や壁などが汚れたり傷がついたりするものです。またアパートの顔とも言えるエントランスも汚れたり傷が目立つようになることもあるでしょう。この場合、お部屋の場合は、入居者が退去したあとに原状回復工事で修繕することになります。

立ち退き料の相場とは 引越し費用 今後の家賃免除・・

アパートの建て替えのさいには賃借人に立ち退き料を支払わなければならないかもしれません。その相場ないしは目安はいくらぐらいになるのでしょうか。実際のところ立ち退き料の相場というものはないのですが、目安となる事柄はあります。例えば当然のこととして引越し費用は最低限でも・・

アパートやマンションの管理会社の質 どこで知ることができるのか?

集合住宅、アパートやマンションにしても、きちんときれいに管理されている物件にだれしもが住みたいと思うものです。筆者も私用で幾つかのアパートやマンションに足を運ぶことがありますが、廊下がとても汚れていたり、階段部分が破損しているような物件もありますが、必要な清掃や修繕が行われないままに放置されているような物件も