賃貸暮らし一覧

ひと昔前は、分譲マンションブームなどで、人気がなかった賃貸暮らしですが、最近になって、その良さが見直されています。というのも分譲マンション暮らしのデメリットが明らかになってきてますし、その一方で賃貸住宅の性能はグレードアップしています。

アパートやマンションでペットを飼うことのデメリット

集合住宅のペット飼育の細則のなかには「法で定められた予防注射および登録を厳守し、獣医による健康診断、治療等を受け、常に健康に留意する」というものがある場合があります。この細則に注意を払うならば、ペット飼育にはそれなりの費用や時間がかかってしまうことになります。

アパート暮らしでかかる費用は家賃だけでない 管理費や家賃保証費・・

最近はアパートへの入居のさいには家賃保証会社の保証を得ることが求められることが少なくありません。例えば賃貸住宅最大手の大東建託の場合には、原則ですが大東建託の保証会社への加入が求められており、契約時には15000円、そして毎月2%か5%の支払いが毎月求められます。

アパートの定期借家制度 1年未満の契約が可能になるケース

借地借家法29条によると1年未満の契約というのは無効です。しかし借地借家法40条には一時使用の特例が認められることについて書かれています。例えば自宅の建て替えのためといった一時使用がはっきりとしている場合には1年未満、3カ月でも半年でも契約することができます。

アパートの内装や間取りを変更することはできるか?オーナーへの申請は必要

10年も同じ部屋にいいると、クロス等も傷んでくるかもしれませんし、床や畳も傷んでくるかもしれません。そこで自分の好みのクロスに張り替えたり等の変更をしてみたいと思うかもしれません。さらに部屋の間取りも、変えてみたいと思うようになるかもしれません。それで入居者の意思で変更が・・。

アパートの施工不良のために退去の場合に請求できる費用

レオパレス21のアパートでアパートの施工不良問題がクローズアップされるようになりました。そのような場合、施工不良部分の改修工事のために退去しなければならないかもしれません。この場合は、退去に伴う費用をアパートの管理会社などに請求することができます。具体的にどれくらいの費用を・・。

セキュリティ賃貸住宅で必要な設備

近年は住居においてもセキュリティが必須の事柄となっています。とりわけ人口の多い市街地では、セキュリティがきちんと行われていない住居は敬遠されます。賃貸住宅においてはオートロックになっているのかどうか・・