不動産業界に黒船来襲 ソフトバンクGの動きに注目

不動産賃貸業界では、最近は地主さんもアパート建設に慎重になっていて頭打ち状態となっています。そのようななか他社管理物件のオーナーを取り込もうとする動きが生じていますが、そのようななか巨大なソフトバンクグループが不動産業界への投資を活発化させています。レオパレス21も・・

ハゲタカファンドがレオパレス21を狙っていた 現実にそうなる

2019年に発覚した大規模なアパート施工不良問題以降、坂道を転がる続けているレオパレス21。これまでの蓄えからか今は持ちこたえていますが、弱り続けています。そのようななか、外国資本、ハゲタカとも言われていますが、ハゲタカがレオパレス21を狙っているとか言われていましたが、現実にそうなりました。

ワンマン経営が招いた災難  レオパレス21 大和ハウス・・

建設業界ではレオパレス21と大和ハウス工業の施工不良や不備物件問題が、くすぶっています。その一方で積水ハウスや大東建託においては、今のところ施工不良や不備物件問題が表れてきません。その違いはどこにあるのでしょうか。企業風土というか、ワンマン経営の弊害がでてしまった・・

マンションデベロッパーだったので倒産しなかったレオパレス21 

大規模なアパート施工不良のために危機に陥っているレオパレス21.今でも施工不良の規模が拡大しています。そのようななか、マンションデベロッパー時代に築いた自社物件の売却によって、莫大な修繕費用を捻出しています。そしてその後、米系ファンドによる資金注入によって・・

消費者機構日本 大東建託の件では大東建託にかわされた?

以前のことですが消費者機構日本という団体が、賃貸住宅最大手の大東建託をマークしていました。その理由は大東建託パートナーズ管理の住宅の入居者からの苦情ではなく、家主や家主になるつもりだったのが、銀行からの融資を受けられなくてなれなかった人たちからの苦情のようです。そして消費者機構日本への苦情の内容は契約時に支払った

国交省が施工不良調査 その内容は?そして調査結果は?

国土交通省がレオパレス21のアパート施工不良をうけて、他社のアパートの調査を行うことが明らかになりました。ところでその調査の内容ですが、実際の物件の空室などの穴を開けて調査するような本格的なものではないようです。そして調査の結果は、大東建託や積水ハウスなどは・・

レオパレス21の騒動 国の責任は?そして救済は?いつ完全に収束

2019年に不動産業界に激震をもたらしたレオパレス21の欠陥アパート問題。最も責任を負うべきなのは、レオパレス21ですが、さらに国の建物への検査体制にも疑問が向けられています。さらにレオパレス21が破たんしそうになった場合の救済にも注目が向けられそうです。

繰り返し敗訴 レオパレスオーナー それにしてもなぜ勝てない

レオパレス21への不信感を募らせてレオパレス21のアパートオーナーは少なからずおられますが、LPオーナー会の支援を受けつつレオパレス21への訴訟が何件も起こされていますが、オーナーさん側に有利な判決が下されるケースはあまりありません。やはり法的な面になると・・

東建コーポレーションもやはりレオパレスショックのあおりを受けていた

賃貸住宅事業をコアとする大東建託やレオパレス21に次いで大手の一角を担う東建コーポレーション。テレビのCMなどでも、しきりに宣伝していますが、やはりレオパレス21の施工不良問題のあまりを受けて、新設貸家着工数が大幅に減っているようです。

レオパレス21迷走の影にあの銀行が?世界に通用する大銀行?

数年前に不動産業界の断トツでインパクトを与えたニュースはレオパレス21のアパート施工不良と、それに伴う入居者への引越し要請のニュースです。しかしなぜそこまでレオパレス21は迷走することになってしまったのでしょうか。どうやら、おかしくなってきたきっかけは、リーマンショック後に、レオパレス21が経営危機に陥った時