物件のエリア一覧

物件のエリア、つまりはどのエリアに不動産投資やアパートを建てるかの選択はとても重要です。この初期段階での判断ミスは、不動産投資やアパート経営の失敗の要因の1つとなり得ます。理想なエリアとしては主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアです。もちろん主要な駅から徒歩10分圏内、そして20分以内で都心へと行けるエリアであれば必ず良いというわけではありません。その物件の周辺環境について知ることも重要です。例えば駅から物件までの道のりは女性でも安心して歩けるでしょうか。深夜でも騒がしい飲食店が近くにないでしょうか。周りの住人は問題のない人たちばかりでしょうか・・等々です。

アパートの立地 周辺に火葬場 墓地 処理施設といった施設があると・・

アパートの近くにどうのような施設があるか。それはアパートの資産価値や家賃にも影響を及ぼす重要な事柄です。例えば周辺に火葬場や墓地、下水処理施設や廃棄物処理場といった施設があると資産価値や家賃に悪影響が生じます。そしてそれらの施設を嫌悪施設と言われています。それで・・

家賃が高くない地方でアパート経営を行うメリット デメリット

最近は空室リスクを嫌ってか、ある大手賃貸建設会社は、地方において新築のアパート建築を控えているといわれています。あくまでも入居者需要の多い都心に経営の軸足を置いているようです。確かに地方において深刻なほどに空室の多いアパートマンションがあるのは事実です。また地方においては都心や市街地ほどに家賃を高くすることはできない

賃貸住宅経営 市街地の土地所有者が有利と言えるのなぜか?

筆者も父からアパート事業を相続して随分の期間が経過しました。筆者のように相続という形でアパート事業にかかわるようになった方は少なくないと思います。しかし一方であくまでもビジネスという観点で、アパート事業を始める方もおられるのではないでしょうか。最近はワンルーム・・