アパート事業のリスク一覧

アパート事業のリスクのある部分は損害保険でカバーすることができますが、家賃の下落や修繕費用、ローン金利の上昇といった様々なリスクも存在しています。とくにリスクの認識がなくアパート経営を始めたものの、後にリスクにぶつかり後悔している方も少なくありません。そしてシンプルに言うとアパート経営は、家賃収入から、支出とのバランスで成り立っているわけですが、支出で大きな位置を占めるのは銀行への返済です。家賃収入に対して、銀行への返済金額が、少なくとも50%以下でなければ、アパート経営は行き詰っていきます。それで50%を超えるような事があれば金利交渉で金利を下げてもらうか、返済期間を延ばしてもらうなどの対策を取る必要があるかもしれません。

アパート事業を行って後悔するオーナーがいるのはなぜ

2016年8月の朝日新聞の記事以降、その後の日経新聞、産経新聞にも、アパート経営リスクが強調される記事が掲載されました。記事の内容は、概ねアパート経営について、ほとんど何も知らない地主さんが建設会社の営業を受け、土地活用そして相続税対策のためにアパート経営を行うようにとの勧誘に応じ、その後、様々なリスクに見舞われる

アパート事業の最大のリスクが空室にあると言われる理由

賃貸住宅経営において最大のリスクは空室だと言われています。ではそもそも空室がなぜ賃貸住宅経営における最大のリスクになるのでしょうか。幾つかの理由がありますが、その1つの理由は空室が多くなると銀行への返済ができなくなるというてんがあります。銀行への返済が行えなくなると。・・

エレベーターにかかる悩ましい費用 4階以上のマンションならば必須

4階建て以上の鉄筋コンクリート造りのマンションになると、エレベーターを設置することが求めえられてきます。また設置しなければ入居率に影響がでてきます。しかしこのエレベーター、費用がかかる悩ましい設備でもあるのです。

サブリースというビジネスモデルが揺らぎ始めている?裁判沙汰も

最近は賃貸住宅経営といえばサブリースによって行われているケースが多くなっています。しかし2018年以降、サブリーストラブルが増えており、サブリースというビジネスモデルそのものに疑問府も打たれるようになってきました。

空室率が3割以上で赤字経営に転落?大東建託オーナーなら大丈夫?

近年、賃貸住宅の空室率は20%を超えたといわれています。この後、その数字は30%へと向かって上昇していくことが予想されています。そしてこのことは、将来的にアパート経営そのものが、苦戦を強いられる事業であることを示しています。とにかくアパート事業そのものは、入居してくださる入居者さん・・