アパートローン一覧

アパートオーナーの多くが、アパートローンを借りているものと思われます。そしてアパートローン残高があると相続税対策になるというメリットがある反面、毎月の返済に追われることになります。もちろん事業とはこういうものだと割り切ることも必要ですが。実際にはアパートローンを借りても、毎月の銀行への返済額が家賃収入の50%未満であるなら、まずまずのアパート経営を行えていると言えるかもしれません。その一方で、毎月の返済額が家賃収入の50%超であるならば、なんらかの改善策を講じる必要があることでしょう。

オーナー査定のために銀行員が訪問?  すべきこと すべきでないこと!!

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要です。というもの多くの場合、アパートオーナーになる時に銀行から資金を借りてオーナー業を行うようになるからです。しかも融資のための審査を通過してお金を借りれるようになっても、その後も資金が必要になる時があるかもしれません。

日本政策金融公庫とアパートローン 善良な国民であるならば貸してくれる?

アパートローンを借りようとしても、都市銀行や地方銀行からも断られてしまうとします。ノンバンクなどの審査が緩い機関から借りることはできるかもしれませんが、金利が高いのがネックとなります。このような場合、もはや手段がないのでしょうか。実のところはそうではありません。

施工不良とブランドダメージを受けた物件オーナーの問題

レオパレス21の施工不良問題で、先行きへの不安が増しているのはアパートオーナーです。とりわけアパートオーナー1人あたりの平均で1億円のローンの返済が今後もきちんと返済していけるのかの懸念が生じてきています。しかもレオパレスの名のついた物件への一般社会の不安から・・

アパートローンの申込が断られる・・金融庁も厳格化要求?

筆者の父がアパート経営を始めるために、ある都市銀行からアパートローンをひこうとして申込んだのですが、申込みの段階で断られてしまいました。しかしそれから数年以上たってから、同じ都市銀行に借り換えで申込んだ時は、承認が得られて融資を受けるこができました。それにしても申込の時期やタイミングが悪ければ

信用保証協会付き融資でアパート経営!!手数料は安くないですが・・

アパートオーナーになるためのアパートを建てる時には、資金が必要になります。多くの場合は、銀行からアパートローンをひいて行うわけですが、返済実績がない初期のころは、銀行もなかなか貸してくれないといったことがあります。その時に頼りになるのが、信用保証協会です。信用保証協会は・・

賃貸住宅経営 適切なアパートローンの返済期間とは?

多くのアパートオーナーさんが、アパートローンを利用していると思いますが、返済期間はどれぐらいが適当なのでしょうか。今の時代、よほどの事がないかぎり、家賃の値上げを期待できず、どちらかといえば築年数とともに、家賃が下落していくので返済期間が長引くとアパート経営が苦しくなるでしょう。

ローンの借り換えには高額な費用がかかる 全銀協の借り換えシュミレーション 

アパートローンを借り始めたころは、返済実績がないので、金利が比較的に高い金融機関しでしか、借りることができないかもしれません。その後、金利交渉を行っても、思うほど金利を下げてもらえずに金利負担が高いことがアパート経営のネックになることもあります。そのようななか金利を下げる方法があります。

都市銀行からアパートローンを借りるのが困難な理由

金利が低く、サービスも多様化している都市銀行からアパートローンを借りることができればベストですが、しかし借りるためのハードルは高く容易いではありません。例えば融資条件に、1000万円以上の自己資金がなければならないとか、息子などの後継者が安定収入のある会社員等・・

銀行のアパートローンの借り換えには数百万円の費用が しかし長期的には・・

アパートローンは借り換えによって、ローン金利を下げることはできますが、借り換え費用というのが、相当かかります。 それならば借り換えをしないほうが、無難と考えてしまうかもしれませんが、中長期的に見れば借り換えをするほうが良いということになる場合のほうが多いようです。

銀行からアパートローンを借りる 自己資金はどれくらい必要か

自己資金が2億円も3億円も持っている資産家ならばアパート1棟を建てて、アパート経営を始めるとしても、銀行からアパートローンを借りる必要はないでしょう。自己資金で十分にアパート1棟を建てることができます。しかし自己資金をキャッシュで数億円も所有している方は多くはいません。ほとんどの場合は土地所有者で相続税対策のために