設備一覧

アパートには基本的にエアコン、給湯器、換気扇などの設備を設置しなければなりません。これらの購入や維持管理コストは多くの場合、アパートオーナー負担となります。さらには浴室乾燥機や温水洗浄便器、オートロックなどの設備を設置してお部屋のグレードアップを図ることもあります。

市街地のマンションにある機械式駐車場 金食い虫になることも?

都心部にあるアパートマンションの場合は必ずしも入居者さんが自家用車を所有していて駐車場を必要としているとは限らない場合があります。都心部に住んでいるのならば自家用車がなくても、充実している公共の交通機関や自転車そしてミニバイクなどがあれば、生活していくのには十分でしょう。しかし地方となると事情は異なります。

ユニットバスがあり部屋も狭いワンルームは苦戦する

同じ周辺エリアにおいても、あるアパートはほぼ満室状態を維持しているのに、あるアパートの入居率は50%前後といったことが生じることがあります。そうなると満室状態を維持しているアパートは、周辺エリアの相場家賃よりも高い家賃を設定できるかもしれません。一方で、空室だらけのアパートとなると相場家賃よりも下げなければならないで

アパートのセキュリティに欠かせないオートロック 防犯カメラ

最近の新しいアパートやマンションは、ほとんどオートロックなどの設備が完備されています。その一方で、築年数が20年以上のアパートやマンションにおいては、オートロックになっていない物件が少なくありません。そしてオートロックでなければ、誰しもが自由に物件内に出入りすることができ、そのことを不安に思っている方・・

インターネット無料化の費用対効果 判断が難しい?しかし標準化していく?

以前の話ですが、大東建託の営業担当が来られた時に、空いた部屋がなかなか埋まりませんと、不満を述べると、そのことを建物の管理会社の大東建託パートナーズの担当者に伝えていたようで、大東建託パートナーズの担当者が来られた時に、今の時代は客付けで有利になるためにはインターネットを無料で使えるようにするか、ペット飼育可の物件に

賃貸住宅経営 アパートやマンションに駐車場を設置しなくても大丈夫か?

筆者の所有物件の管理会社は大東建託パートナーズです。ですからどうしても、外出している時に大東建託グループのアパートを見かけると、関心が向きます。ところで大東建託パートナーズの物件の多くに自家用車のための駐車スペースも用意されています。そして今の時代、駐車場スペースを設けることも重要な事柄だと思います。

家主の修繕義務 どこまで家主が賃貸物件の修繕費用負担が求められるか

以前、賃貸マンションに住んでいた時に、お風呂のガスがつかなくなりました。修繕が必要な状態です。もともと備え付けの給湯設備だったので、不動産管理会社に連絡すると、しばらくして給湯設備の交換工事が行われました。当時、賃借人だった私たちには工事費用の請求はありませんでした。

アパートと戸建て住宅の違い 消防検査 遮音性・・

半年に1度行われる消防用設備点検ですが行われるのはあくまでも集合住宅のみで、戸建住宅で行われることはありません。なぜそのような違いが生じるのでしょうか。それはアパートなどの集合住宅は建築基準法では「特殊建築物」になるからです。学校、劇場、旅館、病院、デパートなども「特殊建築物」に分類されています。

エレベーターにかかる悩ましい費用 4階以上のマンションならば必須

4階建て以上の鉄筋コンクリート造りのマンションになると、エレベーターを設置することが求めえられてきます。また設置しなければ入居率に影響がでてきます。しかしこのエレベーター、費用がかかる悩ましい設備でもあるのです。