賃貸住宅業界一覧

賃貸住宅業界ですが、賃貸住宅の建設と賃貸住宅の管理とに分かれるかもしれません。両方の分野を行っている会社もありますが、そうでない会社もあります。さらに管理業務については、インターネットの普及により業務の簡素化が進んでいて、今後は店舗数の減少傾向にあります。

賃貸住宅供給過剰の時代 生き残るために何が行える?

小売業の巨人アメリカのウォルマートが西友を売却してしばらくが経ちます。ウォルマートや西友もよく知られた名前ですが、西友をもってしても日本での事業は困難との判断からウォルマートは日本の事業から撤退したようです。おそらくは競合スーパーとの、熾烈なシェア争いや、今後は日本の人口が減少し続けることなどから、撤退が適当

日本最大の大家 UR都市機構 昔は大家の味方 今は民業圧迫との批評も

都市再生機構(UR都市機構)は日本で最大の大家ともいわれています。昔は民賃制度によって土地所有者にとって大きな助けになっていましたが、今は廃止され、最大の大家になり土地所有者大家にとってライバルになっています。そして民業圧迫をしているとの批評も聞かれますが・・

生保業界のガリバー日本生命は日本一の大家さんでもあった!!

生保業界の巨人、日本生命ですが、なんと賃貸用不動産を1兆円相当を所有し、莫大な額の賃料収入を得ているようです。しかもそうするための資金は徴収した保険料の運用先として活用しており、不動産はそれでも数%に過ぎないというのですから、まさに巨額の資産を運用している会社です。

賃貸住宅情報を不動産ジャパンや土地総合情報システムから取得することができる

レインズのシステムは、不動産の情報を提供したり受取ったりと、不動産の情報交換がリアルタイムで行われているデータシステムのことです。基本的には物件の売買情報をしるうえで、とても役立つツールです。また賃貸の情報の提供も行われているので、アパートオーナーにもある程度、関係のあるものともいえるでしょう。

ブランド力や好感度も賃貸住宅の入居率に影響がある?

人は好感度のある企業のサービスを利用したいと思うものです。それで賃貸住宅においても、積水ハウス シャーメゾン、大和ハウス工業 d-room、大東建託 DK SELECT、旭化成 へーベルメゾンなどがよく知られており一定の好感度も得られているかもしれません。そのことは入居率にも・・。

NO IMAGE

社員寮もいろいろなパターンがある アパートオーナーと関係が深いのは

企業の福利厚生の1つとして社員寮があります。そしてこの社員寮ですが、いろいろな方式がありますが、アパートオーナーとのかかわりの深い方式もあります。しかし経済不況で派遣切りなどが行われると急速に社員寮の解約が行われることもあります。

不動産業界に黒船来襲 ソフトバンクGの動きに注目

不動産賃貸業界では、最近は地主さんもアパート建設に慎重になっていて頭打ち状態となっています。そのようななか他社管理物件のオーナーを取り込もうとする動きが生じていますが、そのようななか巨大なソフトバンクグループが不動産業界への投資を活発化させています。レオパレス21も・・

ハゲタカファンドがレオパレス21を狙っていた 現実にそうなる

2019年に発覚した大規模なアパート施工不良問題以降、坂道を転がる続けているレオパレス21。これまでの蓄えからか今は持ちこたえていますが、弱り続けています。そのようななか、外国資本、ハゲタカとも言われていますが、ハゲタカがレオパレス21を狙っているとか言われていましたが、現実にそうなりました。

東建コーポレーションもやはりレオパレスショックのあおりを受けていた

賃貸住宅事業をコアとする大東建託やレオパレス21に次いで大手の一角を担う東建コーポレーション。テレビのCMなどでも、しきりに宣伝していますが、やはりレオパレス21の施工不良問題のあまりを受けて、新設貸家着工数が大幅に減っているようです。