アパートローン一覧

アパートオーナーの多くが、アパートローンを借りているものと思われます。そしてアパートローン残高があると相続税対策になるというメリットがある反面、毎月の返済に追われることになります。もちろん事業とはこういうものだと割り切ることも必要ですが。実際にはアパートローンを借りても、毎月の銀行への返済額が家賃収入の50%未満であるなら、まずまずのアパート経営を行えていると言えるかもしれません。その一方で、毎月の返済額が家賃収入の50%超であるならば、なんらかの改善策を講じる必要があることでしょう。

厳しくなってきた個人のアパート事業 朗報もありますが・・

スルガ銀行のずさんな不動産担保融資、シェアハウスかぼちゃの馬車運営会社の破綻、レオパレス21の施工不良と不動産を取り巻く環境は悪化していると言われています。では具体的にはどのようにアパート事業の経営が厳しくなっているのでしょうか。

フラット35悪用問題 どこまで拡がる?

2019年5月4日に朝日新聞の一面でフラット35悪用の記事が掲載されてから、この問題が拡がりを見せています。その後、朝日新聞以外の大手メディアも取り上げるようになっていますが、どれぐらいのケースでそのような悪用が行われていたのか注視する必要がありそうです。