建物一覧

アパートオーナーであるためには建物の所有者でなければなりません。そしてアパートを所有するためには多額の費用がかかりますし、さらに維持管理をしていくためにも多額の費用がかかります。これらの費用は家賃収入で賄っていく必要があります。

賃貸住宅オーナーが必ず直面する高額の修繕費用 外壁 配管・・

アパートを建てて、晴れてアパートオーナーになると、今後は家賃収入を期待できるようになります。しかしお金が入ってくるばかりではありません。出るお金もあります。しかも半端ではありません。その出るお金でも大きな比率を占めるのが修繕費用です。その費用はかなりの高額に・・

アパートやマンションといった物件を知るうえで重要な書類

アパートやマンションの管理会社は、通常は「重要事項報告書」や「修繕履歴」そして「長期修繕計画書」といった資料を作成します。この「重要事項報告書」とは簡単に言えばそのアパートやマンションの管理に関しての説明書のようなものです。そして物件の状況を把握するうえで、これらの書類は・・

アパートのセキュリティに欠かせないオートロック 防犯カメラ

最近の新しいアパートやマンションは、ほとんどオートロックなどの設備が完備されています。その一方で、築年数が20年以上のアパートやマンションにおいては、オートロックになっていない物件が少なくありません。そしてオートロックでなければ、誰しもが自由に物件内に出入りすることができ、そのことを不安に思っている方・・

アパート法定耐用年数を超えたならば建て替え それとも・・

建物には法定耐用年数が定められています。木造の場合は22年。鉄筋鉄骨造りの場合は47年となっています。ところで法定耐用年数を超えたならば、建物が使用できなくなるということはありません。実際、法定耐用年数を超えても建物は使用できます。実際、戸建て住宅でも築年数が・・

アパート経営を始める 人気の市街地の地主が断然に有利

私の所有物件のある周辺エリアにおいて賃貸アパートやマンションは多々あります。しかし通勤圏にある市街地のエリアなので、土地価格はとても高いので、一個人が土地を買ってアパートを建てるということは、ほとんど難しいようです。ですからこのエリアの賃貸住宅オーナーはほとんどが、もともとの地主さんで

土地の価値は需要で決まる 広大過ぎる土地は低く評価されることも

面大減価という不動産用語がありますが、その意味するところは、一般的に面積の大きな土地は、その地域の標準的な規模の土地に比べて土地の単価は低くなる傾向が見られるという意味です。その理由は、あまりにも広大な土地は、個人で買われることがなく、買い手はほとんどが事業者・・

アパートの評価額を割り出す方法の1つ 収益還元法

アパートオーナーにとってアパートの評価額は重要な関心事です。ところで、建物、とりわけアパートなどの収益物件の評価額を算出するための方法として、収益還元法というものがあります。この収益還元法の計算方法は単純明快ですぐに算出することができますが、問題点もあります。

農地にアパートを建てるためには農業委員会の許可が必要

田舎暮らしをしている場合、多くは居住するための家と田んぼや畑を所有している場合があります。そしてだんだんと年を取り畑仕事がつらくなると、農地として使っていた土地が、放置状態になってしまいます。となるともはや荒れ放題の農地を売却することを検討することになるかもしれませんが・・

アパートの人気がないユニットバス 温水洗浄便座にして改善

今の時代でもホテルのお部屋は、ユニットバスになっているお部屋が多いです。ユニットバス、つまりはトイレとバスそして洗面所が一体となったものです。ところでホテルの場合は短期滞在なので、それはそれで良いのかもしれません。しかしそれが賃貸住宅のお部屋となると、ユニットバスのお部屋は敬遠されます。

アパートの大規模修繕工事 管理会社に任せっきりだと高くつく場合がある

アパートオーナーにとって気がかりな事柄の1つは10年~20年に1度は行う大規模修繕工事ですが、そのための費用がどれぐらいかかるかということが気になるところです。あるオーナーの話では「○○建設で大規模修繕工事を行ったら、すごく高ったといった」話を聞きます。そして管理会社に任せっきりにすると・・