建物の管理一覧

建物の管理は重要です。もしも適正な管理がされなくなると、建物が汚くなっていき入居者さんが退去していくことでしょう。さらに建物は年々劣化していきますが、適切な修繕が行われなければ、住めないアパートないしはマンションになっていきます。

マンション管理会社の提案に? 提案を拒否するために行えること

賃貸住宅の場合はアパートマンションオーナーの一存で建物にかかわる事柄が決定されます。多くの場合、賃貸住宅の場合は入居者さんには建物にかかわる事柄においては口出しすることはありません。建物のオーナーと管理会社の意向にしたがって大規模修繕工事など建物にかかわる事柄が行われていきます。一方で分譲マンションのオーナーは

大規模修繕工事の設計監理方式(コンサルタント)のメリット

アパートマンションの大規模修繕工事を行うさいに設計管理方式、つまりはコンサルタント会社にお任せする方式が、多くの場合に採られています。そうすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。もちろんそのような場合にはコンサルタント会社にコンサルタント料を支払わなければ・・

管理会社とオーナーの思惑の違い 営利主義の管理会社に利用されないために

アパートマンションオーナーが管理会社に任せる目的は、煩雑な法的求められている業務を代行してもらうこと、そして建物の資産価値を保つことに他なりません。そのことによって賃貸住宅においては周辺エリアの家賃相場程度に家賃を設定することができますし、区分所有者ならばマンション価格を保ち、売却する場合でも

修繕積立金の目安とは 国土交通省のガイドラインでは・・

アパートマンションは周期的にメンテナスや修繕が必要となります。分譲マンションではそのための費用を区分所有者たちから修繕積立金という形で集めていますが、その費用の目安はどれぐらいになるのでしょうか。このてんで国土交通省はガイドラインを示していますが、それによると・・

家主の修繕義務 どこまで家主が賃貸物件の修繕費用負担が求められるか

以前、賃貸マンションに住んでいた時に、お風呂のガスがつかなくなりました。修繕が必要な状態です。もともと備え付けの給湯設備だったので、不動産管理会社に連絡すると、しばらくして給湯設備の交換工事が行われました。当時、賃借人だった私たちには工事費用の請求はありませんでした。

アパートやマンションの管理会社の質 どこで知ることができるのか?

集合住宅、アパートやマンションにしても、きちんときれいに管理されている物件にだれしもが住みたいと思うものです。筆者も私用で幾つかのアパートやマンションに足を運ぶことがありますが、廊下がとても汚れていたり、階段部分が破損しているような物件もありますが、必要な清掃や修繕が行われないままに放置されているような物件も

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供しています。家賃収入から5~8%程度が引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

アパートに必要な点検 エレベーター 消防設備・・

木造アパートの場合は、多くの場合、入居者さんに求められる管理費は3000円程度です。しかしその一方で、4階建て以上のマンションとなると、管理費は5000円~6000円程度と、管理費が2倍程度になります。なぜなんでしょうか。それはエレベーターが設置されているかどうかの違いです。

アパートやマンションといった物件を知るうえで重要な書類

アパートやマンションの管理会社は、通常は「重要事項報告書」や「修繕履歴」そして「長期修繕計画書」といった資料を作成します。この「重要事項報告書」とは簡単に言えばそのアパートやマンションの管理に関しての説明書のようなものです。そして物件の状況を把握するうえで、これらの書類は・・

アパートの退去の時に賃借人の責任で行う原状回復の部分とは

退去後の原状回復の費用で賃借人がもたなければならない部分がありますが、問題になるのが一体どこまでが賃借人の負担になる原状回復になるのか、どこからが大家の負担になる改修工事にあたるのかというてんです。 このてんでよくもめることがあるようです。このてんでのガイドラインがあります。