家賃一覧

家賃はアパートオーナーにとって重要な関心事です。オーナーとしてはできるだけ家賃は高くしたいと思うものですが、しかし相場家賃よりも高くすると入居者がいなくなってしまいます。一方でコストパフォーマンスの勝った家賃にすると入居率が向上します。

アパートの家賃は部屋数よりも部屋の広いほうが高くなる

部屋数=家賃と必ずしも成り立つわけではありませんが、部屋の広さ=家賃は成り立つ場合が多いようです。というのも当然、入居者にとっては、住居空間が広いほど好むからです。しかし都心部のアパートやマンションになると、なかなか広々とした部屋を確保するのは容易ではありません。

アパートの家賃には幾つかの家賃がある 重要なのは査定家賃

家賃には大きく分けて募集家賃(募集家賃は募集時の家賃です)。入居家賃は(入居家賃は現入居者が支払っている家賃です)。そして査定家賃(査定家賃は不動産会社が周辺相場を調べて査定した家賃です)の3つに分けれます。このうち基準となるなるのは査定家賃で、査定家賃をもとに募集家賃が決められます。

アパートの家賃 何で決まる?入居者ターゲットを絞ることも重要

アパートの家賃はアパートオーナーにとって重要なことです。家賃が高すぎると空室が目立つようになりますが、家賃が安いとアパートオーナーの収益が減ります。そこで通常はアパートがある周辺エリアの家賃相場が適切な家賃を決めるめための目安になりますが、他にも入居者ターゲットを・・

サブリース会社によって家賃は一方的に決められる オーナーは注視する必要が

家賃は、アパートオーナーにとって重要な事柄ですが、家賃は一括借り上げの場合は、サブリース会社によって、一方的に決められてしまいます。空室が目立つようになるとサブリース会社は家賃を相場家賃よりもかなり下げて空室を埋めようとすることがありますので、アパートオーナーは常に募集家賃を注視する必要があります。

管理会社よりもアパートオーナーのほうが近隣事情に通じている 

賃貸住宅の場合、管理会社が賃貸住宅の家賃や修繕などを決めていきます。しかし募集家賃を決める場合にしてもアパートオーナーの意見を聞くこともなく一方的に決められてしまうことが多くあります。場合によればアパートの近隣エリアの事情にアパートオーナーが通じていることもあり、管理会社よりもアパートオーナーのほうが・・。

無料の家賃 最初の数カ月をそうすることのアパートオーナーのメリット

入居者募集のさいに、最初の1カ月~半年の家賃を無料にすることがあります。そうするならば家賃収入はその期間は入ってきませんが、そうすることのメリットもあります。そのメリットとは、そのことによって空室を埋めることができること、そして物件の家賃を下げることなく家賃を維持することができる・・

アパートのオーナーにとって家賃の設定と入居者ターゲットは重要

アパートオーナーにとって適正な家賃を設定することは重要です。家賃が高過ぎると入居してくれる人がいませんし、家賃が安過ぎると収益面で問題となります。また入居者ターゲットを絞るならば、それに合わせた設備などを設置することができます。とりわけ中年女性を入居者ターゲットにすると良いとの・・