大規模修繕工事一覧

多くの場合、10年~20年に1度は大規模修繕工事を行います。そうすることによって建物の劣化を抑えるわけですが。しかしそのためには多額の費用がかかります。建物の規模にもよりますが、百万円単位ないしは千万円単位の費用がかかります。なかには、この機会に設計コンサルタントや建設業者などから、ぼったくられるケースもあるようです。ですから良識のある業者に行ってもらうことは重要です。さらにぼったくられたと思える時に、相談する窓口が国土交通省にもあるようですし、国民生活センターに相談することもできます。

設計管理方式のメリットは?コンサルタントの選択には注意も必要

通常であるならば、アパートマンションの多くが10年~15年の間に大規模修繕工事を行います。そのさいに世帯数の多いマンションの場合は、多くの場合、設計監理方式でこの大規模なプロジェクトを行うことでしょう。この設計監理方式について株式会社あんしん保証のサイトの「設計監理方式とは? マンション大規模修繕工事の3つの発注方式

建物は経年とともに修繕費用も高くなっていく傾向がある?

どんなものでも品物はメンテナスをしなければどんどん劣化していきます。例えば、最近ビジネスの世界でも活躍しているiPadなどのタブレットですが、使用頻度とともに劣化していきます。もちろん最初の1年間は保証期間内なので、修繕費用は無償で済むかもしれませんが、保証期間が過ぎてからの修繕費用は有償となり、使用頻度が多く

アパートオーナーにとって頭の痛い修繕費用 外壁 配管・・

アパートを建てて、晴れてアパートオーナーになると、今後は家賃収入を期待できるようになります。しかしお金が入ってくるばかりではありません。出るお金もあります。しかも半端ではありません。その出るお金でも大きな比率を占めるのが修繕費用です。どうしてもアパートも経年とともに劣化していきますので、修繕は必ず行わなければならない

マンションの大規模修繕工事 設計管理方式 責任施工方式どちらが良いか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つに分けることができます。それは設計管理方式か責任施工方式かです。

修繕のために使えるお金がどれくらいあるかを管理会社に知らせない

アパートマンションオーナーであっても、分譲マンションの区分所有者であっても、建物の資産価値を保つために修繕のための費用を積み立てておく必要があります。このてんでは双方ともに共通しているといえます。一方で修繕のための積立金をどこに預けているかとなると事情は異なってきます。

マンションの大規模修繕工事のさいのコンサルタントとは

マンションの大規模改修工事の場合のコンサルタントとは、工事全般を取り仕切る会社のことです。とくに区分所有者の多い大規模マンションの改修工事のさいに、コンサルタントに任せることが多いようです。といのも大規模なマンションの場合は高額のコンサルタント料を支払っても、元が取れるからです。

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供してる場合があります。その仕組みは家賃収入から5~8%程度が修繕費用として引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

マンションの大規模修繕の履歴が重要なのはなぜか?

筆者の賃貸住宅所有物件は、大東建託パートナーズに管理してもらっていますが、築10年を過ぎたころに、大東建託パートナーズのスタッフが数回程度、筆者の物件を調査しにきていました。オーナーの私には、調査しにいきますとの連絡はありませんでしたが、ある時に、筆者の所有物件で何かをしている人を見かけたので、近づいてみたところ

大規模修繕のための積立金 積極的に運用すべきか?

大規模修繕工事はアパートにしてもマンションにしても一大イベントで、分譲マンションの管理組合はそのために存在意義があるといっても過言ではありません。そしてそのためには巨額の費用がかかるために、修繕積立金などで資金を集めていきますが、そのお金はマンションの規模にもよりますが、かなりの額に・・