入居斡旋力と賃貸住宅仲介会社 人手不足も気になるところ


アパートオーナーにとって気がかりというか、心配になることはいろいろとあることでしょう。

修繕費用とか・・家賃は下がっていないか・・入居率は・・などなどです。

ところで家賃に直接影響する事柄にも様々な事柄があります。

例えば入居者が長く入居してくださるなら、その間、入居者が家賃交渉でもしない限り、家賃が下がることはありませんので、家賃収入がその部屋に関しては下がりません。

またある部屋で退去があって入居者募集が行われても、すぐに入居者が決まるならば、家賃の下落は最小限に抑えることができるでしょう。

しかし入居者募集を行っても、なかなか入居者が決まらないとなると、どうなるでしょうか。

2カ月、3カ月、半年・・と決まりません。

となると

募集家賃が下がっていきます。

例えば当初は8万円で募集家賃がスタートしたとしても、3カ月が経過しても入居者が決まらないとなると、募集家賃が7万6千円に・・。

そして半年以上経過しても、入居者が決まらないとなると7万円2千円といった具合です。

コスモス画像

入居者がなかなか決まらないと募集家賃が下がっていくことがある。

こうなると何が起きるでしょうか。

それはアパートオーナーにとって、とても面白くないこと、つまりは家賃収入が募集家賃が下がった分、減少することになります。

ところで、入居者募集を行って入居者を決めること、これは多くの場合、アパートを管理している会社が行いますが、地元の不動産会社などの協力を得ながらそうしていきます。

ですから当然のこととして、その管理会社によって入居斡旋能力には、ある程度の差があるというのは容易に想像できるでしょう。

ところで毎年発表される賃貸物件仲介数ランキングですが

1位 大東建託グループです。

大東建託グループには大東建託リーシング、大東建託パートナーズ、ハウスコムといった会社が含まれていますが、断トツの1位です。

しかも、いまでも毎年のように賃貸物件仲介件数が増えていますので、当面は大東建託グループの1位は揺るがないように思われます。

そして2位ですが

2位はミニミニです。

ミニミニは大東建託グループにはまだまだ及ばないものの、猛追しています。

そしてこのような会社に仲介してもらえるなら、ある程度は期待できるでしょう。

ところでこの賃貸住宅仲介で気になる事柄もあります。

それは、この業界でも

人手不足になりつつあるのです。

人手不足になると、当然のこととして十分に仕事を行えなくなっていきます。

ということは今後も仲介件数を伸ばすことのできる会社と、仲介件数が伸びない、ないしは減少していく会社と二極化していく可能性があります。

ということは入居斡旋を担ってくれる管理会社を賢く選択しないといけないということなのでしょうか。