建物一覧

アパートオーナーであるためには建物の所有者でなければなりません。そしてアパートを所有するためには多額の費用がかかりますし、さらに維持管理をしていくためにも多額の費用がかかります。これらの費用は家賃収入で賄っていく必要があります。

アパートを建てられないエリア 市街化調整区 工業専用地域

土地所有者にとって、土地を更地のままに持っていてもほとんどなんの利益もありません。さらに更地であっても固定資産税はかかります。しかもさらに悪いことに更地のままにすると固定資産税が最大6倍もする場合もあるのです。なので土地活用ということでアパートを建てようとしても・・

アパートの管理費 どのように使われている?妥当な負担?

通常は、多くのアパートやマンションで家賃とは別に管理費が求められます。例えば相場的には単身者向けの賃貸住宅では、2000円~4000円ぐらいです。そしてエレベーターがついているならば5000円~7000円ぐらいです。そしてファミリータイプになると管理費はもっと高くなります。

アパートにとって部屋の広さは重要 国交省も基準を定めている

当然のことといえば当然のことですが、部屋が広くなれば、それなりに家賃も高くなっていきます。部屋が広く、それなりの設備が整っているならば、1人暮らし向きの部屋でも家賃は5万円台、6万円台と上がっていきます。そして国土交通省も部屋の広さについての基準を定めています。

タワーマンションや高層マンションのデメリット 防水に費用が・・

アパートオーナーとは世界も次元も違うものにタワーマンションがあります。なぜか世間ではタワーマンションに住むことが憧れのようになっています。しかもタワーマンション、モノによればアパート1棟と同じぐらいの価格がする高価なものもあります。しかしタワーマンションには様々なデメリットも・・

マンションの大規模修繕工事は回を重ねるたびに高くなっていく

一般的にはマンションの場合、大規模改修工事は10年~15年に1度行います。そのさい1回目の大規模改修工事の費用が2000万円程度で済んだとしても2回目、3回目の大規模改修工事費用が1回目と同じ2000万円程度か、というと実はそうではなく多くの場合、もっと高くなることがあります。

アパートやマンションの建設費用 平米あたりのおおよその単価

アパートを建てるさいしては多額の費用がかかります。正確な数字は住宅メーカーや建築会社が算出する見積もりを待つしかないのですが、その前に概ねの目安金額を算出することができます。そうするならば業者の見積もりが妥当なものかどうか、不当に高く請求されていないかどうかを見極める助けにもなるかもしれません。

アパートオーナーにとって重要な土地の価格 基準地価 公示地価・・

アパートオーナーにとって土地の価格は重要な事柄です。というのも多くの事柄が土地の価格によって決まることがあるからです。例えばオーナーにとって負担の重い固定資産税ですが、固定資産税は土地の価格によって決まります。また相続税も土地価格(相続税路線価)によって決まります。

アパートのリノベーションのためにどれくらいの費用を取り分けたらよいか

最近リノベーションという言葉をよく耳にするようになっていないでしょうか。リノベーション、リフォームと同じようなものだと思われるかもしれません。しかし厳密には、リノベーションとリフォームとは異なります。リフォームが原状回復を行うのに対してリノベーションは性能や価値を高めることを・・

アパートになかなか入居者が決まらない 原因は人気のないユニットバスかも

同じ周辺エリアにおいても、あるアパートはほぼ満室状態を維持しているのに、あるアパートの入居率は50%前後といったことが生じることがあります。そうなると空室だらけのアパートとなると相場家賃よりも下げなければならないでしょう。どうしてこのような差が生じるのでしょうか。

マンションの大規模修繕工事 設計管理方式 責任施工方式どちらが良いか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つに分けることができます。それは設計管理方式か責任施工方式かです。