建物一覧

アパートオーナーであるためには建物の所有者でなければなりません。そしてアパートを所有するためには多額の費用がかかりますし、さらに維持管理をしていくためにも多額の費用がかかります。これらの費用は家賃収入で賄っていく必要があります。

アパートになかなか入居者が決まらない 原因は人気のないユニットバスかも

同じ周辺エリアにおいても、あるアパートはほぼ満室状態を維持しているのに、あるアパートの入居率は50%前後といったことが生じることがあります。そうなると空室だらけのアパートとなると相場家賃よりも下げなければならないでしょう。どうしてこのような差が生じるのでしょうか。

マンションの大規模修繕工事 設計管理方式 責任施工方式どちらが良いか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つに分けることができます。それは設計管理方式か責任施工方式かです。

アパートの駐車場設置 機械式となるとかかる費用が悩ましい

都心部の狭いスペースの賃貸アパートやマンションの場合、機械式駐車場を設置することがありおます。しかし機械式駐車場の設置には問題点もあります。というのも「機械式」ということは設備でもあるのです。設備であるということには維持していくためのコストがかかるということになります。

アパートと戸建て住宅の違い 消防検査 遮音性・・

半年に1度行われる消防用設備点検ですが行われるのはあくまでも集合住宅のみで、戸建住宅で行われることはありません。なぜそのような違いが生じるのでしょうか。それはアパートなどの集合住宅は建築基準法では「特殊建築物」になるからです。学校、劇場、旅館、病院、デパートなども「特殊建築物」に分類されています。

アパートの退去の時に賃借人の責任で行う原状回復の部分とは

退去後の原状回復の費用で賃借人がもたなければならない部分がありますが、問題になるのが一体どこまでが賃借人の負担になる原状回復になるのか、どこからが大家の負担になる改修工事にあたるのかというてんです。 このてんでよくもめることがあるようです。このてんでのガイドラインがあります。

マンションの大規模修繕 大手の業者でなければ安心できない?

大規模修繕工事の公募条件で小中堅業者を最初から排除してしまっている場合があります。そのようになってしまう理由の1つは、大規模修繕工事の後に瑕疵が発覚したさいに、大手ならば倒産することもなく十分に対応してくれるだろうという考えがあるからです。しかし実際のところ・・。

マンションの大規模修繕工事のさいのコンサルタントとは

マンションの大規模改修工事の場合のコンサルタントとは、工事全般を取り仕切る会社のことです。とくに区分所有者の多い大規模マンションの改修工事のさいに、コンサルタントに任せることが多いようです。といのも大規模なマンションの場合は高額のコンサルタント料を支払っても、元が取れるからです。

ステータスのためにタワマン購入 しかし維持管理が大変

ステータスをアピールする手段として最近ではタワーマンションがあります。タワーマンションの区分所有者=社会で成功している人間、つまりはステータスをアピールできる手段になっています。しかし最近の風水害によって、本当にタワーマンションに住むだけの価値があるのだろうかという疑問が生じています。

アパートやマンションの物件調査を行うさいに必要なツール

アパートやマンションの物件調査を行うのは重要です。もしも不良物件を所有してしまうならば大変だからです。それで物件調査が必要なツールとしては、メジャー、懐中電灯、双眼鏡、水平器などがあります。また不良物件をどのようにして見分けるかを知っていることもとても重要です。

マンションは60年超使えるといっても30年を超えると・・

RC造り(鉄筋コンクリート)のマンションは、メンテナンスが行われているならば、60年超は持ちこたえられるといいます。この長さは木造の建物よりも、はるかに長く持ちこたえられるということです。しかしRC造りの弱点は、間取りの変更などの改修工事が容易でないこと、解体費用も高額になる・・