ネット広告よりチラシ広告のほうが入居者募集では効果がある?


花画像

入居者募集がインターネット広告で突然に現れることがある。

インターネットで様々なニュース記事を読んでいると、そのニュース記事の広告欄に私の所有物件の入居者募集の広告が現れることがあります。

最近のインターネット広告はその閲覧者がどのようなページをこれまで開いていたかを自動的に分析したうえで、その人が関心を持ちそうな広告を表示するようになっているようで、それで私の所有物件の入居者募集の広告が表示されたようです。

もちろんこの場合の広告の効果はなかったことになりますが。

ところでこのようなインターネット広告の入居募集ってどれくらいの効果があるのでしょうか。

このような広告がきっかけとなって賃貸契約へと至ることがしばしば生じるのでしょうか。

さらに入居者募集にも費用がかかりますが、インターネット広告にはどのくらいの費用がかかっているのでしょうか。

ところで物件オーナーさんが、独自で所有アパートやマンションの広告のためのホームページを作成されることもありようです。

そこには並々ならぬ意欲を感じますが、この場合の問題は果たして、どれくらいの人がそのホームページを見てくれるかというてんがあります。

多くの方がインターネットを活用してお部屋探しをする場合は、ライフルホームズやアットホームといった大手のお部屋探しのためのサイトへとアクセスして、そのなかから物色しますので、なかなかアクセスをしてもらえないかもしれません。

アパート画像

管理戸数トップの大東建託設計施工管理の木造アパート。インターネット広告において入居者募集が表示されることがしばしばある。

ですから入居者募集のために独自のサイトを立ち上げても効果はあまりないのかもしれません。

その一方でインターネット広告よりもチラシ広告のほうが効果があるといわれています。

インターネット広告の場合は、開いているそのページを閉じてしまうと、次にそのページを開いても同じようにその広告が表示されるかどうかはわかりません。

一方でチラシ広告の場合は多少関心のある物件が紹介されているならば、そのチラシを取り分けて何度でも読み返して十分に吟味することができます。

今はペーパーレス時代になるつつあるといわれいるとしても、しかしそれでも昔ながらのチラシのほうが、ネットよりも効果のある分野もあるのです。

それで入居者募集をしている物件にチラシ置き場を設けて、関心のある方に自由に取ってもらえるようにするのも1つの方法です。

案外とそのチラシを持っていかれる方がおられるかもしれません。

このようにネット社会においてもチラシのほうが効果を発揮するケースもあるのです。

追記:チラシ広告の弱いところは、チラシ広告の場合は、どうしてもチラシの配布できるエリアでしか効果がないというてんです。

ですから遠方から、単身赴任などで、物件を探しに来るような人には効果がありません。

あくまでもチラシ広告を手にすることができるエリアにいる人だけです。

そのてんネット広告については、ある程度、ネット検索などで関心を示した人に表示されるというてんでは、効果があるのかもしれません。

また最近はインターネット検索を駆使して、入居したい物件のターゲットを絞る人も増えています。

つまりはサイト上で、どれだけ物件のアピールができるかどうかが、決め手になる場合があるのです。

このてんで大手の管理会社などは、種々のサイトで数多く表示させるてんでは、優れていますが、しかし多くの物件をかかえているせいか、その物件特有のアピールできるてんが、アピールできていないという弱点もあります。

このてんでチラシ広告は、その物件特有の魅力を伝えるというてんでは、ネット広告よりも優れていることがあります。

なかには大家さん自身が、所有物件をアピールするためにチラシ広告を作成することもあるようですが、そのためかエリア的には不利な物件でも、入居率が良いという大家としてうまくやっているケースもあるようです。