家賃の値上げのタイミング


アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。時々家賃の値上げが行われることがる。

最近のブログでは家賃の値上げについて書いていますが、まとめてみますと、値上げするには、しかるべき根拠がなければならない事、そして値上げするさいの手順について取り上げました。

今回は値上げするタイミングについて取り上げてみたいと思います。

入居者にとって家賃の値上げというとショッキングが出来事かもしれません。

ですから値上げするのしても、なるべく入居者にショックを与えない仕方、タイミングで値上げを行いたいものです。

そこで最もショックを与えない方法ですが、入居者が退去した後、新たな募集家賃で適正な価格で募集するという方法です。

例えばこれまでの入居者の家賃が5万円だったのが、周辺相場が5万3千円なので値上げしたかったのですが、なかなか値上げに応じてくれそうにない入居者のようなので退去するのをじっと待って、退去後の新たな募集家賃を5万3千円かそれ以上にするという方法です。

今の時代、アパートマンションが増えていますので、値上げして他物件へ引っ越されるのが心配ならば、手堅くこの方法を取るのがやむえないと考えている大家さんも少なくないでしょう。

収益面ではあまり良い方法ではないですが、退去後がなかなか入居者が見つからない怖れのために、そうなってしまう場合もあるでしょう。

花画像

家賃の値上げには、ふさわしいタイミングがある。

ところでもう1つの家賃を値上げするタイミングは更新の時期です。

通常は2年から3年で更新を迎えることになりますが、この時に値上げすると、スンナリと値上げを受け入れてくれる場合があります。

私の所有物件でも更新の時に1000円ずつ、つまり最初の更新の時に1000円、そして次の2年後の更新時にも1000円の値上げを受け入れてくださった入居者がおられます。

まあこの方の場合は職場から家賃補助がでているという事情があったのと、住んでみて居心地が良かったということもあって多少の値上げでも受け入れやすかったのではないかと思います。

もちろん最近は家賃の設定は不動産管理会社が行いますので、上手に家賃の値上げを行っているのならば、この面での能力がある不動産管理会社ないしは、いい担当者にお任せすることが最善なのかもしれません。

追記:住人の退去の後に、家賃を値上げする、つまりは募集家賃が以前の入居家賃よりも高くすることにはリスクもあります。

というのも以前の入居家賃が周辺相場よりも、かなり安ければ相場家賃に近づけるような募集家賃にしてみることもできます。

しかし募集家賃を高くして、コストパフォーマンス的に魅力がなければ、なかなか入居者が決まらなくなってしまいます。

最近は、多くの方が、お部屋探しを行う時に、インターネットで探して、幾らかの候補となる物件を選びだしてから、その物件を扱っている不動産屋に連絡し、内覧などを行って入居を決めるようです。

ですから入居していただくためには、最初のインターネットでの検索で候補として選んでもらう必要があるのです。

そして検索において選んでもらうためには、コストパフォーマンスで優れている必要があります。

この物件は家賃が割高と見られてしまうと選ばれません。

しかもインターネットでは容易に物件の家賃の比較などが今は行えてしまいます。

ですから、家賃を上げるさいは、募集時よりも、更新時に少しづつ上げていくほうが、良いように思います。

本当に住んでみて気に入った物件でるならば、家賃を値上げしても大丈夫でしょう。