銀行一覧

アパートオーナーにとって銀行との付き合いは重要な事柄です。というのもアパートオーナーとしてアパート経営を行うためには資金が必要だからです。さらに銀行からの信用を得ることができるならば、ローン金利を下げたり、さらに融資を受けたりする面での機会が広がります。もちろん銀行もお金を貸すわけですから、どんなケースでも、どんな場合でも、お金を貸してくれるわけではありません。銀行にとって重要なのは、きちんと返済を続けられるかのどうかです。そのために不動産担保融資を申込んだ場合は、最近はその事業の採算性などが審査されます。さらにどれだけの資金的な余裕があるかも審査されます。

繰り上げ返済 借金が減って気持ちは楽になるがデメリットも

繰り上げ返済。銀行へのローン残高を減らすために行うことですが、アパートローンでも行うことができます。繰り上げ返済を行うと毎月の銀行への返済額を軽減させることができ、余裕のあるアパート経営を行うことができるようになるというメリットがあります。しかしデメリットもあります。

銀行への毎月の返済額を減らすには 借り換えか銀行との金利交渉

アパート経営を始めるにさいして、苦労した事柄の一つが資金調達、つまりは銀行からお金を借りることだったかもしれません。住宅ローンの場合は、提携ローンなどで、不動産販売会社の保証などがついて、すんなりとお金を貸してくれた銀行もアパートローンとなると、そういうわけにはいきません。

ローンは変動金利 固定金利どちらが良い?銀行員は変動金利のほうが・・

超低金利な時代です。銀行によっては変動金利のローンとなると条件次第では0.5%ぐらいで借りることもできます。もちろん固定金利となると、それよりも金利は高くなります。ところで住宅ローンにしてもアパートローンにしてもお金を借りる場合、変動金利のほうが良いか、それとも固定金利のほうが良いか、それは迷うところです。

アパートローン審査が厳しくなったと言っても貸してくれないわけでもない

この数年、アパートローンの銀行の審査が厳しくなってきたと言われています。そしてそのことは、かなり真実だと思います。 というのも、大手の建設会社の賃貸住宅の建設数などが減少しているからです。しかし銀行の担当者にそのことを尋ねてみると、意外にも、そのようなことはないとのことでした。

アパートローンの受け入れ 銀行や支店 担当行員によってもマチマチ

不動産融資の銀行の姿勢ですが、銀行によっても異なりますし、支店によっても異なることがあるようです。さらには不動産融資を得意とする行員さんがいるならば、本来は難しい案件でも稟議してもらい融資がおりるということもあるでしょう。なので銀行の状況も、こくこくと変化していきます。

アパートのための融資アパートローンの可否は何で決まる?

銀行からアパートローンを借りるためには、銀行の審査を通過する必要があります。多くの場合、まず支店内でのチェックを受けて、支店内チェックが良ければ、本店の融資の部署の審査を受けることになります。そしてこの審査の可否を左右する事柄は幾つかありますが、支店の融資担当者の意気込みや能力も・・

公共の道路の機能維持のための建築物の容積率 金融機関の審査でも重要

建築基準法第52条で定められている容積率ですが、公共の道路の機能維持のための基準です。そして容積率の基準にかなっているかどうかは、金融機関から融資を受けるさいの審査でも調べられることがあり、不適合であるならば、融資を受けられなくなります。