家賃も需要と供給の原理で決まる?需要が大きければ家賃の値上げも

新築の分譲マンションが、完成後、何カ月も半年も1年も売れ残っていると、当初の価格から、どんどん値下げしていくことになります。こうなると幾らか不公平感を感じるかもしれませんが、しかし資本主義における市場原理なので仕方がありません。ところでこの市場原理とは市場がさまざまな過不足やアンバランスを自ら調整し最適化する

町内会や自治会とアパート経営 アパートに自治会運営費が請求されることも

関西の超高級住宅街、芦屋市の六麓荘町では町内会の拘束力が強く、一世帯あたり毎年50万円の町内会費を支払わなければならないそうです。この芦屋市の六麓荘の町内会の場合は、特別な条例によって、町内会の権限が強いそうで、六麓荘に住むためには町内会にきちんと加入し、町内会の求めには応じなければなりません。

土地価格や建物価値を調べるのに役立つ公的なツールがある

最近はネットの普及にともない、種々の情報をネットで調べることができるようになりました。このてんで官公庁もネットをとおして情報発信するようになってきています。例えば土地の路線価を調べたいと思うならば、国税庁のホームページから調べることができます。ところで最近になって初めて、気がついたのですが、国土交通省が

賃貸住宅経営 物件管理会社の助けがどうしても必要なのはなぜか?

残念ながらどこの世界でもクレームやクレーマーが生じます。クレーム対応が非常なストレスとなり、仕事を辞めたという方もおられます。ところで入居者によるクレーム、あるいは執拗なクレームというのは生じ得る事柄です。悪質ともいえるクレーマーになると、多額の慰謝料や損害賠償を請求してくるかもしれません。

銀行への毎月の返済額を減らすには 借り換えか銀行との金利交渉

アパート経営を始めるにさいして、苦労した事柄の一つが資金調達、つまりは銀行からお金を借りることだったかもしれません。住宅ローンの場合は、提携ローンなどで、不動産販売会社の保証などがついて、すんなりとお金を貸してくれた銀行もアパートローンとなると、そういうわけにはいきません。

アパートローンの繰り上げ返済 負担軽減になるものの銀行にしてみれば・・

繰り上げ返済。銀行へのローン残高を減らすために行うことですが、アパートローンでも行うことができます。例えばローン残高が6000万円あるとすると、1000万円を繰り上げ返済するとローン残高は5000万円になります。すると毎月の銀行への返済額を軽減させることができ、余裕のあるアパート経営を行うことが

アパート管理会社 複数社と取引することによるメリット

有力な賃貸住宅会社にアパートを建ててもらい管理してもらうようになると、そしてそれに満足していると、再び同じ会社から2棟目のアパートの建設を提案されることがあります。その事を繰り返して、2棟、3棟とアパートを建てて、しかも同じ管理会社に管理してもらっているということは珍しくありません。もちろんアパートを管理している会社が

不動産の契約書でしばしば書かれている甲や乙とは誰のこと?

不動産の契約書や賃貸契約書には、小さな字で多くの事柄が記載されています。十分に理解するためには根気強く読まなければなりません。ところで、しばしは甲や乙という言葉がでてきます。これはそれぞれ何を意味しているのでしょうか。この甲や乙の記載は時々見かけますが、決まりのようなものがあるようです。

閑静な住宅街の賃貸住宅かと思いきや深夜になると周辺が物騒になる?

筆者の知人が住んでいるのは、4階建ての古い賃貸マンションの2階に住んでいますが、1階は居酒屋やイタリアンの店、洋食のお店などが入っています。お昼に開けているお店もあるようですが、主な営業時間は晩から深夜にかけてです。となると、とくに休日前の晩、例えば金曜日や土曜日の晩また深夜になると、騒ぐ客がいるようで

リノベーションとリフォームの違いとは?リノベーションはなぜ重要?

最近リノベーションという言葉をよく耳にするようになってきました。リノベーション、リフォームと同じようなものだと思われるかもしれません。しかし厳密には、リノベーションとリフォームとは異なります。どのような違いでしょうか。それは、リフォームが老朽化した建物を新築の状態に戻すこと、つまりは原状回復を意味するのに対して