物件のエリア一覧

物件のエリア、つまりはどのエリアに不動産投資やアパートを建てるかの選択はとても重要です。この初期段階での判断ミスは、不動産投資やアパート経営の失敗の要因の1つとなり得ます。理想なエリアとしては主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアです。もちろん主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアであれば必ず良いというわけではありません。その物件の周辺環境について知ることも重要です。例えば駅から物件までの道のりは女性でも安心して歩けるでしょうか。深夜でも騒がしい飲食店が近くにないでしょうか。周りの住人は問題のない人たちばかりでしょうか・・等々です。

アパート経営 郊外において向いているエリア 不向きのエリア

三重県津市の郊外にレオパレス21の物件が乱立しているエリアがあります。このエリアでは、競合物件があまりにも多いので、空室率が高くしかも家賃の下落に悩まされているアパートオーナーさんがおられるとのことです。このようなエリアでのアパート経営は、先行きも厳しい状況が続くことでしょう。

アパートに必要な環境 駐車スペース 閑静な環境・・

地方に住んでいるならば自家用車は必需品のようになっているエリアがあります。そのようなエリアでは住居に駐車場があることが必須の事柄といえるでしょう。つまりは駐車スペースがあるかどうかというてんも重要な事柄になってきます。しかしこのてんでは土地価格もさほど高くない地方では、さほど問題はないことでしょう。 

地方での賃貸住宅経営 高利回り物件であってもデメリットも

アパート経営で失敗しないための大原則の1つに乗降客の多い駅から徒歩10分以内圏内でアパート経営を行うといった事柄があります。もちろんこの考え方は、ほぼ正しいんだと思います。このようなエリアでは入居者需要があり、コストパフォーマンスのある物件であるならば空室に悩むことはありません。

アパート経営 都心部の土地はあまりにも高いので地主でないならば難しい

東京や大阪の都心部となると、住みたいと思う人は多く家賃も高く設定できます。しかしその一方で、そのようなエリアでは、賃貸住宅が競合乱立し、入居者の奪い合いのような状況が生じます。例えば積水ハウス、大和ハウス工業、大東建託といった賃貸住宅においてトップシェアを競う大手が・・

アパート経営に向いているエリアかどうかを見分ける方法

アパート経営が成功するかどうかの大きな要素の1つに、どの場所で行うかというてんがあります。これはかなり重要です。というのも全く同じアパートを建てても、建てる場所によって入居率も異なってきますし、家賃も異なってくるからです。ではこの場所がアパート経営に向いているのかそうでないかを・・

アパート経営を始める 人気の市街地の地主が断然に有利

私の所有物件のある周辺エリアにおいて賃貸アパートやマンションは多々あります。しかし通勤圏にある市街地のエリアなので、土地価格はとても高いので、一個人が土地を買ってアパートを建てるということは、ほとんど難しいようです。ですからこのエリアの賃貸住宅オーナーはほとんどが、もともとの地主さんで

土地の価値は需要で決まる 広大過ぎる土地は低く評価されることも

面大減価という不動産用語がありますが、その意味するところは、一般的に面積の大きな土地は、その地域の標準的な規模の土地に比べて土地の単価は低くなる傾向が見られるという意味です。その理由は、あまりにも広大な土地は、個人で買われることがなく、買い手はほとんどが事業者・・

農地にアパートを建てるためには農業委員会の許可が必要

田舎暮らしをしている場合、多くは居住するための家と田んぼや畑を所有している場合があります。そしてだんだんと年を取り畑仕事がつらくなると、農地として使っていた土地が、放置状態になってしまいます。となるともはや荒れ放題の農地を売却することを検討することになるかもしれませんが・・

アパートの立地 賃貸住宅が乱立し空室が多いか?金融機関の店舗があるか?

収益が上がる事業でも、過当競争となるならば、状況が厳しくなります。このことはアパート経営でも同じです。主要な駅があるエリアでは入居者需要が大きいことには違いがありませんが、しかしアパートやマンションが乱立すると賃貸住宅の過当競争状態になり、空室リスクが生じたり、家賃の下落圧力がかかってくるでしょう。

アパートを建てられないエリア 市街化調整区 工業専用地域

土地所有者にとって、土地を更地のままに持っていてもほとんどなんの利益もありません。さらに更地であっても固定資産税はかかります。しかもさらに悪いことに更地のままにすると固定資産税が最大6倍もする場合もあるのです。なので土地活用ということでアパートを建てようとしても・・