地方でもアパート経営に向いているエリアがある?


賃貸アパート画像

地方のアパートで空室リスクに悩まされているエリアもある。

三重県津市の郊外にレオパレス21の物件が乱立しているエリアがあります。

このエリアでは、競合物件があまりにも多いので、空室率が高くしかも家賃の下落に悩まされているアパートオーナーさんがおられるとのことです。

このようなエリアでのアパート経営は、先行きも厳しい状況が続くことでしょう。

その一方で、瀬戸内海に浮かぶある島ですが人口は数万人ほどで外国からの観光客も多く訪れる島があります。

この島には、賃貸住宅が少なく不動産屋さんもあまりありません。

しかし多くない賃貸アパートの入居率は高く空室リスクがありません。

入居者需要が大きいわけではありませんが、しかし賃貸住宅の競合物件がほとんどないので、需要と供給のバランスがちょうど良い状態にあり、ほどよいアパート経営が行えているのです。

このように同じような地方でもエリアによって、空室リスクに悩ませるエリアもあれば、ある地方のエリアでは、常時ほぼ満室状態を維持できるエリアもあるのです。

ではアパート経営に最適な地方のエリアとはどのようなエリアなのでしょうか。

競合物件があまりにも多い、その一方で人口が減少しつつある、そのようなエリアでは当然、アパート経営を始めるのに向いていないエリアであることに間違いがありません。

花画像

アパート経営に向いている地方のエリアもある。

その一方で地方でもアパート経営に向いているエリアの特徴というのも、おのずと明らかになってきます。

その特徴とは、競合物件が少ないエリアです。

いくら人口が多い市街地であっても競合物件が多いと家賃を維持していくのは大変です。

というのか入居率を維持していくためには家賃を値下げしていかなければならないかもしれません。

しかし競合物件が少ないと供給過剰になることなく、場合によったら空室待ち状態の場合もあり家賃は安定的に維持していくことができます。

そしてもう1つのアパート経営に向いているエリアの特徴は、街にある程度の活気があり、過疎化が進んでいるようなエリアでないところです。

いくら競合物件が少なくても過疎化が進んでいるならば、将来空室リスクが高くなる可能性があります。

このようなアパート経営に向いているエリアの2つの特徴をあげましたが、そのようなエリアは多くはないかもしれません。

しかし幸いにもそのようなエリアでアパート経営を始めることができるならば、安定した家賃収入を得ることができるでしょう。