アパート経営の命綱 家賃収入


集合ポスト画像

空室だらけになるとアパート経営は厳しくなる。

これまでのこのサイトの記事ではアパート経営の魅力について取り上げてきました。

例えば

アパート受難時代といわれても魅力的なアパート経営

アパート経営はいざという時のセーフティネットになる

起業しやすい事業でもあるアパート経営

アパート経営の魅力 サポートシステムがそろっている

といった記事です。

確かにアパート経営は魅力的でメリットもあります。

しかし大前提があります。

それは幾らアパートを所有し、賃貸住宅オーナーになったとしても

家賃収入が入らなければ

もともこうもないといてんです。

もしも家賃収入がほとんど入らないのであれば、アパートマンションを所有するだけで、種々の費用がかかってきますので、アパート経営自体がアパートオーナーの生活を困窮させるものとなってしまいます。

最悪の場合、家賃収入<銀行への返済金などの種々の費用、の状態が長く続くと、やがてはアパートも土地も手放さなければならなくなるかもしれません。

ですから物件に見合った、十分な家賃収入が継続的に入り続けるのが命綱になるのです。

そのために行わなければならないのは

1 入居者に選んでもらえる努力を怠らない。

2 家賃をきちんと集める。

の2つの事柄が重要になってきます。

花画像

入居斡旋力と家賃の集金能力が重要な要素。

このてんで家賃をきちんと集めるというてんは、最近はさほど問題にならないかもしれません。

例えば保証人不要であっても保証会社が家賃を保証するというシステムがあります。

入居者が保証会社に幾らかの手数料を支払うわけですが、家賃が滞納された場合は、保証会社が入居者の代わりに家賃を払ってくれます。

さらに一括借り上げでアパート経営をするならば、家賃滞納の損失は一括借り上げ業者が負うことになりますので、アパートオーナーには損害が生じません。

しかし通常のアパート経営で、家賃滞納が生じた場合は、しかるべき手順を踏んで対処しなければならないでしょう。

ところで

入居者に選んでもらえる努力をする、

最近はこのてんがとりわけ重要のように思います。

というのも入居者が見つからない、あるいは入居されても、不満があって退去されてしまうとなると家賃収入が十分に入ってこなくなるからです。

ですからいつも入居者ニーズを知るように努め、できる限りニーズに応えていくことができるように工夫をしていかなければなりません。

例えばアパートの玄関をいつもきれいにし花などを植えるといった、ちょっとしたことでも良いでしょう。

あるいは資金に余裕があるのならば、設備を人気の設備に替えるといったこともできるかもしれません。

いずれにしても入居者ニーズに合った住居を提供することにより、安定した家賃収入を確保し続けることができます。