信用保証協会付き融資でアパート経営!!手数料は安くないですが・・

アパートオーナーになるためのアパートを建てる時には、資金が必要になります。多くの場合は、銀行からアパートローンをひいて行うわけですが、返済実績がない初期のころは、銀行もなかなか貸してくれないといったことがあります。その時に頼りになるのが、信用保証協会です。信用保証協会は・・

賃貸住宅経営 適切なアパートローンの返済期間とは?

多くのアパートオーナーさんが、アパートローンを利用していると思いますが、返済期間はどれぐらいが適当なのでしょうか。今の時代、よほどの事がないかぎり、家賃の値上げを期待できず、どちらかといえば築年数とともに、家賃が下落していくので返済期間が長引くとアパート経営が苦しくなるでしょう。

ローンの借り換えには高額な費用がかかる 全銀協の借り換えシュミレーション 

アパートローンを借り始めたころは、返済実績がないので、金利が比較的に高い金融機関しでしか、借りることができないかもしれません。その後、金利交渉を行っても、思うほど金利を下げてもらえずに金利負担が高いことがアパート経営のネックになることもあります。そのようななか金利を下げる方法があります。

大規模修繕工事の設計監理方式(コンサルタント)のメリット

アパートマンションの大規模修繕工事を行うさいに設計管理方式、つまりはコンサルタント会社にお任せする方式が、多くの場合に採られています。そうすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。もちろんそのような場合にはコンサルタント会社にコンサルタント料を支払わなければ・・

アパートの賃借人から必要費 有益費を請求されたならば

家主ではなく賃貸住宅の借主が修繕等を行いそのためにかかった費用を「必要費」あるいは「有益費」といいます。これらの費用は直ちに請求することは、もちろんできますし、賃貸契約が完了し明け渡し後、1年以内ならば請求することができるそうです。このような請求にアパートオーナーは・・

アパート事業を行って後悔するオーナーがいるのはなぜ

2016年8月の朝日新聞の記事以降、その後の日経新聞、産経新聞にも、アパート経営リスクが強調される記事が掲載されました。記事の内容は、概ねアパート経営について、ほとんど何も知らない地主さんが建設会社の営業を受け、土地活用そして相続税対策のためにアパート経営を行うようにとの勧誘に応じ、その後、様々なリスクに見舞われる

都市銀行からアパートローンを借りるのが困難な理由

金利が低く、サービスも多様化している都市銀行からアパートローンを借りることができればベストですが、しかし借りるためのハードルは高く容易いではありません。例えば融資条件に、1000万円以上の自己資金がなければならないとか、息子などの後継者が安定収入のある会社員等・・

マンションやアパートの住人のためのルールブックがある

アパートやマンションとなると、集合住宅なので、建物全体をまとめるルールのようなものが必要となります。そのてんで戸建住宅となると住人で比較的に何でも行えるというてんで、異なります。もちろん戸建住宅でも芦屋市の六麓荘のように町内会の影響が非常に強い地域では町内会で決められたルールのようなものに

管理会社とオーナーの思惑の違い 営利主義の管理会社に利用されないために

アパートマンションオーナーが管理会社に任せる目的は、煩雑な法的求められている業務を代行してもらうこと、そして建物の資産価値を保つことに他なりません。そのことによって賃貸住宅においては周辺エリアの家賃相場程度に家賃を設定することができますし、区分所有者ならばマンション価格を保ち、売却する場合でも

家賃を滞納し続ける入居者 どのようにして適正に退去してもらえるか

賃借人の立ち退きを要求できるケースですが、具体的なケースとしては、賃借人の家賃滞納と用法違反の場合です。しかし注意しなければならないてんとして、賃借人が家賃滞納か用法違反をすれば自動的に借地借家法の適用外になるというわけではありません。しかるべき手順を賃貸人が踏んでそのようになるのです。重要なポイントとなるのは