家賃一覧

家賃はアパートオーナーにとって重要な関心事です。オーナーとしてはできるだけ家賃は高くしたいと思うものですが、しかし相場家賃よりも高くすると入居者がいなくなってしまいます。一方でコストパフォーマンスの勝った家賃にすると入居率が向上します。

賃貸住宅オーナーにとって気がかりな募集家賃 管理会社の思惑との違い

アパートオーナーにとって重要な物件の家賃ですが、多くの場合は管理会社が決めて募集家賃などが決まります。もちろん管理会社によれば、家賃を決めるにさいして、まずは提案という形でアパートオーナーに提示し、アパートオーナーの了承を得たうえで、最終的に募集家賃が決まるということもあります。

賃貸住宅経営 入居者の家賃が安いがゆえのメリットもある

家賃が安いことは賃貸住宅オーナーにすれば望ましいことではありません。しかし年収が200万円から300万円層が多いゆえに共益費込みで5万円前後の賃借需要が大きいということも事実です。たしかに家賃が5万以下の物件は空室が生じても、きちんとした入居斡旋力のある管理会社ならば、けっこう速い時期に入居者が見つかっているように

賃貸住宅経営 インフレに強いとも言われるが現実は・・

以前、大東建託の家賃査定担当の社員が話しておられたのですが、インフレになると、家賃も値上がりになると言っておられました。この時には、本当にインフレになれば家賃も値上がりするとのかと半信半疑でしたが、考えてみるとインフレとは物価全体が値上がりして、お金の価値が下がる状態ですから・・

家賃の値上げの手順 まずは家賃の値上げの通知を行ってから

家賃をスムーズに値上げすることができるかどうかが、経営手腕といわれていますが、値上げするためには、きちんとした手順を踏む必要があります。そのためにはまず、更新の前などに更新後に家賃を値上げする等の通知を行わなければなりません。その後は入居者が家賃の値上げに合意するか・・

家賃も需要と供給の原理で決まる?需要が大きければ家賃の値上げも

新築の分譲マンションが、完成後、何カ月も半年も1年も売れ残っていると、当初の価格から、どんどん値下げしていくことになります。こうなると幾らか不公平感を感じるかもしれませんが、しかし資本主義における市場原理なので仕方がありません。ところでこの市場原理とは市場がさまざまな過不足やアンバランスを自ら調整し最適化する

賃貸住宅経営 入居者ニーズに合った適正な家賃とは?

アパートオーナーにとって、所有アパートの家賃がどれぐらいが適当なのかを知ることは重要です。というのも心情的には、できるだけ高い家賃にしたいと思ってそうしたとしても、家賃に割高感があれば入居者が決まることはないからです。一方で入居者を決めたいがために家賃をとても安くしたとするならば、入居者を決めることができたとしても

インターネット無料化の費用対効果 判断が難しい?しかし標準化していく?

以前の話ですが、大東建託の営業担当が来られた時に、空いた部屋がなかなか埋まりませんと、不満を述べると、そのことを建物の管理会社の大東建託パートナーズの担当者に伝えていたようで、大東建託パートナーズの担当者が来られた時に、今の時代は客付けで有利になるためにはインターネットを無料で使えるようにするか、ペット飼育可の物件に

アパートオーナーは家賃を決められない?管理会社の専権事項?

最近は一括借り上げによるアパート経営が主流をなしつつあります。たしかにこの方法ですと、アパートオーナーは一括借り上げ会社からアパートの状況にについての報告を受けるだけで、一括借り上げ会社の担当者とアパートオーナーが協議したりすることも、しばしば生じるということはありません。