管理会社 管理人一覧

アパートオーナーにとって管理会社は重要なパートナーです。管理会社の能力によって入居率が左右されることもありますし、修繕工事等のコストパフォーマンスにも影響が及びます。もちろん管理会社はアパートオーナーの一存で替えることができますし、実際のところ頻繁に替えているオーナーさんもおられます。

アパートの入居率 資金力のある大手が管理する物件が有利なのはなぜ?

大東建託、積水ハウス、大和ハウス工業、賃貸住宅のビッグスリーともいえる大手ですが、3社とも入居率は90%以上を維持しているようです。とくに市街地などの賃貸住宅競合エリアにおいては、この3社の管理物件が入居者確保で競っていますので、それ以外の管理会社物件は大変だと思います。

マンションの管理会社に修繕の積立金の蓄えがどれだけあるかを知らせない

マンションの管理会社といっても所詮は営利目的の会社で、収益を得るために動きます。そこで修繕積立金がどれだけ集まっているかを管理会社が知ることができるならば、そのマンションの修繕計画を立てるさいに、あるお金をすべて使い尽くすのような仕方で計画を立てる場合があります。

アパートのオーナーが建物清掃などを行っていることも少なくない

最近では、ほとんどの物件において管理会社による管理が行われていますが、それでも意外と多くのオーナーさんやその家族が、自物件の清掃や物件周囲に花を植えたり水やりをしたりしています。というか管理会社の建物清掃だけでは不十分に感じることもあるようです。さらに建物周辺に花を植えたり・・

マンションの管理人はマンションの裏事情を知っている

物件を選ぶさいには平時には気づかない事柄も、できるだけ知ることは重要です。このてんで管理人のいるアパートやマンションの場合は、管理人だからこそ知り得る事柄を教えてもらうことができます。さらに賃貸住宅において、オーナーさんも住んでいる場合は、オーナーさんが、その集合住宅の事情に通じていることもあります。

管理会社の言いなりにならないために管理組合が行えること

管理会社の提案に疑問を持つ確かな根拠があるのならば、そのことをきちんとした文章にして、マンションのすべての区分所有者たちのポストにその文章をポスティングして、その事実を知らせることができます。文章の内容が自分たちの資産や修繕積立金等にかかわることなので反響を呼び、管理会社の提案が却下されることがあるようです。

アパートのオーナー経営でどうしても管理会社が必要な理由

入居者の斡旋のために行う事柄すべてには、時間と手間とお金がかかります。こうした仕事を管理会社はアパートオーナーに代わって行ってくれているのです。よほどの経験とスキルがなければアパートオーナーがこれらの業務をこなすのは容易ではないでしょう。なので手数料を支払ってでも管理会社に管理を任せるのが無難といえるでしょう。

管理会社よりもアパートオーナーのほうが近隣事情に通じている 

賃貸住宅の場合、管理会社が賃貸住宅の家賃や修繕などを決めていきます。しかし募集家賃を決める場合にしてもアパートオーナーの意見を聞くこともなく一方的に決められてしまうことが多くあります。場合によればアパートの近隣エリアの事情にアパートオーナーが通じていることもあり、管理会社よりもアパートオーナーのほうが・・。

アパートの入居者からの苦情 どのように対処できるか

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、どうしても配慮の欠いた入居者についての苦情がでるものです。特に多いのが騒音についてです。このような場合、どのように対処できるのでしょうか。対処の仕方を間違えると厄介な事柄へと発展してしまうこともあります。

マンションを知るうえで重要な重要事項報告書と長期修繕計画書

マンションを知るうえで重要な書類があります。それは重要事項報告書と長期修繕計画書、そして修繕履歴です。特に重要なのが重要事項報告書と長期修繕計画書です。そして修繕履歴からも物件について多くを知ることができます。とくに施工不良問題が取り沙汰されている昨今、修繕履歴を見ることによって・・

アパートやマンションの掲示板によって住宅についての重要な情報を見極める

アパートやマンションの状態を知るうえで、参考となるのは目立つ場所に設置されている掲示板に書かれている事柄です。掲示板には管理会社や管理組合からの連絡事項が掲示されていますが、そこから建物内で何が生じているかを知ることができますし、騒音の問題や施工上の問題が生じていることなども・・。