敷金 礼金 更新料0円の物件 最近は少なくなってきましたが


アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。敷金 礼金 更新料0円物件も少なくない。

京都には京都ならではの不動産の慣習があることで知られています。

その1つに更新料がありますが、京都では家賃の1カ月分の更新料ではなく物件によったら2カ月分の更新料が求められる物件もあるようです。

家賃の2カ月分ともなると高過ぎるのではと思いますが、法的にも問題があるかもしれません。

しかし家賃1カ月程度の更新料となると、入居時に更新料条項があり承諾しているならば法的にも問題がなく支払わなければならないでしょう。

そしてこの更新料はアパートオーナーの収入となります。

ですから更新料の慣習はアパートオーナーにしてみれば、ありがたい制度です。

さらに入居時に礼金を支払うことが求められる場合があります。

SUMMOのサイトの「敷金・礼金って何? 違いは? 敷金・礼金ゼロの物件があるのはなぜ?」の記事では礼金について

文字通り、部屋を所有する大家さんに対して、お礼の意味として支払います。敷金と違って、退去時に返金されることはありません。最近では礼金なしの物件も増えています。家賃1カ月分が目安。

引用:敷金・礼金って何? 違いは? 敷金・礼金ゼロの物件があるのはなぜ?

ですから礼金も入居時に家賃の1カ月分を求めることができるので、ありがたい制度といえます。((サブリース契約の場合は更新料そして礼金はサブリース会社のものとなる場合があります)

花画像

礼金、更新料はオーナーの収入となる。

ところで敷金となると、これが一番よく知られていますが、入居のさいに支払うもので、将来退居時に原状回復費用をさしひいた分が返還されるものです。

ですから敷金はオーナーの収入にはなりません。

いってみれば入居者が入居期間中、預けているようなものかもしれません。

もちろんお部屋の使用の仕方が、あまりにも乱暴だと敷金は1円も返還されないこともあるかもしれません。

ところで最近は敷金、礼金、更新料が0円という物件も少なくありません。

そうすることによって入居の敷居を低くし、入居しやすくするためです。

また更新料が0円となると長期的な入居を考えているならば魅力的でしょう。

とくにサブリース物件でそのような物件が少なからずあります。

サブリース物件の場合は、空室が多くなるとサブリース会社の経営に悪影響が及ぶために、なるべく高い入居率を維持するために、そうするようですが、入居する側にしてみれば、0円特典を活用してみるのは賢い賃貸暮らしをするための1つの方法といえるかもしれません。

追記:礼金や更新料をアパートオーナーがサブリースの場合は受け取れないことについてウィキペディアには

敷金・礼金・更新料・修繕費などを家主が受け取れない場合がある。

サブリース

と書かれていますが、まさにそのとおりです。

それでサブリース物件でも入居者募集のさいに家賃の1カ月分の礼金が入居のさいに求めれていることがありますが、しかしこの1カ月分の支払われた礼金は、アパートオーナーのものにはならず、サブリース会社のものになっているようです。

いずれにしても空室保証のあるサブリースですが、礼金や更新料は受け取るがないと思っていたほうがよいようです。

追記:そもそも礼金の意義とは何でしょうか?

そのてんについては以下の記事をご覧ください。

最近は入居にさいに礼金0円という募集広告をよく目にするようになりました。

アパート急増による競合物の増加により、入居の敷居を低くして自物件に入居してもらうためにそうするわけですが、近年では管理戸数全国1位の大東建託グループの物件でも空室回避のためか、礼金0円を連発しています。

ところでそもそも礼金とは何なのでしょうか?

もともとは礼金とは権利金のようなものでしたが、今では礼金になったとのことです。

もちろん礼金と権利金は厳密には異なるてんもありますが、一般に礼金の方が低くなります。

そして礼金も権利金も支払ったならば返済されることはありません。

ところで礼金の意義があるとすれば、それは大家に謝意を示しコンタクトを取るようなものなんだそうです。

といっても今は昔のように、大家と入居者さんが、コンタクトを取ることもあまりなく、知らぬ間に退居していたということも、しばしばあるわけですが、それでは少し淋しく感じます。

大家としては入居者さんに関心がありますし、プライバシーを侵害しない範囲でコンタクトを取ってみたいと思っています。

また大家との良好な関係があるならば、入居者さんにもいろいろとメリットがあるのではないかと思います。

花画像

入居者、管理会社、大家のコンタクトが取れているならば、お互いにメリットがある。

例えばお部屋のことで、何かがあるならば、通常は不動産管理会社に連絡を取れば十分なのには違いがありませんが、不動産管理会社もどうすればよいか判断に迷う時は、大家に判断を仰ぐことがあります。

例えばエアコンが故障したさいに、故障部分のみを修理するか、新しいものに取り換えるかの場合、大家も現入居者の事も考慮に入れて、「あの人だったら新しいものに取り換えようか」というふうになるのです。

最近は人と人との関係が希薄になり、大家とどう接してよいのかわからないという方も少なくないようですが、礼金は不要でも大家に近づいてくれたほうが大家としては嬉しいですし、アパート経営にやりがいを感じます。

そもそも礼金制度、入居者から大家へのコンタクトの手段のようなものかもしれませんが、礼金でなくても大家にコンタクトを取ってくれるならばありがたいです。