大規模修繕工事一覧

多くの場合、10年~20年に1度は大規模修繕工事を行います。そうすることによって建物の劣化を抑えるわけですが。しかしそのためには多額の費用がかかります。建物の規模にもよりますが、百万円単位ないしは千万円単位の費用がかかります。なかには、この機会に設計コンサルタントや建設業者などから、ぼったくられるケースもあるようです。ですから良識のある業者に行ってもらうことは重要です。さらにぼったくられたと思える時に、相談する窓口が国土交通省にもあるようですし、国民生活センターに相談することもできます。

大規模修繕工事の設計監理方式(コンサルタント)のメリット

アパートマンションの大規模修繕工事を行うさいに設計管理方式、つまりはコンサルタント会社にお任せする方式が、多くの場合に採られています。そうすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。もちろんそのような場合にはコンサルタント会社にコンサルタント料を支払わなければ・・

修繕積立金の目安とは 国土交通省のガイドラインでは・・

アパートマンションは周期的にメンテナスや修繕が必要となります。分譲マンションではそのための費用を区分所有者たちから修繕積立金という形で集めていますが、その費用の目安はどれぐらいになるのでしょうか。このてんで国土交通省はガイドラインを示していますが、それによると・・

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供しています。家賃収入から5~8%程度が引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

修繕積立金 10000円以下だと要注意 将来の値上げや一時金の可能性が

分譲マンションを買うと、その物件のオーナーになります。例え小さなマンションの1戸でも、タワーマンションの1戸でもオーナーはオーナーです。正確には区分所有者になります。そして区分所有者も、自己物件の修繕費用については自己で負担していかなければなりません。そしてマンションの共有部分も区分所有者全員で費用を負担・・

賃貸住宅オーナーが必ず直面する高額の修繕費用 外壁 配管・・

アパートを建てて、晴れてアパートオーナーになると、今後は家賃収入を期待できるようになります。しかしお金が入ってくるばかりではありません。出るお金もあります。しかも半端ではありません。その出るお金でも大きな比率を占めるのが修繕費用です。その費用はかなりの高額に・・

マンションの大規模修繕工事は回を重ねるたびに高くなっていく

一般的にはマンションの場合、大規模改修工事は10年~15年に1度行います。そのさい1回目の大規模改修工事の費用が2000万円程度で済んだとしても2回目、3回目の大規模改修工事費用が1回目と同じ2000万円程度か、というと実はそうではなく多くの場合、もっと高くなることがあります。