ワンルームマンション投資が儲かりにくいわけ


マンション画像

ワンルームマンション投資を行う人は少なくない。

ワンルームマンション投資というと、比較に少額で行えるということで、今でも手を出す方は少なくないようです。

しかし幾人かの不動産の専門家といわれる人たちは、ワンルームマンション投資を

あまりすすめていません。

なぜなのでしょうか。

例えば500万円を銀行から借り入れてワンルームマンション投資を行ったとします。

家賃が5万円として、借りた500万円を20年間返済で、金利が1.5%とします。

すると銀行への毎月の返済額は約2万5000円です。

ということは家賃収入の半分の2万5000円しか残りません。

さらに先回の記事

アパート経営のキャッシュフロー

でも書きましたが、キャッシュフローから経営の健全性を計算してみますと5万円のうちの20%を経営コストとして算出してみますと5×0.2=1万円となります。

そこで5-1-2.5=1.5となり1カ月のキャッシュフローは1万5000円です。

1万5000円×12カ月=18万円。

つまりは1年間で得られるかもしれない、おおよその金額は18万円ということです。

しかしワンルームマンションということになると入退去のサイクルが速くなり、空室リスクも生じます。

退去されたさいにも、修繕費用がかかるかもしれませんし、空室が長く続けば、最悪赤字になってしまう可能性もあります。

花画像

ワンルームマンション投資で収益をあげることは容易ではない。

このようにワンルームマンション投資で収益をあげることは容易ではないということです。

そればらば、いっそう少額のワンルームマンション投資ではなく、多額の債務を負うことになっても、1棟のアパートを建てたり買ったりしたほうが良いのではとも思いますが、どうなのでしょうか。

いわゆるスケールメリットを享受するということですが、建てたり買ったりしたアパートが常に満室に近い状態を維持し続け、家賃の値下がり率も1年につき1%以内、しかも借り入れ金利が上がることがなければ、1棟アパート経営をしたほうが、収益をあげることができるでしょう。

しかしうまくいかなかった時のリスクは当然、アパート1棟を経営している時のほうが大きくなります。

いずれにしてもワンルームマンション投資であっても、通常のアパート経営でも、儲かることに期待しすぎて始めるならば失望するかもしれません。