家賃が安いならばクレームが少ない?


賃貸アパート画像

家賃が安いことにもメリットがある。

先回の記事

家賃が安いことのメリット?

では家賃が安いことのメリットについて書きましたが、年収が200万円から300万円層が多いゆえに共益費込みで5万円前後の賃借需要が大きいことについて書きました。

たしかに家賃が5万以下の物件は空室が生じても、きちんとした入居斡旋力のある管理会社ならば、けっこう速い時期に入居者が見つかっているように思われます。

どちらかといえば家賃の高い物件のほうが、なかなか空室が埋まらない傾向があるように思われます。

もちろん退去ペースが速いのも安い家賃の物件なのですが。

ところで家賃が安い物件には他にもメリットがあります。

家賃が安いということは入居者も物件に

あまり多くを期待していない

と思われます。

ということは多少、不便を感じること、例えば騒音があっても我慢しようと考えたり、汚れた部分があってもそのままにしておいたりと、つまりはクレームを入れることが少ないというてんがあるかもしれません。

一方で、家賃が高いと入居者は、それなりのことを物件に期待しますので、なにかとクレームを入れることが多くなることがあるかもしれません。

入居者にしてみれば、高い家賃を払っているんだから、これぐらいのことはしてくれよ、といった感じなのかもしれません。

花画像

家賃が安いとクレームも少ないかもしれない。

さらに家賃が高い物件は、入居者を満足させるためにも、多額のコストをかけて、リフォームやリノベーションを行わなければならないかもしれません。

そして設置されている設備も高価なものが多いかもしれず、設備の修理費用や交換費用も高額となり、高い家賃を維持するためには、それなりのコストもかかることになります。(設備も家賃の安い物件にはない設備も設置している場合もあります)

ということで家賃が安いことにもメリットがあるのです。

クレームが少ないだけでなく、物件の維持管理コストも安くて済むのです。

ですから家賃が安いからといって必ずしも悲観することがないかもしれません。

家賃を4万5000円以上を確保しているならば、なんとかなるかもしれません。

あとは家賃が安くても物件の表面利回りが高ければ、そのような状況においてもアパート経営を首尾よく行うことができるかもしれません。