アパート事業のメリット一覧

アパート事業のメリットは多くあります。収入源になること、節税対策になること、相続税対策、社会貢献などがあります。土地価格の高い土地所有者にとってはアパート事業を始めることは相続税対策になることでしょう。他にも老後の収入確保のためにアパート事業を行う方もおられます。さらには古くなった家屋の建て替えにアパートにする方も少なくありません。また企業のなかにもコア事業以外に賃貸住宅経営を行う企業もあります。なかにはコア事業よりも副業の賃貸住宅経営のほうが好調という企業もあります。

アパートの空室が20%超の時代 しかし満室のアパートも少なくない?

少子化時代になり、日本の人口が減少し始めました。今後は減少し続け、いずれは1億人割れになるといわれています。しかも世帯数の増加も2020年でピークになり、それ以降は世帯数も減少していくようです。それで世帯数も減少するということは、やはり全国的にアパート経営は厳しくなっていくということなのでしょうか。

アパートの事業がインフレに強いというのはある程度真実らしい

インフレとは物価全体が値上がりして、お金の価値が下がる状態ですから、家賃も物価の一部と考えると家賃もインフレに伴って上昇する可能性があります。ただし家賃は原則、需要と供給のバランスで決まるものですから、インフレでも賃貸住宅が供給過多であるならば、家賃は上がるどころか下がることも・・

アパートのオーナーになることのメリット 効果的な節税を行える

アパート事業には多くのメリットがあります。そしてアパート事業を行うメリットの1つは節税対策です。固定資産税や所得税、そして相続税対策を効果的に行うことができます。もちろんアパートを建てることになるエリアは長期継続的に家賃収入を得ることができるエリアであることが大前提です。

収入源も幾つももつことによって経済的な安定 アパート投資も

昔からの格言に、収入源は複数もつのが良いとも言われていますが、収入源の1つに不動産投資、アパート経営を据えることができます。もちろん最近は甘い不動産投資話を鵜呑みにして、大変な思いをしておられる方も少なくありません。ですから、どの建設会社をパートナーに、そしてどの銀行から融資してもらうかなどの選択は重要です。