土地一覧

アパートは土地がなければ建てることができません。当然のことですが。ところで土地も市街地のように、資産価値の高い土地もあれば、地方の田舎のように、ほとんど買い手がつかないような資産価値のほとんどないような土地もあります。さらに土地は農地、工場地というふうに法的に区分けされている場合もあります。

土地オーナーがアパート経営を始める前に行わなければならないこと 負動産にならないために

不動産が負動産にならないためには何を行う必要があるでしょうか。例えば地主さんが、相続税対策などで、アパート経営を行うことを思いつくとします。しかしその土地のあるエリアが、鉄道の主要な駅からも遠く離れている、幹線道路も近くにない、買い物をするスーパーや病院も近くにはないとなるとどうなるのでしょうか。

農地にアパートを建てる その前に検討しなければならない事柄

農家の世帯数が減少しているといわれています。わからないこともありません。というのも農業を行っても収入が不安定で、ほとんど収益が上がらない時もあるからです。天候に左右されます。また出荷した農産物は市場価格が高ければ儲けがでますが市場価格が安ければ、赤字になることもあります。

アパート経営を始める 人気の市街地の地主が断然に有利

私の所有物件のある周辺エリアにおいて賃貸アパートやマンションは多々あります。しかし通勤圏にある市街地のエリアなので、土地価格はとても高いので、一個人が土地を買ってアパートを建てるということは、ほとんど難しいようです。ですからこのエリアの賃貸住宅オーナーはほとんどが、もともとの地主さんで

土地の価値は需要で決まる 広大過ぎる土地は低く評価されることも

面大減価という不動産用語がありますが、その意味するところは、一般的に面積の大きな土地は、その地域の標準的な規模の土地に比べて土地の単価は低くなる傾向が見られるという意味です。その理由は、あまりにも広大な土地は、個人で買われることがなく、買い手はほとんどが事業者・・

農地にアパートを建てるためには農業委員会の許可が必要

田舎暮らしをしている場合、多くは居住するための家と田んぼや畑を所有している場合があります。そしてだんだんと年を取り畑仕事がつらくなると、農地として使っていた土地が、放置状態になってしまいます。となるともはや荒れ放題の農地を売却することを検討することになるかもしれませんが・・

アパートを建てられないエリア 市街化調整区 工業専用地域

土地所有者にとって、土地を更地のままに持っていてもほとんどなんの利益もありません。さらに更地であっても固定資産税はかかります。しかもさらに悪いことに更地のままにすると固定資産税が最大6倍もする場合もあるのです。なので土地活用ということでアパートを建てようとしても・・