銀行一覧

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要な事柄です。というのもアパートオーナーとしてアパート経営を行うためには資金が必要だからです。さらに銀行からの信用を得ることができるならば、ローン金利を下げたり、さらに融資を受けたりする面での機会が広がります。もちろん銀行もお金を貸すわけですから、どんなケースでも、どんな場合でも、お金を貸してくれるわけではありません。銀行にとって重要なのは、きちんと返済を続けられるかのどうかです。そのために不動産担保融資を申込んだ場合は、最近はその事業の採算性などが審査されます。さらにどれだけの資金的な余裕があるかも審査されます。

公共の道路の機能維持のための建築物の容積率 金融機関の審査でも重要

建築基準法第52条で定められている容積率ですが、公共の道路の機能維持のための基準です。そして容積率の基準にかなっているかどうかは、金融機関から融資を受けるさいの審査でも調べられることがあり、不適合であるならば、融資を受けられなくなります。

厳しくなってきた個人のアパート事業 朗報もありますが・・

スルガ銀行のずさんな不動産担保融資、シェアハウスかぼちゃの馬車運営会社の破綻、レオパレス21の施工不良と不動産を取り巻く環境は悪化していると言われています。では具体的にはどのようにアパート事業の経営が厳しくなっているのでしょうか。

レオパレス21迷走の影にあの銀行が?

レオパレス21が迷走しています。そもそもその原因は、レオパレス21のやり方に怒ったオーナーさんたちの反撃によるものとも言えますが、オーナーへの非情な仕打ちを誘導したのが、レオパレス21のメインバンクとのつながりのあるコンサルタント会社ではないかと言われています。