アパート事業とは一覧

アパート事業と言えば単純には、家賃収入によってやっていく事業のことです。しかし節税対策、金利、減価償却、按分など種々の事柄も絡んできます。そして銀行からアパートローンを借りるならば、毎月の銀行への返済にも注意しなければなりません。つまりは家賃収入に対して、銀行への毎月の返済、修繕や改修のために取り分けておく費用、固定資産税、保険、管理手数料、空室の場合の損失額を差し引いても十分な黒字を確保ができ、また黒字計上を継続できる十分な見込みがなければなりません。もしも赤字が継続的に続くならば、アパート経営について思いきった見直しが必要でしょう。

アパートにとって部屋の広さは重要 国交省も基準を定めている

当然のことといえば当然のことですが、部屋が広くなれば、それなりに家賃も高くなっていきます。部屋が広く、それなりの設備が整っているならば、1人暮らし向きの部屋でも家賃は5万円台、6万円台と上がっていきます。そして国土交通省も部屋の広さについての基準を定めています。

アパートオーナーになるのに地主は有利 地主でなければ何を行える?

アパート事業を始めるならば遊休地の所有者が最適です。というのも、アパート事業を始めるために土地を買い、そしてアパートを建てるとなると、相当の費用がかかるからです。特に、人口密集地の土地価格は相当なもので、土地を買いアパート事業を始めるとなると、初期費用を回収するのに相当の年月がかかります。

マンションの大規模修繕工事は回を重ねるたびに高くなっていく

一般的にはマンションの場合、大規模改修工事は10年~15年に1度行います。そのさい1回目の大規模改修工事の費用が2000万円程度で済んだとしても2回目、3回目の大規模改修工事費用が1回目と同じ2000万円程度か、というと実はそうではなく多くの場合、もっと高くなることがあります。

アパートのオーナーになって後になって後悔するのはなぜ?

今、流行っている一括借り上げによるアパート経営は無知な地主さんがアパート経営を始めるための、うってつけの商品であり、アパート経営の経験や知識がなくても、不動産の世界に入りやすくなっています。しかし後になって、そんなはずじゃなっかったと後悔するオーナーさんも少なくありません。

アパートのオーナーは事業者になる 失敗するリスクも

不動産物件を所有し賃貸を行うならば、それは立派な不動産賃貸業、つまりは事業にあたります。ですから借りているアパートローンも住宅ローンではなく事業性ローンとみなされます。そして事業者ということは、決定や判断によって事業が成功することもあれば失敗してしまうこともあります。

アパートの空室が埋まらない時に行える事柄 家賃の見直し 高齢者・・

築年数も20年も超えれば、外見はきれいなマンションでも、その他の魅力があまりなければ敬遠されることも少なくないようです。ところでその一方で築年数がけっこうな年数でもほぼ満室状態を維持しているアパートマンションもあります。二極化とも言われますが、どのような違いが・・

アパートの老朽化のために解体が入居者退去の正当事由になり得るのか?

アパートの耐用年数も超えて、建築基準法にもそわなくなっている。さらに消防法上にも問題があるという場合は正当事由になるのでしょうか。このあたりの判断は難しいわけですが、これだけでは正当事由にあたる十分の根拠にはならないようです。これらの理由に加えてさらに・・・。

アパートを小規模ながらもエリアを分散して数棟持つことのメリット

あくまでも投資の視点からの見方ですがリスクを抑えるうえでは分散投資が望ましいといわれています。この原則をアパート経営にあてはめるならば、できるだけ物件はあちらこちらと分散して持ったほうが良いということになります。そうするならば1つのアパートが何らかの事情でダメになっても・・

アパートの建て替えのさいに入居者にすんなりと退去してもらうために行う事柄

アパートの建て替えのさいに、正当事由とするために抑えておく事柄ですが、その1つに入居者との交渉期間があります。交渉期間は最低でも6カ月は取ることが望ましいです。法的にもそういえます。さらに交渉はスムーズに進みそうな入居者から進めていくのも、すんなりと進めていくううえで・・

アパートの空室問題 アパートオーナーが行える対処法

空室が全国で20%を超え、そのうちに30%になるのではないかといわれています。空室が目立つようになれば、当然のこととして家賃収入が減ります。例え家賃保証のある一括借り上げであっても、周期的に行われるアパートオーナに支払われる賃料を決める協議において、賃料減額という憂き目に遭うことになるでしょう。