銀行一覧

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要な事柄です。というのもアパートオーナーとしてアパート経営を行うためには資金が必要だからです。さらに銀行からの信用を得ることができるならば、ローン金利を下げたり、さらに融資を受けたりする面での機会が広がります。もちろん銀行もお金を貸すわけですから、どんなケースでも、どんな場合でも、お金を貸してくれるわけではありません。銀行にとって重要なのは、きちんと返済を続けられるかのどうかです。そのために不動産担保融資を申込んだ場合は、最近はその事業の採算性などが審査されます。さらにどれだけの資金的な余裕があるかも審査されます。

オーナー査定のために銀行員が訪問?  すべきこと すべきでないこと!!

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要です。というもの多くの場合、アパートオーナーになる時に銀行から資金を借りてオーナー業を行うようになるからです。しかも融資のための審査を通過してお金を借りれるようになっても、その後も資金が必要になる時があるかもしれません。

アパートローンの申込が断られる・・金融庁も厳格化要求?

筆者の父がアパート経営を始めるために、ある都市銀行からアパートローンをひこうとして申込んだのですが、申込みの段階で断られてしまいました。しかしそれから数年以上たってから、同じ都市銀行に借り換えで申込んだ時は、承認が得られて融資を受けるこができました。それにしても申込の時期やタイミングが悪ければ

都銀からアパートローンを借りることの種々のメリット

賃貸住宅経営を始めるにあたって、金融機関からの融資、アパートローンを借りれるかどうかは大きな壁になることがあります。このてんで市街地などに担保価値が十分ある土地を所有しているなら、アパートローンは借りやすいです。筆者の場合もそうです。例えば6000万円~7000万円程度の土地があったので都銀からアパートローンを

ローンの借り換えには高額な費用がかかる 全銀協の借り換えシュミレーション 

アパートローンを借り始めたころは、返済実績がないので、金利が比較的に高い金融機関しでしか、借りることができないかもしれません。その後、金利交渉を行っても、思うほど金利を下げてもらえずに金利負担が高いことがアパート経営のネックになることもあります。そのようななか金利を下げる方法があります。

都市銀行からアパートローンを借りるのが困難な理由

金利が低く、サービスも多様化している都市銀行からアパートローンを借りることができればベストですが、しかし借りるためのハードルは高く容易いではありません。例えば融資条件に、1000万円以上の自己資金がなければならないとか、息子などの後継者が安定収入のある会社員等・・

銀行のアパートローンの借り換えには数百万円の費用が しかし長期的には・・

アパートローンは借り換えによって、ローン金利を下げることはできますが、借り換え費用というのが、相当かかります。 それならば借り換えをしないほうが、無難と考えてしまうかもしれませんが、中長期的に見れば借り換えをするほうが良いということになる場合のほうが多いようです。

銀行への毎月の返済額を減らすには 借り換えか銀行との金利交渉

アパート経営を始めるにさいして、苦労した事柄の一つが資金調達、つまりは銀行からお金を借りることだったかもしれません。住宅ローンの場合は、提携ローンなどで、不動産販売会社の保証などがついて、すんなりとお金を貸してくれた銀行もアパートローンとなると、そういうわけにはいきません。

銀行からアパートローンを借りる 自己資金はどれくらい必要か

自己資金が2億円も3億円も持っている資産家ならばアパート1棟を建てて、アパート経営を始めるとしても、銀行からアパートローンを借りる必要はないでしょう。自己資金で十分にアパート1棟を建てることができます。しかし自己資金をキャッシュで数億円も所有している方は多くはいません。ほとんどの場合は土地所有者で相続税対策のために

レオパレス21迷走の影にあの銀行が?世界に通用する大銀行?

数年前に不動産業界の断トツでインパクトを与えたニュースはレオパレス21のアパート施工不良と、それに伴う入居者への引越し要請のニュースです。しかしなぜそこまでレオパレス21は迷走することになってしまったのでしょうか。どうやら、おかしくなってきたきっかけは、リーマンショック後に、レオパレス21が経営危機に陥った時