アパート事業のメリット一覧

アパート事業のメリットは多くあります。収入源になること、節税対策になること、相続税対策、社会貢献などがあります。土地価格の高い土地所有者にとってはアパート事業を始めることは相続税対策になることでしょう。他にも老後の収入確保のためにアパート事業を行う方もおられます。さらには古くなった家屋の建て替えにアパートにする方も少なくありません。また企業のなかにもコア事業以外に賃貸住宅経営を行う企業もあります。なかにはコア事業よりも副業の賃貸住宅経営のほうが好調という企業もあります。

アパートのオーナーは事業者になる 失敗するリスクも

不動産物件を所有し賃貸を行うならば、それは立派な不動産賃貸業、つまりは事業にあたります。ですから借りているアパートローンも住宅ローンではなく事業性ローンとみなされます。そして事業者ということは、決定や判断によって事業が成功することもあれば失敗してしまうこともあります。

アパートのオーナーになることのメリット 効果的な節税を行える

アパート事業には多くのメリットがあります。そしてアパート事業を行うメリットの1つは節税対策です。固定資産税や所得税、そして相続税対策を効果的に行うことができます。もちろんアパートを建てることになるエリアは長期継続的に家賃収入を得ることができるエリアであることが大前提です。