アパート騒音トラブルを回避するために


アパート画像

騒音はしばしば生じる深刻なアパートトラブル。

前回ブログでは入居のさいの審査に関することについて幾らか書きました。

簡潔にまとめるならば、家賃滞納リスクがあまりないこと、そして他の入居者などに迷惑をかけるおそれがないことなどが審査のさいに調べられるというわけです。

家賃滞納リスクということになると継続的に安定収入が得られるのかどうかが調べられるわけですが、他の入居者などに迷惑をかけるおそれがないということになると、事は幾らか複雑です。

というのも

真面目な入居者同士でもトラブルが生じ得る

からです。

つまりは家賃滞納リスクがない優良な入居者でも、他の入居者に迷惑をかけることが一切ないとは言い切れないのです。

本人は故意に他の入居者に迷惑をかけるつもりが一切なくても、結果的に迷惑をかけていることもあり得ます。

例えば、水商売をしている入居者の場合は生活パターンが夕方前に起床して、深夜か早朝に帰ってきて、部屋の中で、音を出すことがあります。

そうなると他の入居者が熟睡している時に、音を出されてそれが騒音ととらえられる場合があります。

ですから、不動産管理会社によっては、最初から水商売をしている人は、入居申し込みがあっても、入居を断る場合もあるようです。

花画像

生活パターンが似通った入居者ばかりならば、トラブルが起きにくいともいわれている。

そこでこういった騒音問題回避のためにライフスタイルが似た人のみを募集そして入居を認めるというスタイルを取るアパートもあるようです。

例えば出勤時間、帰宅時間がほぼ同じのサラリーマンのみの入居を認めるとか、学生だけを受け入れる、独身OLのみを受け入れるといった具合です。

なかには単身赴任の管理職専用のアパートもあったようですが、単身赴任者向けのサービスなども付与して好評だったようです。

このように共通事項の多い方のみの入居者のみを認める方式にすると、騒音問題を極力回避できますし、入居者同士、交流が持てたりして、気持ちよく賃貸暮らしを楽しむことができる場合もあります。

もちろん空室率が上昇している昨今、そうすることにはいささか抵抗を感じることもあるかもしれませんが。