大規模修繕工事一覧

多くの場合、10年~20年に1度は大規模修繕工事を行います。そうすることによって建物の劣化を抑えるわけですが。しかしそのためには多額の費用がかかります。建物の規模にもよりますが、百万円単位ないしは千万円単位の費用がかかります。なかには、この機会に設計コンサルタントや建設業者などから、ぼったくられるケースもあるようです。ですから良識のある業者に行ってもらうことは重要です。さらにぼったくられたと思える時に、相談する窓口が国土交通省にもあるようですし、国民生活センターに相談することもできます。

ステータスのためにタワーマンション買うことのリスク

乗り物では、JRなどで等級があります。例えば普通車に対してグリーン車、新幹線ではグランクラスがあります。航空機では、エコノミーに対してビジネスクラス、ファーストクラスがあります。これらの等級の違いは、なんといっても利用する価格です。普通車よりもグリーン車、グリーン車よりもグランクラスの料金は高くなります。

大規模修繕工事のさいのぼったくり どうすれば防げるか?

どこの業界でも是正しなければならない悪習、ないしはあやしい商習慣というものがあります。とりわけ不動産・建設業界にはそのような悪習というてんで、他の業界よりも多くあるのではないかと囁かれています。この建設業界の悪習でクローズアップされてきたのは、大規模修繕工事にまつわる事柄です。

大規模修繕工事においての建設コンサルタントのメリットとは?

マンション等の大規模改修工事の場合のコンサルタントとは、工事全般を取り仕切る会社といってもよいでしょう。とくに区分所有者の多い大規模マンションの改修工事のさいに、コンサルタントに任せることが多いようです。というのも区分所有者が多いために意見集約が困難、さらには規模が大きいためにコストダウンの余地もあり

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供してる場合があります。その仕組みは家賃収入から5~8%程度が修繕費用として引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

マンション修繕積立金1万円以下だと将来の値上げや一時金の可能性が

分譲マンションを買うと、その物件のオーナーになります。例え小さなマンションの1戸でも、タワーマンションの1戸でもオーナーはオーナーです。正確には区分所有者になります。そして区分所有者も、自己物件の修繕費用については自己で負担していかなければなりません。そしてマンションの共有部分も区分所有者全員で費用を負担・・

賃貸住宅経営にかかる修繕費用 どれくらいが必要か?

アパートを建てて、晴れてアパートオーナーになると、今後は家賃収入を期待できるようになります。しかしお金が入ってくるばかりではありません。出るお金もあります。しかも半端ではありません。その出るお金でも大きな比率を占めるのが修繕費用です。どうしてもアパートも経年とともに劣化していきますので、修繕は必ず行わなければならない

大規模修繕工事 設計監理方式と責任施工方式 どちらを選ぶ?

通常であるならば、アパートマンションの多くが10年~15年の間に大規模修繕工事を行います。そのさいに世帯数の多いマンションの場合は、多くの場合、設計監理方式でこの大規模なプロジェクトを行うことでしょう。この設計監理方式について株式会社あんしん保証のサイトの

大規模修繕工事 どうすれば不正が入り込むのを防ぐことができるか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つないしは3つに分けることができます。その1つは設計監理方式で

修繕積立金の目安とは 国土交通省のガイドラインでは・・

アパートマンションは周期的にメンテナスや修繕が必要となります。分譲マンションではそのための費用を区分所有者たちから修繕積立金という形で集めていますが、その費用の目安はどれぐらいになるのでしょうか。このてんで国土交通省はガイドラインを示していますが、それによると・・