アパート事業とは一覧

アパート事業と言えば単純には、家賃収入によってやっていく事業のことです。しかし節税対策、金利、減価償却、按分など種々の事柄も絡んできます。そして銀行からアパートローンを借りるならば、毎月の銀行への返済にも注意しなければなりません。つまりは家賃収入に対して、銀行への毎月の返済、修繕や改修のために取り分けておく費用、固定資産税、保険、管理手数料、空室の場合の損失額を差し引いても十分な黒字を確保ができ、また黒字計上を継続できる十分な見込みがなければなりません。もしも赤字が継続的に続くならば、アパート経営について思いきった見直しが必要でしょう。

アパートオーナーとして経営理念を持つことのメリット

アパートを建てるならば賃貸住宅経営をする事業者になるわけですから、いつまでも建設会社や銀行が頼りになるわけではなく経営者としての責任を持たなければなりません。それでアパートオーナーとしての理念や目的を持つのは肝要です。ではどのような理念や目的を持つことができるのでしょうか。 

アパートの経営の健全性を示すキャッシュフローとは?

アパート経営は、家賃収入が大きければ大きいほど良いというわけではありません。家賃収入がどんなに大きくても、それを上回る支出があるならば、そのアパート経営は健全とは言えません。そこでアパート経営の健全性を知る目安となる指標としてキャッシュフローがあります。キャッシュフローは・・。

入居者のためのサービスはアパート収支のバランスを考えて行う

どのような場合でもそうですが、顧客を引きつけるためには、サービスにも力を入れなければなりません。サービスが薄ければ顧客離れが生じます。このことはアパートでも同様です。ただしサービスに力を入れ過ぎてアパート経営収支が圧迫されるようだとサービスを見直す必要があるかもしれません。

アパート経営 リスクもあるなかで長期安定収入源になるためには

アパート経営は長期安定収入をもたらすと言われています。しかしそれとともに、様々なリスクもあります。最近はサブリースによるアパート経営が主流になりつつありますが、サブリース会社とアパートオーナーとのトラブルも少なくありません。ではどのような場合、長期安定収入のメリットを享受できるのでしょうか。

敷金や更新料とは 敷金や更新料はアパートオーナーのものになる?

賃貸住宅の入居のさいに敷金が要求されることがあります。この敷金はアパートオーナーのものになるわけではありません。敷金は未払いの家賃や修繕費のために確保しておき、退去時に使わなかった分を返金しなければなりません。一方で更新料はアパートオーナーのものになります。しかし一括借り上げの場合は・・

アパート経営は若年から始める それとも老人が行うもの?

アパート経営のオーナーは、どちらかといえば高齢者が多いです。それもそのはず、これまではアパートやマンションのオーナーは、もともとの地主が多く、相続税対策などで、賃貸住宅オーナーになっていたからです。しかし近年では、不動産収入が安定収入になるということから若年層でも・・