節税一覧

アパートオーナーにとって節税は必須の事柄です。不動産所得に課税されることになりますが、その一方で銀行への元金の返済金などは、経費に計上することはできませので、課税によってキャッシュがあまり残らないことがあります。もし節税に無頓着になるならば、オーナー経営が厳しくなるでしょう。そして具体的に行うことができる事柄には、減価償却費を膨らませる、小規模企業共済に加入する、確定拠出年金に加入する、扶養控除を見直すなど様々な方法があります。とくに高額になりがちな国民健康保険料も抑えたいならば、不動産経費を膨らませる工夫を凝らすことによって、所得税や住民税の軽減とともに、国民健康保険料をも軽減させることができるでしょう。

赤字3年繰越で節税

アパート経営を行うようになって国民健康保険料が高くなったと感じておられる方も少なくないと思います。 それもそのはず、アパート経...

節税対策と必要経費

節税、税金対策とは事業者にとって必須の事柄であり、よく言われることでもあります。 しかし実際、具体的にどうすればいいのでしょう...

節税のためのアパート経営

相続税対策のためにアパート経営を始める方は少なくありません。しかしアパート経営によって毎年支払う所得税、住民税の節税や、場合によっては国民健康保険料の軽減に資することもできます。というのも経費計上による節税効果も期待できるからです。

アパート経営と個人事業税

アパート経営を行っていると、経営規模がある程度のものであるならば、個人事業税が課税されます。ではどれぐらいの規模で、また金額の計算方法は・・。原則的に10部屋以上を賃貸している場合は、個人事業税の対象になります。