ペット飼育と費用


アパート画像

最近はペット飼育可能なアパートマンションも増えてきているが・・。

先回、そして先々回のブログ記事で賃貸住宅ないしは分譲マンションといった、集合住宅におけるペット飼育そして許可された場合の細則について書きました。

ところで、私の知り合いで賃貸住宅において猫を飼っている方がおられます。

もちろんこの集合住宅はペット飼育が許可されているマンションですが、室内で4匹の猫を飼育しています。

ある時、たまたま道端でお会いしたのですが、ちょうど猫の1匹を籠に入れて病院に連れていくところでした。

健康診断を受けさせるためなんだそうですが、正直思ったことは、そんなことまでしないといけないんだと思いました。

ご存じのようにペットには保険のようなものはありませんので、医療機関に連れていくたんびに、高額の治療費等が請求されます。

しかも、この知人の場合は猫4匹を飼っているので、4匹とも健康診断を受けさせ、さらには去勢手術等も受けさせているようです。

決して裕福な生活をしている知人ではありませんがペットに費やす費用そして時間は相当なものと思われます。

ところでなぜそこまでするのかと思っていましたら集合住宅のペット飼育の細則のなかには「法で定められた予防注射および登録を厳守し、獣医による健康診断、治療等を受け、常に健康に留意する」というものがあります。

花画像

集合住宅の細則にしたがってペットをきちんと飼育するとなると多額の費用がかかる。

それで今から思うと、知人が猫を健康診断に忙しい中、わざわざ連れていったのは、賃貸住宅の細則にしたがって連れていっているだと思いました。

それにしてもペットそのものを飼い始めること自体はさほど難しいことではありませんが、飼ってからが大変です。

ペットは生き物であり、単なるおもちゃではないのです。

しかも集合住宅で飼うとなれば、許可されている場合でも、設けられている様々な細則に従わなければなりません。

もし細則が守られていないならば他の住民から通報される可能性があり、そうなれば気持ちよく暮らしていくことが難しくなることでしょう。

最近は賃貸物件の競合が激しくなり、空室率を下げるために、ペット飼育を許可するケースも増えてきていますが、長い目で見て、入居者間のトラブル防止という観点からは、それでいいのかどうか、ふと考えさせられるものがあります。

追記:ペット飼育が可能の物件のメリット、デメリットについては以下の記事をご覧ください。

最近はどうしても高い入居率を維持していくために行える施策にはインターネット無料の物件にすることと、ペット飼育可の物件にすることだと言われています。

実際のところ賃貸アパートにおいてペット飼育可物件は意外と多くありません。

それとともにシングル世帯の増加とともに、癒しや寂しさ解消のためにペットとともに過ごしたいという方も増えているように思われます。

つまりはペット飼育可物件の需要は高まっている傾向があるように思われます。

ですから空室に悩むアパートオーナーさんが、打開策として行える事柄の1つはペット飼育可物件にすることです。

さらにペット飼育可物件にすることのメリットは、ペット飼育可物件に入居する入居者さんが、比較的に長期入居してくださる傾向があるというてんもあります。

それはおそらくは入居者さんが引っ越した場合に、かわいがっているペットが新しい入居先に慣れてくれるだろうかという心配や、そもそもペット飼育可物件が多くないために、適当な引っ越し先が見つからないゆえに長期入居してくださる傾向があるのかもしれません。

ですからペット飼育可物件としてアパート経営をしていくことにはメリットがあります。

木造アパート画像

ペット飼育可物件。

ところで賃貸暮らしをする側からして、ペット飼育可物件ぜひ住みたいと思われる方も少なくありません。

そしてそのニーズに応える物件も増えてきているは事実ですが、それでも全体からして今でもペット飼育可物件の割合は多くはありません。

ですから、設備や駅から徒歩時間などの希望条件において、多少の妥協が求められるかもしれません。

また一般にペット飼育可物件への入居のさいの初期費用が割高になったり、あるいは家賃が数千円程度上乗せになることもあります。

ですから住居費は通常の入居よりもかさむことでしょう。

さらにペットを飼育するさいの細かな規定などもあり、その規定に精通して遵守することも求められるます。

しかしそれでもペットを飼うことによってもたらされる癒しや精神的な面でのプラス効果があるならば、多少の犠牲が伴っても、そうしたいと思うことでしょう。

いずれにしてもペット飼育可物件はアパートオーナーさんにとって賃貸暮らしをする入居者さんにもメリットがあります。

追記:ペット飼育可物件は、入居者斡旋において有利になる反面不利になる側面もあります。

そのてんについてウィキペディアには

ペットの臭い・傷・汚れなどは忌避する判断材料となるため、ペット飼育禁止と管理規約で明確にうたっているマンションなどの集合住宅は多い。 ペットと共に集合住宅に入居するのであれば、ペット飼育細則などが備えられているのかをきちんと確認する必要がある。

ペット共生

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ペット共生(アクセス日2020/4/11)

と書かれています。

このようにペットの臭いや汚れは忌避されることがあるようです。

それでペット飼育可のアパートやマンションは、ペット飼育細則などが備えられており、ペットを飼うならば、そのペット飼育細則に精通し、遵守することが重要です。20/11/22