入居斡旋一覧

空室になると入居者募集を行いますが、管理会社は入居斡旋力が試されます。客付け能力ともいえるかもしれませんが、いずれにしてもなかなか入居者が決まらないとなると、物件オーナーはその分の損失を被りますし、管理会社も信用を失うことになるかもしれません。さらに大手の管理会社となると地元の不動産会社に仲介を依頼することがありますが、仲介のさいの報酬を大きくするなどしてテコ入れを行うことがあります。ところで最近はインターネットで物件を検索することも多くなってきましたが、インターネット検索においても目立たせアピールするのは重要な要素となっています。

賃貸住宅経営 ペット飼育可ならば長期入居してくれる入居者がいることも

最近はどうしても高い入居率を維持していくために行える施策にはインターネット無料の物件にすることと、ペット飼育可の物件にすることだと言われています。実際のところ賃貸アパートにおいてペット飼育可物件は意外と多くありません。それとともにシングル世帯の増加とともに、癒しや寂しさ解消のためにペットとともに

インターネット無料化の費用対効果 判断が難しい?しかし標準化していく?

以前の話ですが、大東建託の営業担当が来られた時に、空いた部屋がなかなか埋まりませんと、不満を述べると、そのことを建物の管理会社の大東建託パートナーズの担当者に伝えていたようで、大東建託パートナーズの担当者が来られた時に、今の時代は客付けで有利になるためにはインターネットを無料で使えるようにするか、ペット飼育可の物件に

入居斡旋において大きな力になるのは結局は資金力?

以前の事ですが、賃貸住宅最大手の大東建託の営業マンとお話する機会がありました。大東建託といえば管理戸数が100万戸以上と現在ではUR賃貸住宅の管理戸数を上回る、トップの賃貸住宅会社です。しかも全国の入居率の平均が95%以上を上回るという高入居率を維持しています。このてんで直接、大東建託の物件の入居斡旋を行って・・

入居者の募集の方法 近年はネットによる調査をしてから不動産屋さんへ行く?

いざアパートマンションが建ったならば、今度は入居者の募集を行わなければなりません。様々な方法がありますが、やはり今でも地元の不動産屋は頼りになります。しかし近年はインターネットによる物件の調査を行ってから、その物件を扱っている不動産屋さんに行って決める人が多く・・

アパート経営 他物件よりも目立たせることによって空室を埋める

競合物件の多いエリアにアパートがある場合は、そのなかで自分のアパートを選んでもらえるのは容易ではありません。とにかく競合物件よりも、何かのてんで目立たさなければ入居者は決まりません。その1つが、コストパフォーマンスで目立たせるというてんですが例えば数カ月のフリーレントを・・

アパートオーナーが自分の物件の特長について知らないことが多い

最近はサブリースによる賃貸住宅経営が主流になりつつあるので、アパートオーナーさんが部屋付け、つまりは空室に入居者を入れるための努力をすることはほとんどないかもしれません。しかしオーナーが商品のことをあまり知らないというのもちょっと考えものです。またサブリース会社が経営難に・・