アパートローン一覧

アパートオーナーの多くが、アパートローンを借りているものと思われます。そしてアパートローン残高があると相続税対策になるというメリットがある反面、毎月の返済に追われることになります。もちろん事業とはこういうものだと割り切ることも必要ですが。実際にはアパートローンを借りても、毎月の銀行への返済額が家賃収入の50%未満であるなら、まずまずのアパート経営を行えていると言えるかもしれません。その一方で、毎月の返済額が家賃収入の50%超であるならば、なんらかの改善策を講じる必要があることでしょう。

アパートのローンの返済期間 木造ならば短い期間したほうが良い?

多くのアパートオーナーさんが、アパートローンを利用していると思いますが、返済期間はどれぐらいが適当なのでしょうか。今の時代、よほどの事がないかぎり、家賃の値上げを期待できず、どちらかといえば築年数とともに、家賃が下落していくので返済期間が長引くとアパート経営が苦しくなるでしょう。

アパートローン審査が厳しくなったと言っても貸してくれないわけでもない

この数年、アパートローンの銀行の審査が厳しくなってきたと言われています。そしてそのことは、かなり真実だと思います。 というのも、大手の建設会社の賃貸住宅の建設数などが減少しているからです。しかし銀行の担当者にそのことを尋ねてみると、意外にも、そのようなことはないとのことでした。

アパートローンの受け入れ 銀行や支店 担当行員によってもマチマチ

不動産融資の銀行の姿勢ですが、銀行によっても異なりますし、支店によっても異なることがあるようです。さらには不動産融資を得意とする行員さんがいるならば、本来は難しい案件でも稟議してもらい融資がおりるということもあるでしょう。なので銀行の状況も、こくこくと変化していきます。

アパートのための融資アパートローンの可否は何で決まる?

銀行からアパートローンを借りるためには、銀行の審査を通過する必要があります。多くの場合、まず支店内でのチェックを受けて、支店内チェックが良ければ、本店の融資の部署の審査を受けることになります。そしてこの審査の可否を左右する事柄は幾つかありますが、支店の融資担当者の意気込みや能力も・・