レオパレス21一覧

サブリースの代表格の1つともいえる賃貸住宅会社です。入居者向けには斬新なサービスを提供し、IOTやAI活用においても一歩リードしています。その一方で一部のレオパレス21のアパートオーナーとの深刻なトラブルや問題もかかえており、さらには一部のアパートの構造の欠陥もクローズアップされています。施工不良問題ですが、経営を傾かせるほどの深刻な事態になっています。そもそもは分譲マンションをてがける会社だったようですが、バブル崩壊で痛手を被り、経営の舵を、思い切って賃貸住宅へと切り替えて息を吹き返しますが、しかし絶好調の賃貸住宅のペースを上げるために品質管理がなおざりになっていたことの、ツケが今になって及んでいるようです。今回の事件で、経営陣も変わり今後、レオパレス21がどのように変化していくのか注目です。

NHKもレオパレス21を批評する番組 ただアパート経営を誤解する人がいるかも

NHKでもレオパレス21によって大変な状況に追い込まれたアパートオーナーについての番組を放送したようです。もちろんそのようなオーナーさんも少なくないとは思いますが、アパート経営のすべてがそうだというわけではありません。

旧村上ファンドから外資系ファンドに レオパレス21の経営

経営再建中のレオパレス21.現状は自力での再建中ですが、いずれは他社による支援や資本注入等が必要になってくる可能性があります。そのようなさなか旧村上ファンドの動向が注目されていましたが、最近になってレオパレス21の株の一部を売却していたことが明らかになりました。

サブリースというビジネスモデルが揺らぎ始めている?裁判沙汰も

最近は賃貸住宅経営といえばサブリースによって行われているケースが多くなっています。しかし2018年以降、サブリーストラブルが増えており、サブリースというビジネスモデルそのものに疑問府も打たれるようになってきました。

レオパレス21迷走の影にあの銀行が?世界に通用する大銀行?

数年前に不動産業界の断トツでインパクトを与えたニュースはレオパレス21のアパート施工不良と、それに伴う入居者への引越し要請のニュースです。しかしなぜそこまでレオパレス21は迷走することになってしまったのでしょうか。どうやら、おかしくなってきたきっかけは、リーマンショック後に、レオパレス21が経営危機に陥った時