入居斡旋一覧

空室になると入居者募集を行いますが、管理会社は入居斡旋力が試されます。客付け能力ともいえるかもしれませんが、いずれにしてもなかなか入居者が決まらないとなると、物件オーナーはその分の損失を被りますし、管理会社も信用を失うことになるかもしれません。さらに大手の管理会社となると地元の不動産会社に仲介を依頼することがありますが、仲介のさいの報酬を大きくするなどしてテコ入れを行うことがあります。ところで最近はインターネットで物件を検索することも多くなってきましたが、インターネット検索においても目立たせアピールするのは重要な要素となっています。

アパート経営 ペット飼育可物件にすると入居率が改善されますが・・

筆者の知り合いで賃貸住宅において猫を飼っている方がおられます。もちろんこの集合住宅はペット飼育が許可されているマンションですが、室内で4匹の猫を飼育しています。ある時、たまたま道端でお会いしたのですが、ちょうど猫の1匹を籠に入れて病院に連れていくところでした。

アパートオーナーが自分の物件の特長について知らないことが多い

最近はサブリースによる賃貸住宅経営が主流になりつつあるので、アパートオーナーさんが部屋付け、つまりは空室に入居者を入れるための努力をすることはほとんどないかもしれません。しかしオーナーが商品のことをあまり知らないというのもちょっと考えものです。またサブリース会社が経営難に・・

アパート経営 他物件よりも目立たせることによって空室を埋める

競合物件の多いエリアにアパートがある場合は、そのなかで自分のアパートを選んでもらえるのは容易ではありません。とにかく競合物件よりも、何かのてんで目立たさなければ入居者は決まりません。その1つが、コストパフォーマンスで目立たせるというてんですが例えば数カ月のフリーレントを・・

アパートの入居率の改善は見た目にこだわる女性を引きつけるかがカギ?

入居するアパートの選択において、どちらかといえば機能やスペックを重視する男性に対して、女性は「見た目」や「カワイイ」といったことを重視します。女性にとって機能やスペックは、次に重要な事柄なことのようです。それでファミリータイプのアパートの場合は、特に女性のほうに選択権があるので・・。

入居者の募集の方法

いざアパートマンションが建ったならば、今度は入居者の募集を行わなければなりません。様々な方法がありますが、やはり今でも地元の不動産屋は頼りになります。