一括借り上げ一覧

一括借り上げ。サブリース契約とも言われますが、メリットはなんといっても空室が生じても、これまでと変わらない賃料がオーナーに支払われることです。しかし周期的に賃料改定が行われ支払われる賃料が減額されていくこともしばしば生じ得ます。

サブリース会社によって家賃は一方的に決められる オーナーは注視する必要が

家賃は、アパートオーナーにとって重要な事柄ですが、家賃は一括借り上げの場合は、サブリース会社によって、一方的に決められてしまいます。空室が目立つようになるとサブリース会社は家賃を相場家賃よりもかなり下げて空室を埋めようとすることがありますので、アパートオーナーは常に募集家賃を注視する必要があります。

管理会社よりもアパートオーナーのほうが近隣事情に通じている 

賃貸住宅の場合、管理会社が賃貸住宅の家賃や修繕などを決めていきます。しかし募集家賃を決める場合にしてもアパートオーナーの意見を聞くこともなく一方的に決められてしまうことが多くあります。場合によればアパートの近隣エリアの事情にアパートオーナーが通じていることもあり、管理会社よりもアパートオーナーのほうが・・。

サブリースというビジネスモデルが揺らぎ始めている?

最近は賃貸住宅経営といえばサブリースによって行われているケースが多くなっています。しかし2018年以降、サブリーストラブルが増えており、サブリースというビジネスモデルそのものに疑問府も打たれるようになってきました。

サブリースの受け皿 日本管理センター?

サブリースでアパート経営をしていると、管理会社を替えるのは容易ではありません。しかしどうしても変えたい場合に受け皿となるサブリース会社があります。それは日本管理センターという会社ですが、急成長しており管理戸数でも7番目に多い会社になっています。

まるで悪者扱いの一括借り上げ しかし事実は・・。

2019年に発生したレオパレス騒動を、きっかけにレオパレス21が行ってきたサブリース、つまりは一括借り上げによるアパート経営が悪者扱いされています。たしかにデメリットがあるのは事実ですが、しかし本当はオーナーにするとありがたい方式なのですが・・。