建物の管理一覧

建物の管理は重要です。もしも適正な管理がされなくなると、建物が汚くなっていき入居者さんが退去していくことでしょう。さらに建物は年々劣化していきますが、適切な修繕が行われなければ、住めないアパートないしはマンションになっていきます。

一括借り上げの修繕込みプランならば安心?デメリットもある

近年、一括借り上げでアパートマンション経営を行う時、サブリース会社が修繕費込みプランを提供しています。家賃収入から5~8%程度が引かれることになりますが、しかし修繕費用に伴う煩いからは解放されます。しかし幾らかのデメリットも・・。

アパートに必要な点検 エレベーター 消防設備・・

木造アパートの場合は、多くの場合、入居者さんに求められる管理費は3000円程度です。しかしその一方で、4階建て以上のマンションとなると、管理費は5000円~6000円程度と、管理費が2倍程度になります。なぜなんでしょうか。それはエレベーターが設置されているかどうかの違いです。

アパートやマンションといった物件を知るうえで重要な書類

アパートやマンションの管理会社は、通常は「重要事項報告書」や「修繕履歴」そして「長期修繕計画書」といった資料を作成します。この「重要事項報告書」とは簡単に言えばそのアパートやマンションの管理に関しての説明書のようなものです。そして物件の状況を把握するうえで、これらの書類は・・

アパートの管理費 どのように使われている?妥当な負担?

通常は、多くのアパートやマンションで家賃とは別に管理費が求められます。例えば相場的には単身者向けの賃貸住宅では、2000円~4000円ぐらいです。そしてエレベーターがついているならば5000円~7000円ぐらいです。そしてファミリータイプになると管理費はもっと高くなります。

アパートの退去の時に賃借人の責任で行う原状回復の部分とは

退去後の原状回復の費用で賃借人がもたなければならない部分がありますが、問題になるのが一体どこまでが賃借人の負担になる原状回復になるのか、どこからが大家の負担になる改修工事にあたるのかというてんです。 このてんでよくもめることがあるようです。このてんでのガイドラインがあります。

化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕する

アパートにしてもマンションにしても経年とともに、傷や汚れが生じてきます。そしてその傷や汚れがあまりにも目立つようになると、修繕等を行う必要がありますが、費用も安く簡便な修繕の仕方があります。それが化粧シートを使ってアパートの気になる傷や汚れを修繕するという方法です。

建物管理の管理会社の清掃だけでは不十分なこともある 

通常はアパートでもマンションでも、建物内の清掃は、管理会社によって行われます。しかし清掃内容は十分とはいえないこともしばしばあります。そこでアパートオーナーも自発的に所有アパートの清掃等を行っている場合も少なくありません。そしてそうすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。