アパートローン

アパートオーナーの多くが、アパートローンを借りているものと思われます。そしてアパートローン残高があると相続税対策になるというメリットがある反面、毎月の返済に追われることになります。もちろん事業とはこういうものだと割り切ることも必要ですが。実際にはアパートローンを借りても、毎月の銀行への返済額が家賃収入の50%未満であるなら、まずまずのアパート経営を行えていると言えるかもしれません。その一方で、毎月の返済額が家賃収入の50%超であるならば、なんらかの改善策を講じる必要があることでしょう。

アパートローン

銀行がダメならばノンバンク そしてノンバンクから銀行に借り換え

以前のことですが入居率の低迷に苦しむシェアハウス物件オーナーの苦境のニュースがメディアで報じられています。このシェアハウス物件オーナーに積極的に融資をしてきたのが、地方銀行の稼ぎ頭ともいえるスルガ銀行でしたが、今回のトラブルで、スルガ銀行の経営にも悪影響が及んでおり、アパートローンに積極的
アパートローン

ノンバンクからも賃貸住宅経営のための資金の借り入れができる

筆者の父が賃貸住宅経営を始めようとしていた時に、アパートローンを借りるために、都市銀行にあたってみましたが、都市銀行側から断られてしまいました。 都市銀行の場合は、賃貸住宅経営を始めるために初めて借りる場合は1000万円程度の預貯金がないと...
アパートローン

アパートローンの受け入れ 銀行や支店 担当行員によってもマチマチ

以前、スルガ銀行の問題が金融ニュースで賑わしていましたが、不動産融資の審査の通過率が99%というのですから、非常に不動産融資に寛大に銀行だったようです。 ところで最近は金融庁による不動産融資への監視が強化されているためか、以前よりもすんなり...
アパートローン

都市銀行から融資してもらえるメリットはやはり金利が低いこと

今の時代、よほどの資産家でもない限り、多くのアパートオーナーは金融機関からアパートローン融資を受けてアパート経営を行っていることと思います。 そしてアパートローンを借りるならば、金利が低くしかもしっかりとした金融機関から借りたいと思うことで...
アパートローン

アパートローンの繰り上げ返済 負担軽減になるものの銀行にしてみれば・・

繰り上げ返済。 銀行へのローン残高を減らすために行うことですが、アパートローンでも行うことができます。 例えばローン残高が6000万円あるとすると、1000万円を繰り上げ返済するとローン残高は5000万円になります。 すると毎月の銀行への返...
アパートローン

オーナー査定のために銀行員が訪問?  すべきこと すべきでないこと!!

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要です。 というもの多くの場合、アパートオーナーになる時に銀行から資金を借りて賃貸住宅経営を行うようになるからです。 しかも融資のための審査を通過してお金を借りれるようになっても、そのしばらく後に...
アパートローン

日本政策金融公庫とアパートローン 善良な国民であるならば貸してくれる?

アパートローンを借りようとしても、都市銀行や地方銀行からも断られてしまうとします。 ノンバンクなどの審査が緩い機関から借りることはできるかもしれませんが、金利が高いのがネックとなります。 このような場合、もはや手段がないのでしょうか。 実の...
アパートローン

銀行にとって重要なのは返済するだけのものが十分にあるかどうか?

ある知人が新聞販売店の経営者になろうとしましたが、新聞販売店の経営者になるためには、お店の規模にもよりますが、最低でも数百万円の資金が必要です。 しかしこの方、新聞販売店の仕事は長年行ってきており、販売店業務や経営についての「イロハ」はある...
アパートローン

施工不良とブランドダメージを受けた物件オーナーの問題

レオパレス21の施工不良問題で、大変な迷惑を被っているのは、入居者、アパートオーナー、株主、そしてレオパレス21の社員ですが、入居者については早期退去を求められる入居者の場合は、この春の時期は、とても大変だと思います。 しかし入居者の場合は...
アパートローン

信用保証協会付き融資でアパート経営!!手数料は安くないですが・・

アパートオーナーになるためのアパートを建てる時には、資金が必要になります。 多くの場合は、銀行からアパートローンをひいて行うわけですが、返済実績がない初期のころは、銀行もなかなか貸してくれないといったことがあります。 その時に頼りになるのが...