マンションの大規模修繕工事 設計管理方式 責任施工方式どちらが良いか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つに分けることができます。それは設計管理方式か責任施工方式かです。

アパートやマンションでのペット飼育 ペット飼育の細則がある物件も

集合住宅でのペット飼育は多くの物件で認められています。しかしトラブルとなることもあり、飼育可の条件が決められている場合があります。それでペット飼育のさいのどのような細則があるかについてですが、ペットを飼育するさいには決められた細則にも精通していなければ、トラブルになってしまう可能性があります。

アパートの事業がインフレに強いというのはある程度真実らしい

インフレとは物価全体が値上がりして、お金の価値が下がる状態ですから、家賃も物価の一部と考えると家賃もインフレに伴って上昇する可能性があります。ただし家賃は原則、需要と供給のバランスで決まるものですから、インフレでも賃貸住宅が供給過多であるならば、家賃は上がるどころか下がることも・・

マンションの管理会社に修繕の積立金の蓄えがどれだけあるかを知らせない

マンションの管理会社といっても所詮は営利目的の会社で、収益を得るために動きます。そこで修繕積立金がどれだけ集まっているかを管理会社が知ることができるならば、そのマンションの修繕計画を立てるさいに、あるお金をすべて使い尽くすのような仕方で計画を立てる場合があります。

アパートの駐車場設置 機械式となるとかかる費用が悩ましい

都心部の狭いスペースの賃貸アパートやマンションの場合、機械式駐車場を設置することがありおます。しかし機械式駐車場の設置には問題点もあります。というのも「機械式」ということは設備でもあるのです。設備であるということには維持していくためのコストがかかるということになります。

アパートのオーナーが建物清掃などを行っていることも少なくない

最近では、ほとんどの物件において管理会社による管理が行われていますが、それでも意外と多くのオーナーさんやその家族が、自物件の清掃や物件周囲に花を植えたり水やりをしたりしています。というか管理会社の建物清掃だけでは不十分に感じることもあるようです。さらに建物周辺に花を植えたり・・

アパートのオーナーになることのメリット 効果的な節税を行える

アパート事業には多くのメリットがあります。そしてアパート事業を行うメリットの1つは節税対策です。固定資産税や所得税、そして相続税対策を効果的に行うことができます。もちろんアパートを建てることになるエリアは長期継続的に家賃収入を得ることができるエリアであることが大前提です。

アパートにいわゆる社会的に問題がある人が入居している場合

反社会的集団というと暴力団や過激な政治活動集団を意味しますが、社会は排除しようとする動きが強まっています。しかしそれでもそのような人たちは全国に10万人弱はいるといわれ、どこかに居住しています。そして身分をごまかして公営団地や賃貸住宅に住んでいる場合もあります。

光熱費 地域によって大きな格差が とりわけ水道料金が

現代の生活をしていくうえで最低限に必要なものといえば、電気、ガス、水道です。これらは最低限必要なライフラインといえます。そのなかでも水道代については、住む場所によっても、料金がかなり違うことがあります。例えば都道府県別では北海道は静岡県の約3倍の料金がかかります。

アパートの経営環境が悪化している しかし明るい面も

近年は都会などの住宅需要の高いエリアでなければ、アパートは事業は採算が取りにくくなっていること、さらにエリア的には問題がなくても建物が古くなると入居斡旋が厳しくなるといった問題も生じているようです。しかし新規のアパート建設が減少していますので、将来的には明るい面みあります。