事業的規模一覧

アパート経営も事業的規模と判断される基準があります。それは10部屋以上を賃貸としているとか、1000万円以上の家賃収入があるといった事柄です。また賃貸住宅に付随する駐車場も判断の要素になりますが、自治体によって多少判断基準が異なるてんもあります。また事業的規模になると個人事業税の対象になります。

アパート経営と個人事業税

アパート経営を行っていると、経営規模がある程度のものであるならば、個人事業税が課税されます。ではどれぐらいの規模で、また金額の計算方法は・・。原則的に10部屋以上を賃貸している場合は、個人事業税の対象になります。