大規模修繕工事一覧

多くの場合、10年~20年に1度は大規模修繕工事を行います。そうすることによって建物の劣化を抑えるわけですが。しかしそのためには多額の費用がかかります。建物の規模にもよりますが、百万円単位ないしは千万円単位の費用がかかります。なかには、この機会に設計コンサルタントや建設業者などから、ぼったくられるケースもあるようです。ですから良識のある業者に行ってもらうことは重要です。さらにぼったくられたと思える時に、相談する窓口が国土交通省にもあるようですし、国民生活センターに相談することもできます。

賃貸住宅オーナーが必ず直面する高額の修繕費用 外壁 配管・・

アパートを建てて、晴れてアパートオーナーになると、今後は家賃収入を期待できるようになります。しかしお金が入ってくるばかりではありません。出るお金もあります。しかも半端ではありません。その出るお金でも大きな比率を占めるのが修繕費用です。その費用はかなりの高額に・・

アパートの大規模修繕工事 管理会社に任せっきりだと高くつく場合がある

アパートオーナーにとって気がかりな事柄の1つは10年~20年に1度は行う大規模修繕工事ですが、そのための費用がどれぐらいかかるかということが気になるところです。あるオーナーの話では「○○建設で大規模修繕工事を行ったら、すごく高ったといった」話を聞きます。そして管理会社に任せっきりにすると・・

マンションの大規模修繕工事は回を重ねるたびに高くなっていく

一般的にはマンションの場合、大規模改修工事は10年~15年に1度行います。そのさい1回目の大規模改修工事の費用が2000万円程度で済んだとしても2回目、3回目の大規模改修工事費用が1回目と同じ2000万円程度か、というと実はそうではなく多くの場合、もっと高くなることがあります。

マンションの大規模修繕工事 設計管理方式 責任施工方式どちらが良いか

アパートマンションは10年~20年に1度は大規模修繕工事を行うことになります。この大規模修繕工事、マンションにとっては時間も費用もかかる大きなイベントともいえるでしょう。そしてこの工事を行う方式は大きく分けて2つに分けることができます。それは設計管理方式か責任施工方式かです。

マンションの大規模修繕 大手の業者でなければ安心できない?

大規模修繕工事の公募条件で小中堅業者を最初から排除してしまっている場合があります。そのようになってしまう理由の1つは、大規模修繕工事の後に瑕疵が発覚したさいに、大手ならば倒産することもなく十分に対応してくれるだろうという考えがあるからです。しかし実際のところ・・。

マンションの大規模修繕工事のさいのコンサルタントとは

マンションの大規模改修工事の場合のコンサルタントとは、工事全般を取り仕切る会社のことです。とくに区分所有者の多い大規模マンションの改修工事のさいに、コンサルタントに任せることが多いようです。といのも大規模なマンションの場合は高額のコンサルタント料を支払っても、元が取れるからです。

大規模修繕のための積立金 積極的に運用すべきか?

大規模修繕工事はアパートにしてもマンションにしても一大イベントで、分譲マンションの管理組合はそのために存在意義があるといっても過言ではありません。そしてそのためには巨額の費用がかかるために、修繕積立金などで資金を集めていきますが、そのお金はマンションの規模にもよりますが、かなりの額に・・