アパート事業とは一覧

アパート事業と言えば単純には、家賃収入によってやっていく事業のことです。しかし節税対策、金利、減価償却、按分など種々の事柄も絡んできます。そして銀行からアパートローンを借りるならば、毎月の銀行への返済にも注意しなければなりません。つまりは家賃収入に対して、銀行への毎月の返済、修繕や改修のために取り分けておく費用、固定資産税、保険、管理手数料、空室の場合の損失額を差し引いても十分な黒字を確保ができ、また黒字計上を継続できる十分な見込みがなければなりません。もしも赤字が継続的に続くならば、アパート経営について思いきった見直しが必要でしょう。

アパート経営 几帳面に収支を記録し計算できない人は向かない人

筆者の知人の事ですが仕事がうまいかなくなり、収入減で家賃が支払われなくなりました。そこで大家さんに、できる限りのことはするので、当面は敷金から家賃分を支払ってほしいとお願いし、そのような形で家賃を支払うことに。ところで、この大家さん、高齢女性でおおらかなところがいいのですが、几帳面とはいえない人でも

家賃の値上げの根拠 周辺相場や土地価格の上昇・・

新居に移り住んで、もうじき2年、新しい環境にも慣れ、現住居にも愛着を感じているころに、不動産管理会社から1通の手紙が届きます。賃貸契約更新のお知らせですが、もうじき2年になるんだと考えながら開封してみると、驚いたことに家賃が2000円値上げになっているではないですか。このような経験をされた方は少なくないと思います。

店舗付きマンションやらないほうが無難 入居事業者が見つからない

店舗付きマンション。満室時には問題がないのですが、空室になった場合、しかもその期間が長くなった場合、アパートオーナーにとって大変なことです。しかもそうした事柄は、しばしば生じます。大東建託パートナーズ管理のテナントでも生じえます。

アパート経営 リスクもあるなかで長期安定収入源になるためには

アパート経営は長期安定収入をもたらすと言われています。しかしそれとともに、様々なリスクもあります。最近はサブリースによるアパート経営が主流になりつつありますが、サブリース会社とアパートオーナーとのトラブルも少なくありません。ではどのような場合、長期安定収入のメリットを享受できるのでしょうか。