税金一覧

アパートオーナーと税金は切っても切れない関係です。様々な税金がかかってきます。例えば家賃収入の1割程度を占める固定資産税がありますし、その他にも所得税や住民税がかかります。その他にもアパートの売買のさいにも税金がかかりますし、大規模にテナント賃貸をしているならば消費税がかかります。

アパート経営と贈与税

アパート経営を行っている大家が病気がちになったりすると生前に子供などにアパート経営を受け継がせたくなるかもしれませんが、その場合は高税率の贈与税がかかってきます。

アパート経営と消費税

アパート経営と消費税は切っても切れない関係です。アパート建設費用、修繕費用、設備交換等すべてに消費税はかかります。しかし小規模事業者の場合は益税制度からテナント賃貸家賃の消費税分は納めなくてもよいというメリットもあります。

アパート経営と個人事業税

アパート経営を行っていると、経営規模がある程度のものであるならば、個人事業税が課税されます。ではどれぐらいの規模で、また金額の計算方法は・・。原則的に10部屋以上を賃貸している場合は、個人事業税の対象になります。

アパート経営と不動産取得税

アパート経営において節税対策は必須事項です。今回は取得前にかかる不動産取得税について、取り上げていますが、控除が適用されれば、ほとんど税金がかからないこともあります。しかしそれでも規模の大きな建物となると課税対象になることがあります。