衝撃 タワーマンションの修繕費用が怖い


アパートオーナーとは世界も次元も違うものにタワーマンションがあります。

なぜか世間ではタワーマンションに住むことが憧れのようになっています。

しかもタワーマンション、モノによればアパート1棟と同じぐらいの価格がする高価なものもあります。

私個人としては、どうせ同じ価格ならば、タワーマンションよりもアパートを買います。

しかしそれにしても、なぜあんなにも人気があるのか?

ところでヤフーニュースのなかのディリー新潮を引用の不動産ジャーナリスト榊敦司さんの記事に「タワマンの実態は「超高層レオパレス」 脆弱な外壁と修繕不可で“45年限界説”」というとても興味深い記事が掲載されていました。

榊敦司さんといえば夕刊フジでも連載でマンション業界の闇の部分を率直に暴く記事を載せており、私もしっかりと読ませていただき、大変勉強になっています。

ところで上記の記事のなかでは、タワーマンションがレオパレスと同じようなものだと指摘しています。

つまりは、レオパレスの場合は建築基準法に不適格な建物ということで、脆弱というわけですが、タワーマンションの場合は建築基準法には適合していても構造そのものが、通常のマンションと比較して脆弱だというわけです。

具体的にはタワーマンションはRCではなくALCパネルで造られているわけですが、ALCパネルは防水性で劣り、防水のための大規模修繕工事がきちんと行われなければならないんだそうです。

もちろんRC造りのマンションでも防水のための大規模修繕工事は行いますが、問題はそのかかる費用で、なんと通常のマンションの2~3倍はかかるというのです。

ということは修繕積立金も2~3倍はかかるということです。

しかも修繕積立金、築年数とともに値上げ圧力がかかるわけですが、その結果として榊敦司さんの記事によると

私は半分以上のタワマンでは、住民の経済的理由などで3回目以降の大規模修繕は不可能になると予測する。

通常のマンションは、細やかにメンテナンスを行えば50年以上住めるのはほぼ確実。現に60年以上も十分使用に耐えたマンションもあった。だが、タワマンに限っては「45年限界説」が有力そうである。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200320-00614475-shincho-soci&p=2(アクセス日2020/3/21)

と述べておられます。

つまりは大規模修繕工事費用が3回目になると、あまりにも高額になるために3回目が行われるであろう45年で住めなくなるというのです。

賃貸住宅オーナーは賃貸住宅に専念して、タワーマンションには手を出さない方が無難のようです。