物件のエリア一覧

物件のエリア、つまりはどのエリアに不動産投資やアパートを建てるかの選択はとても重要です。この初期段階での判断ミスは、不動産投資やアパート経営の失敗の要因の1つとなり得ます。理想なエリアとしては主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアです。もちろん主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアであれば必ず良いというわけではありません。その物件の周辺環境について知ることも重要です。例えば駅から物件までの道のりは女性でも安心して歩けるでしょうか。深夜でも騒がしい飲食店が近くにないでしょうか。周りの住人は問題のない人たちばかりでしょうか・・等々です。

光熱費 地域によって大きな格差が とりわけ水道料金が

現代の生活をしていくうえで最低限に必要なものといえば、電気、ガス、水道です。これらは最低限必要なライフラインといえます。そのなかでも水道代については、住む場所によっても、料金がかなり違うことがあります。例えば都道府県別では北海道は静岡県の約3倍の料金がかかります。

アパートの立地エリアが重要なのはなぜか 車社会でも地方は苦戦する

車社会になり、多くの家庭で、自家用車が置かれています。ですから、多少辺鄙な場所でも、自家用車があるから大丈夫と考えてしまいがちですが、不動産の視点からすると決して大丈夫ではありません。というのも、仕事先のオフィスなどが都心部などにあると、自家用車で通勤しても駐車するスペースがないからです。

アパートの家賃に大きく影響する物件のエリア 駅近以外に考慮すること

アパートはエリアによって家賃は大きく左右されます。一般的に駅から徒歩10分圏内がよいとされていますが、しかし駅から徒歩10分圏内であるならば、どこでもよいというわけではありません。他にも家賃に影響を及ぼす様々な要因があり、そのことも把握しておく必要があります。

アパートの経営を行なう前に物件のエリアの市場調査を行うのは重要

アパートの立地はとても重要だと言われています。どんなに素敵なアパートでも立地が悪ければ、入居者もなかなか見つけることができず、家賃も高く設定することはできません。それで前もっての市場調査はとても重要です。例えば人口の増減や、駅前に銀行や証券会社の店舗があるかといったことも・・

地方での賃貸住宅経営のメリット

都心部や都市近郊の家賃は高くすることができます。しかし地方では家賃を高くすることはできなくてもそれなりのメリットがあります。とりわけ地方でも賃貸住宅需要のあるエリアでさらに競合する物件も少なければ・・

地主の多くが賃貸住宅経営 市街地に土地を持ってたことの優位性

市街地の地主の多くが、賃貸住宅経営を行っています。もともと何もない時から土地を所有し、後に市街地へと発展したようなエリアの地主さんです。昔はお金にならなかったような土地が、市街地に発展したために今では土地の価格も高くなり、土地の有効活用を行っています。