アパートやマンションといった集合住宅には管理規約がある


アパートやマンションとなると、集合住宅なので、建物全体をまとめるルールのようなものが必要となります。

そのてんで戸建住宅となると住人で比較的に何でも行えるというてんで、異なります。

もちろん戸建住宅でも芦屋市の六麓荘のように町内会の影響が非常に強い地域では町内会で決められたルールのようなものに従っていかなければなりませんが。

ところで分譲マンションとなると

管理規約や使用細則

というものがありますが、これはマンション生活におけるルールブックのようなものです。

例えば、民泊は禁止とか、ペット飼育は許可されていても、飼育の仕方についてルールが定めれれている場合があります。

ペット飼育の管理規約の一例としては、マンション内の廊下、エントランスホール、エレベーターなどの共有部分では、ペットは飼い主に抱きかかえられていなければならないといった管理規約のあるマンションもあります。

このような場合だと、抱きかかえることができない大型犬などは飼うことができないということになります。

シャーメゾン画像

積水ハウス設計施工の賃貸住宅シャーメゾン。

そしてこの管理規約等は随時改正されることがあります。

区分所有者数および議決権数の各4分の3以上 の決議によって改正されるのです。

ですから、古い管理規約等は、かなりの部分変更されていることもありますので、いつも最新版に精通している必要があります。

このてんで最近の傾向としては、これまではあまり民泊ということがなかったのですが、最近になって外国人観光客の急増に伴い民泊施設が増えており、それに伴い、管理規約で民泊として活用することが禁止と明確に管理規約が改正されているケースが多くあるように思います。

いずれにしても、面倒なことではありますが、マンション生活をするならば管理規約等に精通することは重要です。

もちろんこのことは、区分所有者だけでなく、賃貸として、そのマンションで生活している場合にもあてはまりますので、マンションの賃借人であっても、精通しなければなりません。

ところでアパートオーナーと管理規約とは、あまり関係はありませんが、アパートオーナーの場合は管理会社との契約書に、いろいろと事細かな事柄が書かれています。

いちいち読んで精通するのは大変ですが、重要な事柄が書かれていますので、精通しておいたほうがよいでしょう。

マンションを購入して快適な生活?しかしデメリットも