家賃一覧

家賃はアパートオーナーにとって重要な関心事です。オーナーとしてはできるだけ家賃は高くしたいと思うものですが、しかし相場家賃よりも高くすると入居者がいなくなってしまいます。一方でコストパフォーマンスの勝った家賃にすると入居率が向上します。

インターネット無料化の費用対効果 判断が難しい?しかし標準化していく?

以前の話ですが、大東建託の営業担当が来られた時に、空いた部屋がなかなか埋まりませんと、不満を述べると、そのことを建物の管理会社の大東建託パートナーズの担当者に伝えていたようで、大東建託パートナーズの担当者が来られた時に、今の時代は客付けで有利になるためにはインターネットを無料で使えるようにするか、ペット飼育可の物件に

家賃の値上げ 入居者と大家 更新時に値上げが求められたら

ある知人が家賃の話をしているときに「家賃は値上げすることがあっても、下がることはない」と言われていました。厳密にはそうではないのですが、しかし概ねその通りです。また筆者の所有物件がお世話になっている大東建託パートナーズの担当者も「場合によったら値上げするように・・

アパートの家賃は市場原理で決まる?入居者需要の大きさで決まる

市場原理が働くのは賃貸住宅の家賃でも同じことがいえます。募集時の家賃というのは通常、そのエリアの適正家賃や相場家賃をもとにして決められるものです。ところが募集開始時は、それらの家賃よりもやや高めの家賃で開始します。この時点ですぐに入居者が決まれば、家賃は高い価格での家賃となります。

サブリース会社によって家賃は一方的に決められる オーナーは注視する必要が

家賃は、アパートオーナーにとって重要な事柄ですが、家賃は一括借り上げの場合は、サブリース会社によって、一方的に決められてしまいます。空室が目立つようになるとサブリース会社は家賃を相場家賃よりもかなり下げて空室を埋めようとすることがありますので、アパートオーナーは常に募集家賃を注視する必要があります。

管理会社よりもアパートオーナーのほうが近隣事情に通じている 

賃貸住宅の場合、管理会社が賃貸住宅の家賃や修繕などを決めていきます。しかし募集家賃を決める場合にしてもアパートオーナーの意見を聞くこともなく一方的に決められてしまうことが多くあります。場合によればアパートの近隣エリアの事情にアパートオーナーが通じていることもあり、管理会社よりもアパートオーナーのほうが・・。

アパートのオーナーにとって家賃の設定と入居者ターゲットは重要

アパートオーナーにとって適正な家賃を設定することは重要です。家賃が高過ぎると入居してくれる人がいませんし、家賃が安過ぎると収益面で問題となります。また入居者ターゲットを絞るならば、それに合わせた設備などを設置することができます。とりわけ中年女性を入居者ターゲットにすると良いとの・・