入居者からのクレームは管理会社が壁になってくれる


アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。管理は大東建託パートナーズが行っている。

クレーム、クレーマー。

残念ながらどこの世界でもクレームやクレーマーが生じます。

クレーム対応が非常なストレスとなり、仕事を辞めたという方もおられます。

ところで入居者によるクレーム、あるいは執拗なクレームというのは生じ得る事柄です。

悪質ともいえるクレーマーになると、多額の慰謝料や損害賠償を請求してくるかもしれません。

一昔前の話ですが、知り合いの大家のアパートが火事で全焼してしまいました。

その後、入居していた男性(反社会的勢力とのかかわりがある人だったようです)が大家宅に来て、多額の金銭を要求してきたとのことです。

この大家さん無抵抗にも要求された金銭を支払ってしまったそうですが、今から思うとなぜ管理会社や弁護士などに相談しなかったのかと考えてしまいますが、とにかく

入居者のクレームに対処するのは容易ではありません。

ということでアパートオーナーになることを、たじろぐ方もおられるかもしれません。

安全志向の強い方にとってはリスクのあることは、したくないということなのでしょう。

ところで入居者のクレームにはアパートオーナーが対処しなければならないというわけではありません。

多くの場合、管理会社に物件の管理を任せていることでしょう。

花画像

クレーム対応は管理会社が行ってくれる。

そしてその管理会社がクレーム対応にあたってくれます。

私の物件でも以前、上階の人が夜中に騒いで困っているという苦情があり直接、家主にそのことを訴えてきました。

しかし家主としても入居者間のトラブルには巻き込まれたくないので、その件を

管理会社に任せることにしました。

するとしばらくするとその件は落ち着いたようです。

管理会社のほうも、入居者が引き起こすトラブルにどのように対応すれば良いかは、家主よりもよく知っていることでしょう。

ですから入居者から厄介な事柄を持ち出された場合は、管理会社に任せるのが無難のようです。

もちろん家主と入居者との関係には変わりありませんので、会っても知らん顔をするわけにはいきませんし、できれば良好な関係を維持し築き上げていきたいものですが、問題の対処には管理会社に一任するほうが賢明でしょう。

追記:アパートオーナーにとって管理会社が、必要不可欠なのは以下の記事からもわかります。どうぞご覧になってください。

最近では、ほとんど100%近くのアパートマンションオーナーさんが管理会社に自物件の管理を任せています。

多くの場合、家賃収入の5%から10%ぐらいが管理費として管理会社に支払われます。

もちろんそうするだけの価値はあると思っているアパートマンショオーナーさんが、ほとんどですが、ではそもそも管理会社の役割にはどのようなものがあるのでしょうか。

実際のところ法律的にはアパートマンションは個人のマイホームとは全く種類の異なる建造物となっています。

建築基準法2条の2項では特殊構造物・・学校・・旅館 集合住宅と

集合住宅は特殊構造物

と分類されているのです。

ですからアパートマンションは特殊構造物であるがゆえに法律にしたがって各種設備の定期報告、そのための定期点検が義務づけられています。

このことを行う責任があるのはアパートマンションオーナーであり分譲マンションであるならば管理組合です。

しかしアパートマンションオーナーは多くの場合、そのような分野での専門の知識もありませんし、オーナー単独で行うとなると、とても大変なことでもあります。

そこで頼りになるのが管理会社です。

つまりはそのような煩雑な責任を管理会社に代行してもらっているのです。

花画像

管理会社は物件オーナーに代わって種々の業務を担っている。

では具体的にはどのような業務を管理会社はアパートマンションオーナーに代わって行っているのでしょうか。

1つには日常清掃や特殊な清掃があります。

最も管理会社からの恩恵を受けていると感じる業務かもしれません。

しかし日常清掃ならばアパートマンションオーナーでも行おうと思えば行えるかもしれません。

実際のところ管理会社任せの日常清掃では、アパートマンションの美観を保てないというケースもあります。

しかし実際のところ清掃以外にも行うべき管理業務は多々あるがゆえに、管理会社に任せるのは実際的なのです。

例えば建物検査、エレベーター検査、給水設備検査、排水設備検査、消防設備検査などがあります。

このような管理業務を行うとなると

アパートオーナーでは容易ではありません。

ある程度の専門知識が必要となることでしょう。

そこで管理会社に代行してもらうことになるのです。

さらには防水関係の修繕のタイミングなどもある程度の知識が必要です。

もし防水の修繕を怠っているならば建物の劣化が早く進みます。

このように管理会社のような専門家の力を借りなければならないこともがあるゆえにアパートオーナーにとって管理会社は重要なパートナーになるのです。20/10/5