節税一覧

アパートオーナーにとって節税は必須の事柄です。不動産所得に課税されることになりますが、その一方で銀行への元金の返済金などは、経費に計上することはできませので、課税によってキャッシュがあまり残らないことがあります。もし節税に無頓着になるならば、オーナー経営が厳しくなるでしょう。そして具体的に行うことができる事柄には、減価償却費を膨らませる、小規模企業共済に加入する、確定拠出年金に加入する、扶養控除を見直すなど様々な方法があります。とくに高額になりがちな国民健康保険料も抑えたいならば、不動産経費を膨らませる工夫を凝らすことによって、所得税や住民税の軽減とともに、国民健康保険料をも軽減させることができるでしょう。

アパート経営は老後のためのもの?

アパートの家主といえば、高齢男性や女性を思い浮かべる方が少なくないかもしれません。しかし近年、不動産投資感覚で若年層の家主も増えているように思います。しかしアパート経営はやはり老後のほうが向いているといえる、どんな根拠があるのでしょうか。

アパート経営と贈与税

アパート経営を行っている大家が病気がちになったりすると生前に子供などにアパート経営を受け継がせたくなるかもしれませんが、その場合は高税率の贈与税がかかってきます。

減価償却による節税

不動産経費で大きなウエイトを占めるものの中に減価償却費があります。しかしこの減価償却費、早く使い切らなければ経費として計上することができなくなる場合があります。

赤字3年繰越で節税

アパート経営を行っていて青色申告で申告するならば赤字3年繰越を活用することができます。この制度を上手に活用していくならば、黒字になった年でも国民健康保険料や税金を安くすることができます。