国土交通省一覧

国土交通省は、昔の運輸省と国土省が統合してできた監督官庁の1つで巨大な官庁の1つです。とりわけ建設業界や不動産業界の監督官庁で、建設会社や不動産会社に行政処分を下すこともできます。ですから建設会社や不動産会社による不祥事が生じると多くの場合、国土交通省が動き行動を起こします。

アパートのオーナーにも役立つ土地総合情報システム 不動産ジャパン

最近はネットの普及にともない、種々の情報をネットで調べることができるようになりました。このてんで官公庁もネットをとおして情報発信するようになってきています。例えば土地の路線価を調べたいと思うならば、国税庁のホームページから調べることができます。また国土交通省も土地総合情報システムというホームページを。

一級建築士 違法にかかわると免許取消になることも

一級建築士は建物の設計そして監理を行う重要な役割を担う人です。ちなみに二級建築士については、役割そのものは設計と監理というめんでは同じですが、建物の規模が木造住宅や小規模なRC住宅に限られるてんで、一級建築士と異なります。ところで以前にメディアが一斉に報じたニュースですが、レオパレス21のアパート施工不良備問題 で

国交省が施工不良調査 その内容は?そして調査結果は?

国土交通省がレオパレス21のアパート施工不良をうけて、他社のアパートの調査を行うことが明らかになりました。ところでその調査の内容ですが、実際の物件の空室などの穴を開けて調査するような本格的なものではないようです。そして調査の結果は、大東建託や積水ハウスなどは・・

賃貸住宅 国交省が定めている部屋の広さの水準とは

国土交通省は部屋の広さについて、最低居住水準というものを定めています。例えば1人暮らしの場合は16平米。2人暮らしの場合は29平米となっています。実のところ20年ほど前までは、この最低居住水準に達していない世帯が400万世帯ありました。筆者の知人も以前は築古な文化住宅に住んでいましたが、明らかに最低居住水準に

修繕積立金の目安とは 国土交通省のガイドラインでは・・

アパートマンションは周期的にメンテナスや修繕が必要となります。分譲マンションではそのための費用を区分所有者たちから修繕積立金という形で集めていますが、その費用の目安はどれぐらいになるのでしょうか。このてんで国土交通省はガイドラインを示していますが、それによると・・

サブリースというビジネスモデルが揺らぎ始めている?裁判沙汰も

最近は賃貸住宅経営といえばサブリースによって行われているケースが多くなっています。しかし2018年以降、サブリーストラブルが増えており、サブリースというビジネスモデルそのものに疑問府も打たれるようになってきました。