入居斡旋一覧

空室になると入居者募集を行いますが、管理会社は入居斡旋力が試されます。客付け能力ともいえるかもしれませんが、いずれにしてもなかなか入居者が決まらないとなると、物件オーナーはその分の損失を被りますし、管理会社も信用を失うことになるかもしれません。さらに大手の管理会社となると地元の不動産会社に仲介を依頼することがありますが、仲介のさいの報酬を大きくするなどしてテコ入れを行うことがあります。ところで最近はインターネットで物件を検索することも多くなってきましたが、インターネット検索においても目立たせアピールするのは重要な要素となっています。

入居斡旋力と賃貸住宅仲介会社 人手不足も気になるところ

入居率を高水準に保ち、家賃収入の減少を極力抑えたいというのがアパートオーナーの本音です。しかし入居者募集をしても入居者がなかなか決まらなければ家賃収入は下がっていきます。そこで頼りになるのが入居斡旋力のある賃貸住宅仲介会社ということになりますが・・。

好感度ではイマイチの賃貸住宅企業?

東洋経済誌では企業好感度ランキングが発表されますが、セブイレブンやイオン、ニトリといった、だれしもが利用できる身近な企業の好感度が高いようです。その一方で生活には欠かせない住居を提供している賃貸住宅企業の好感度がイマイチといった感じですが・・。

入居者需要が旺盛でないエリアで失敗しないためには!!

一般にアパート経営は乗降客の多い駅から徒歩10分圏内で行うのが無難だといわれています。たしかにその通りなのですが、個人の不動産投資ではそのようなエリアではなかなか入り込むことができません。ではそれ以外のエリアでどうすれば失敗しないアパート経営を行うことができるのでしょうか。

演出力によっても入居希望者を引き付ける!!

競合物件の多いエリアで、入居者を決めるためには他物件よりも目立たなければ入居者は決まりません。それで目立たせるために行えることは、かかる費用面で他物件よりもコストパフォーマンスで目立たせることですが、他にも設備面でインパクトを与えることもできます。