管理会社 管理人一覧

アパートオーナーにとって管理会社は重要なパートナーです。管理会社の能力によって入居率が左右されることもありますし、修繕工事等のコストパフォーマンスにも影響が及びます。もちろん管理会社はアパートオーナーの一存で替えることができますし、実際のところ頻繁に替えているオーナーさんもおられます。

積和不動産が積水ハウス不動産に商号変更になっていた

積水ハウスのグループ会社、積和不動産が商号を変更しました。新しい商号は積水ハウス不動産○○になりますが、大東建託パートナーズやレオパレス21パートナーズのように、積水ハウスパートナーズにはしなかったようですが・・。さらにMASTからシャーメゾンを強調するようにも・・

アパートの管理会社 物件ごとに管理会社を変えることのメリット

有力な賃貸住宅会社にアパートを建ててもらい管理してもらうようになると、それに満足していると、再び同じ会社から2棟目のアパートの建設を提案されることがあります。その事を繰り返して、2棟、3棟とアパートを建てて、しかも同じ管理会社に管理してもらっているということは珍しくありません。しかし・・

マンション管理会社の提案に疑問が生じる場合どのように対処できる

賃貸住宅の場合はアパートマンションオーナーの一存で建物にかかわる事柄が決定されます。多くの場合、建物のオーナーと管理会社の意向にしたがって大規模修繕工事など建物にかかわる事柄が行われていきます。一方で分譲マンションのオーナーは住民さんが区分所有者です。そして区分所有者を代表する管理組合が・・

マンション暮らし 区分所有のために難しい状況が生じることも

住宅ローン減税などで後押ししてか、この数十年のうちに、多くの方が分譲マンションを購入し、マンション暮らしをするようになりました。私の知り合いの多くも、昔は賃貸アパートやマンション、賃貸戸建住宅に住んでいたのが、マンションを購入し、マンション暮らしを行っています。

アパートオーナーにとって管理会社の選択はとても重要

アパートオーナーが、所有アパートの管理をし、入居者募集もオーナー自ら行うということは、ほとんど見られなくなりました。とくに競合物件の多い、市街地においては、アパートオーナー独自で入居者募集を行うことには限界があるように思われます。そこで重要になってくるのは、入居斡旋や物件の管理を行ってくれる管理会社を選ぶこと

アパートやマンションといった集合住宅には管理規約がある

アパートやマンションとなると、集合住宅なので、建物全体をまとめるルールのようなものが必要となります。管理規約や使用細則というものですが、これはマンション生活におけるルールブックのようなものです。例えば、民泊は禁止とか、ペット飼育は許可されていても、飼育の仕方についてルールが定めれれている場合があります。

アパートの管理会社の質を見極める 集合ポスト ゴミ集積場・・

集合住宅によっては廊下がとても汚れていたり、階段部分が破損しているような物件もあります。さらに必要な清掃や修繕が行われないままに放置されているような物件もあります。一応、管理会社による、管理が行われているようですが、この管理会社は、一体何をやっているんだと考えてしまうことがあります。

アパート経営において管理会社が重要な理由 苦情対策 法的な点検等

入居者によるクレーム、あるいは執拗なクレームというのは生じ得る事柄です。悪質ともいえるクレーマーになると、多額の慰謝料や損害賠償を請求してくるかもしれません。しかし多くの場合、管理会社がクレーム対応にあたってくれます。なので問題の対処には管理会社に一任するほうが賢明です。

アパートの管理費 どのように使われている?妥当な負担?

通常は、多くのアパートやマンションで家賃とは別に管理費が求められます。例えば相場的には単身者向けの賃貸住宅では、2000円~4000円ぐらいです。そしてエレベーターがついているならば5000円~7000円ぐらいです。そしてファミリータイプになると管理費はもっと高くなります。

アパートの入居率 資金力のある大手が管理する物件が有利なのはなぜ?

大東建託、積水ハウス、大和ハウス工業、賃貸住宅のビッグスリーともいえる大手ですが、3社とも入居率は90%以上を維持しているようです。とくに市街地などの賃貸住宅競合エリアにおいては、この3社の管理物件が入居者確保で競っていますので、それ以外の管理会社物件は大変だと思います。