アパートローン金利一覧

アパートローン金利は通常は住宅ローン金利よりやや高めですが、銀行との金利交渉によって下げていくことができます。また借り入れ金額が大きくなりますので、1%の上下だけでも返済額が大きく変わっていきます。ですから銀行との金利交渉は是非とも挑戦してみたいものです。そして都市銀行などでは、アパートローンでも0%台にまで下げてもらうことも不可能ではありません。さらに全体的な傾向として審査の緩い金融機関ほど金利が高く、審査の厳しい金融機関ほど金利が低い傾向にあります。しかし返済実績などを積み上げていくと、審査の厳しい金融機関でも、融資に応じてくれるようになる場合があります。ちなみに金利が低いのは、りそな銀行、三井住友銀行などの都銀やフラットを扱っている住宅金融支援機構ですが、金利が高いのはスルガ銀行、ノンバンクなどです。

日本政策金融公庫とアパートローン 善良な国民であるならば貸してくれる?

アパートローンを借りようとしても、都市銀行や地方銀行からも断られてしまうとします。ノンバンクなどの審査が緩い機関から借りることはできるかもしれませんが、金利が高いのがネックとなります。このような場合、もはや手段がないのでしょうか。実のところはそうではありません。

銀行の借り換えによって返済額を軽減 しかし借り換えにどれくらいの費用がかかる

アパート経営を行って数年が経過すると返済実績が積みあがっていますので、以前には断られた金融機関でも今回は応じてくれるかもしれません。つまりは金利の低い金融機関に借り換えをすることができます。ところで借り換えとなると、そのための費用がかかります。どのような費用がかかるのでしょうか。

ローンは変動金利 固定金利どちらが良い?銀行員は変動金利のほうが・・

超低金利な時代です。銀行によっては変動金利のローンとなると条件次第では0.5%ぐらいで借りることもできます。もちろん固定金利となると、それよりも金利は高くなります。ところで住宅ローンにしてもアパートローンにしてもお金を借りる場合、変動金利のほうが良いか、それとも固定金利のほうが良いか、それは迷うところです。