アパート経営を始めたいと思ったきっかけは?


アパート経営を始めるきっかけとなるのはなんでしょうか。

私もそうですが、最近は親が始めたアパートマンション経営を引き継いだというケースが少なくないと思います。

さらには地主さんの場合は、相続税対策でアパート経営を始めた方も少なくないことでしょう。

しかしそれ以外の理由で始める方もおられることと思います。

例えば給料が安いので

副業として始めたいという

方もおられるかもしれません。

確かにアパート経営そのもは管理会社に多くを任せておくならば、サラリーマンでも副業として行えるものです。

しかし自己資金が少なく、給料もさほど多くなければ、多額のアパートローンを借りるのは厳しいことでしょう。

始めるとしても安くて小さな物件から始めていくことになると思います。

ですから本当に副業としての収入を得ているとの実感がわくまでには、それ相当の期間もかかることでしょう。

しかし無理をしない程度に、コツコツと行っていくならば、やがては実を生み出すこともあるかもしれません。

また別のケースとしては給料はけっこうもらっており、しかも自己資金も相当あるとします。

しかし会社人生がとても激務で、

解放されたいがために

アパートマンション経営を始めてみようと考える方もおられるかもしれません。

花画像

第2の人生のためにアパート経営を始める方もいる。

上記のケースの場合は、自己資金もあり、これまでは比較的給料も良かったわけですから、銀行からのアパートローンも受けやすいことでしょう。

そして始めから比較的に規模の大きなアパート経営を始めることができるかもしれません。

そしてしばらくすれば、アパート経営にも慣れてきて、アパート経営を上手にこなすコツなどもわかってくると、これまでのサラリーマン人生を終えて、専業大家へと転身することもできるかもしれません。

そのためには、銀行への返済金を差し引いても家賃収入が50万円以上残るならば、そうすることができると判断することができるかもしれません。

いずれにしても

アパート経営には定年はありません。

物件を所有している限り、何歳になっても安定収入をもたらすものです。

離職後のセーフティネットのような働きをすることもあります。

始めたきっかけが、なんであれ無理をせずにコツコツとこなしていきましょう。

追記:最近では高齢者社会を反映してか、親の介護のために介護離職した場合に備えて、不動産投資やアパート経営を行う方も少なくないようです。

もちろん不動産投資をすれば、必ず将来の収入源になるというわけではありませんが、それも一理あるのかもしれません。

さらには将来の年金だけでは、やっていけるかどうかへの不安からというか、国民年金の支給だけではやっていけないのは明らかなので、不動産投資やアパート経営行う方もおられます。

しかしいずれにしても、正しい方法で不動産に投資しなければ、失敗する可能性もあります。

このてんで最もリスクが少ない、不動産投資は都心部のワンルームマンション投資と言われています。

そのように言われるゆえんは、都心部ならば、空室リスクがあまりないこと、家賃もそこそこの家賃を維持できることなどが考えられます。

もちろん都心部のワンルームマンションなんで、初期費用は多少高めかもしれませんが・・。

しかし資産が多少あるならば、そうすることによって相続税対策にもなりますし、都心部のワンルームマンションならば、いざ売却したい時でも、そこそこの価格で売却できるでしょう。

追記:さらにアパート経営を将来のセーフティネットという考えで始める方もいます。

そのてんについては以下の記事をご覧ください。

昔から収入の柱は幾つもあったほうが良いといわれています。

そうすることによって1つの収入の柱がダメになっても他の収入の柱によって生活が支えられるからです。

そしてその収入の柱の1つにアパートマンション経営を勧める方もいます。

そして実際のところこの提案も実行性のあるものだと思います。

先回の記事では

アパート受難時代といわれても魅力的なアパート経営

という記事で、アパート経営のメリットとして、家賃収入-コストが大きく上回る物件ならば、長期安定収入源になることについて書きました。

そして今回は、長期安定収入源となるだけでなく、いざという時にセーフティネットになるというてんについて取り上げてみたいと思います。

多くの方が、給与収入や事業収入などで、収入を得て生活を支えています。

給与所得を得ているサラリーマンであるならば、単身者であるのならば、それ以外の収入の柱がないかもしれません。

そして実際のところ副業を行うことが禁じられていることもあることでしょう。

もちろん働く本人が健康で元気である続けるならば、また勤め先の業績も安定していて破たんしたりする可能性がほとんどないならば当面は給与収入だけで十分かもしれません。

花画像

収入源が幾つかあると、1つの収入源が絶たれてもやりくりしていくことができる。

しかし、もしも会社の経営が傾きはじめリストラされたり、給与の減額といった事態が生じるならば、そして収入の柱が給与収入のみならば生活が苦しくなることでしょう。

さらに最近は介護離職という言葉がはやるように、親の介護のためにサラリーマンを辞めざるをえない方も増えてきました。

そうなると、もはや給与収入は絶たれることになりますが、そのような時にアパート経営をしているならば、家賃収入がセーフティネットとなる場合があります。

もちろん以前は給与収入+家賃収入ということで総収入は多かったかもしれませんが、家賃収入だけになると総収入は減ることになりますが、それとともに課税所得も減り所得税や住民税も減ります。

そしてさらには健康保険料などの社会保険料の軽減も図ることができるかもしれません。

いずれにしても収入が0円になるという事態は避けることができますので、アパート経営をしていて助かったと感じることでしょう。