賃貸暮らし一覧

ひと昔前は、分譲マンションブームなどで、人気がなかった賃貸暮らしですが、最近になって、その良さが見直されています。というのも分譲マンション暮らしのデメリットが明らかになってきてますし、その一方で賃貸住宅の性能はグレードアップしています。

住まないほうがよいアパートの特徴 雨漏り 外壁のヒビや膨らみ・・

欠陥住宅という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、アパートでも欠陥の兆候ともいえる事柄があります。それを見極めるならば、住まない方がよいアパートへの入居を避けることができます。例えば雨漏りの状況は天井を見れば、ある程度、察することができますし、外壁を見れば・・

新居を選ぶ時に確認すべき事柄 内覧を十分に行うべき理由

賃貸住宅の立地が良いかどうかを判断するうえでチェックすべき事柄があります。それは・よからぬ事務所などが近くにあり怖そうな人たちが行き来しているか。・ガソリンスタンドや強烈な匂いが四六時中する飲食店がすぐ近くにあるだろうか。・治安はどうだろうか。駅から物件までの間を晩でも安心して行き来できるだろうか。

入居審査 真面目で収入があっても落とされる場合がある

入居のさいの審査についてですが、家賃滞納リスクがあまりないこと、そして他の入居者などに迷惑をかけるおそれがないことなどが審査のさいに調べられます。家賃滞納リスクということになると継続的に安定収入が得られるのかどうかが調べられるわけですが、他の入居者などに迷惑をかけるおそれがないということになると、事は幾らか複雑です。

災害で賃貸住宅がダメージ その後退去要請 入居者はどうすればよいか

賃貸暮らしをしていると、ある日、突然の退去の要請がくる場合があります。筆者も経験があります。若いころに住んでいた文化住宅でしたが、当時は阪神大震災のあとで、アパート事態が地震で傷んでいました。そこでこのアパートのオーナーさんは、地震で傷んだ箇所を修繕するのではなく、解体して新しいアパートを建築することを決断した

ワンルームマンションの家賃が1~3万円台 なぜこんなにも下がっている?

最近は鉄筋コンクリート造りの賃貸マンションで極端に家賃が安い物件を目にするようになってきました。2万円台、3万円台といった物件です。以前は築古で建て替え寸前の木造住宅などで、この水準の家賃の物件がありましたが、最近は鉄筋コンクリート造りにも見られるようになっています。

インターネット無料化の費用対効果 判断が難しい?しかし標準化していく?

以前の話ですが、大東建託の営業担当が来られた時に、空いた部屋がなかなか埋まりませんと、不満を述べると、そのことを建物の管理会社の大東建託パートナーズの担当者に伝えていたようで、大東建託パートナーズの担当者が来られた時に、今の時代は客付けで有利になるためにはインターネットを無料で使えるようにするか、ペット飼育可の物件に

マンションやアパートの住人のためのルールブックがある

アパートやマンションとなると、集合住宅なので、建物全体をまとめるルールのようなものが必要となります。そのてんで戸建住宅となると住人で比較的に何でも行えるというてんで、異なります。もちろん戸建住宅でも芦屋市の六麓荘のように町内会の影響が非常に強い地域では町内会で決められたルールのようなものに

立ち退き料の相場とは 引越し費用 今後の家賃免除・・

アパートの建て替えのさいには賃借人に立ち退き料を支払わなければならないかもしれません。その相場ないしは目安はいくらぐらいになるのでしょうか。実際のところ立ち退き料の相場というものはないのですが、目安となる事柄はあります。例えば当然のこととして引越し費用は最低限でも・・

家賃の値上げの根拠 周辺相場や土地価格の上昇・・

新居に移り住んで、もうじき2年、新しい環境にも慣れ、現住居にも愛着を感じているころに、不動産管理会社から1通の手紙が届きます。賃貸契約更新のお知らせですが、もうじき2年になるんだと考えながら開封してみると、驚いたことに家賃が2000円値上げになっているではないですか。このような経験をされた方は少なくないと思います。