賃貸暮らし一覧

ひと昔前は、分譲マンションブームなどで、人気がなかった賃貸暮らしですが、最近になって、その良さが見直されています。というのも分譲マンション暮らしのデメリットが明らかになってきてますし、その一方で賃貸住宅の性能はグレードアップしています。

アパートやマンション 晩になると騒々しくなる物件もある

不動産の購入や賃貸住宅の入居を検討しているならば、お部屋の内覧は1度しか行えないかもしれませんが、曜日や時間帯また天候の異なる時などに、何度か周辺環境を確かめるために足を運んでみるのは良いことです。そうするならば思わぬメリットやデメリットに気づくことがあります。

賃貸住宅 解約届けの日から1カ月分の家賃の支払いが求められる

多くの場合、賃貸契約は解約の一カ月前に届けることが規約されている場合が多いです。なので、もし1月末になってそうするならば、2月分の家賃も支払うことを求められることになるでしょう。なので退去が決まったならば速やかに退去届けを賃貸住宅管理会社に提出する必要があります。

アパートオーナーから退去要請 その時に正当に請求できる事柄

賃貸暮らしをしていると、ある日、突然の退去の要請がくる場合があります。この場合、賃貸人都合の退去要請の場合、実際のところは、入居者は賃貸人にさまざまな費用を補償してもらうことができます。そして正当に請求できる事柄には、住み替え先の敷金や礼金やそのさいにかかる・・

アパート暮らしでかかる費用は家賃だけでない 管理費や家賃保証費・・

最近はアパートへの入居のさいには家賃保証会社の保証を得ることが求められることが少なくありません。例えば賃貸住宅最大手の大東建託の場合には、原則ですが大東建託の保証会社への加入が求められており、契約時には15000円、そして毎月2%か5%の支払いが毎月求められます。

アパートの施工不良のために退去の場合に請求できる費用

レオパレス21のアパートでアパートの施工不良問題がクローズアップされるようになりました。そのような場合、施工不良部分の改修工事のために退去しなければならないかもしれません。この場合は、退去に伴う費用をアパートの管理会社などに請求することができます。具体的にどれくらいの費用を・・。