アパート事業のリスク一覧

アパート事業のリスクのある部分は損害保険でカバーすることができますが、家賃の下落や修繕費用、ローン金利の上昇といった様々なリスクも存在しています。とくにリスクの認識がなくアパート経営を始めたものの、後にリスクにぶつかり後悔している方も少なくありません。そしてシンプルに言うとアパート経営は、家賃収入から、支出とのバランスで成り立っているわけですが、支出で大きな位置を占めるのは銀行への返済です。家賃収入に対して、銀行への返済金額が、少なくとも50%以下でなければ、アパート経営は行き詰っていきます。それで50%を超えるような事があれば金利交渉で金利を下げてもらうか、返済期間を延ばしてもらうなどの対策を取る必要があるかもしれません。

アパートオーナーが不動産賃貸業を法人化することによるデメリット

アパートオーナーの不動産所得が1000万円超になったならば法人化について検討することが勧められます。そして法人化すれば、大きな節税効果があるというメリットや他にも有利になるてんがあります。しかしその反面、法人化に伴うデメリットも幾つかあります。それはローン金利と税理士報酬・・

アパート経営 大学や企業に依存していると危ういことになることも

アパートやマンションの賃貸住宅経営が地域にある大学や企業に依存していると、もしもその大学や企業が移転してしまうと危うくなってしまいます。そして現実的にそのような事例はこれまでも幾たびも生じており、そのために家賃を大きく下げざるをえなくなるような事態が生じています。

アパートの管理をサブリース会社に任せっきりにすると

最近、賃貸住宅経営において主流になりつつあるサブりース、一括借り上げともいわれますが、この場合は、アパートオーナーはほとんど何もしなくてもやっていくことができます。サブリース会社からの賃貸住宅経営の報告を受けたり、修繕等について協議したりするぐらいかもしれません。

アパートもだれも買いたい人がいなくなれば負動産になる

最近では、だれもが買おうとしない不動産を負動産と揶揄されることがあります。そして場合によっては需要が全くない不動産はまさにマイナス価格になってもおかしくありません。つまりは需要がない不動産はお金を払って引き取ってもらう粗大ゴミと同じようなものに成り下がってしまうのです。

地球の温暖化によるアパート浸水被害リスク どのように回避できる?

最近はゲリラ豪雨による水害が多発するようになってきました。水害の時のテレビの映像などでは、水没してしまった個人のマイホームだけでなくアパートやマンションも被害を被っていている映像が目にとまります。実際のところ水害に遭ったアパートの場合、修繕費用は一部屋あたり数百万円するといわれています。

アパートオーナーがもはや殿様商売ができなくなっていく現実

昔はアパートオーナーといえば、強気の経営を行うことのできた時代もありました。人口がどんどん増加し住宅供給が追いつかない時代です。しかし時代は変わり、今は住宅供給過剰時代です。住むほうが住居を選別できる時代になっています。魅力ないアパートは空室が目立つようになりアパート経営が・・

サブリースというビジネスモデルが揺らぎ始めている?

最近は賃貸住宅経営といえばサブリースによって行われているケースが多くなっています。しかし2018年以降、サブリーストラブルが増えており、サブリースというビジネスモデルそのものに疑問府も打たれるようになってきました。