建物の管理一覧

建物の管理は重要です。もしも適正な管理がされなくなると、建物が汚くなっていき入居者さんが退去していくことでしょう。さらに建物は年々劣化していきますが、適切な修繕が行われなければ、住めないアパートないしはマンションになっていきます。

アパートの駐車場設置 機械式となるとかかる費用が悩ましい

都心部の狭いスペースの賃貸アパートやマンションの場合、機械式駐車場を設置することがありおます。しかし機械式駐車場の設置には問題点もあります。というのも「機械式」ということは設備でもあるのです。設備であるということには維持していくためのコストがかかるということになります。

リノベーションとは?リノベーションが重要なのはなぜ?

最近リノベーションという言葉をよく耳にするようになってきました。リノベーション、リフォームと同じようなものだと思われるかもしれません。しかし厳密には、リノベーションとリフォームとは異なります。どのような違いでしょうか。それは、リフォームが老朽化した建物を新築の状態に戻すこと、つまりは原状回復を意味する

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供してる場合があります。その仕組みは家賃収入から5~8%程度が修繕費用として引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

建物メンテナンスが行われないと 家賃が下がり修繕費用も高額に

筆者の知っているある小さなマンションですが、掃除は行われていない、共有部分で修理が必要な所で修理が行われていないといった、まさにひどい状態のマンションがあります。入居者も住んではいるようですが、おそらく家賃はかなり安く、住み心地もあまりよくないことでしょう。ということでアパートマンションは適切な維持管理が行われて

マンション暮らしの陰の部分 管理組合の問題 法的な壁・・

住宅ローン減税などで後押ししてか、この数十年のうちに、多くの方が分譲マンションを購入し、マンション暮らしをするようになりました。筆者の知り合いの多くも、昔は賃貸アパートやマンション、賃貸戸建住宅に住んでいたのが、マンションを購入し、マンション暮らしを行っています。たしかにマンションには充実した設備や

建物管理の管理会社の清掃だけでは不十分なこともある 

通常はアパートでもマンションでも、建物内の清掃は、管理会社によって行われます。しかし清掃内容は十分とはいえないこともしばしばあります。そこでアパートオーナーも自発的に所有アパートの清掃等を行っている場合も少なくありません。そしてそうすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

修繕積立金の目安とは 国土交通省のガイドラインでは・・

アパートマンションは周期的にメンテナスや修繕が必要となります。分譲マンションではそのための費用を区分所有者たちから修繕積立金という形で集めていますが、その費用の目安はどれぐらいになるのでしょうか。このてんで国土交通省はガイドラインを示していますが、それによると・・

家主の修繕義務 どこまで家主が賃貸物件の修繕費用負担が求められるか

以前、賃貸マンションに住んでいた時に、お風呂のガスがつかなくなりました。修繕が必要な状態です。もともと備え付けの給湯設備だったので、不動産管理会社に連絡すると、しばらくして給湯設備の交換工事が行われました。当時、賃借人だった私たちには工事費用の請求はありませんでした。

アパートに必要な点検 エレベーター 消防設備・・

木造アパートの場合は、多くの場合、入居者さんに求められる管理費は3000円程度です。しかしその一方で、4階建て以上のマンションとなると、管理費は5000円~6000円程度と、管理費が2倍程度になります。なぜなんでしょうか。それはエレベーターが設置されているかどうかの違いです。

アパートやマンションといった物件を知るうえで重要な書類

アパートやマンションの管理会社は、通常は「重要事項報告書」や「修繕履歴」そして「長期修繕計画書」といった資料を作成します。この「重要事項報告書」とは簡単に言えばそのアパートやマンションの管理に関しての説明書のようなものです。そして物件の状況を把握するうえで、これらの書類は・・